【おまけ付き】Mac のスクリーンショットを jpg (jpeg) にする

【おまけ付き】Mac のスクリーンショットを jpg (jpeg) にする PC

こんにちは、mickです。

ブログをやっているとパソコンの画面を切り取る「スクリーンショット」は欠かせませんね。
Mac でスクリーンショットをすると、ファイル形式が「png」になるのが普通(デフォルト)です。

ファイル形式がpngだとすごくきれいにパソコンの画面を切り取ることができる。
画像を拡大しても、ぜんぜん問題ありません。が、1つ欠点があります。

png ファイルはファイルサイズが大きい

ということで、Webページの速度に影響するこのファイルサイズは、どうしても小さい方がいいです。
そこで便利なファイル形式が「jpg」です。

Mac のスクリーンショットのショートカットキー
shift + command + 5

Mac のスクリーンショットを jpg に変更する

Mac のスクリーンショットを撮ったファイル形式を jpg に変更していきます。
これを変更するためには、アプリ「ターミナル(Terminal)」を使います。

ターミナルのアプリを起動して次の文字列(コマンド)を入力してリターンキーを押します。

defaults write com.apple.screencapture type jpg

さらに、このあと次の文字列(コマンド)を入力してリターンキーをを押します。
(これをしないと、設定が反映されるのに Mac を再起動する必要がある)

killall SystemUIServer

これだけでOK。

おまけ

ここからは、ちょっとしたおまけを紹介したいと思います。

png や jpg 以外のファイル形式に設定する

実は、ファイル形式は、jpg だけでなくて次のようなフィアル形式も設定することができます。

  • PNG(変更するときは、type のあと png とすればOK)
  • GIF(変更するときは、type のあと gif とすればOK)
  • PDF(変更するときは、type のあと pdf とすればOK)
  • BMP(変更するときは、type のあと bmp とすればOK)
  • TIFF(変更するときは、type のあと tiif とすればOK)
  • PSD(変更するときは、type のあと psd とすればOK)
  • JPEG 2000(変更するときは、type のあと jp2 とすればOK)
  • TGA(変更するときは、type のあと tga とすればOK)

今設定しているスクリーンショットのファイル形式を調べる

今、設定しているスクリーンショットのファイル形式を知りたいときは、次の文字列(コマンド)を入力して、リターンキーを押せばOK。

defaults read com.apple.screencapture type

Macのスクリーンショットをカスタマイズする方法 

スクリーンショットのファイル形式をもとに戻したいとき

今、設定しているスクリーンショットのファイル形式を元(png)に戻したいときは、次の文字列(コマンド)を入力して、リターンキーを押せばOK。

defaults delete com.apple.screencapture type

まとめ。

Mac のスクリーンショットを jpg (jpeg) にする方法を紹介しました。

アプリ「ターミナル(Terminal)」で設定が必要ですが、コピペすればOKなので、簡単です。
ファイルサイズが小さい、jpg のほうが扱いやすいので、ぜひ試してみてください。

参考URL:Macのスクリーンショットをカスタマイズする方法 

記事を読んでくれて嬉しいです。
今日もありがとうございました。

初稿 2021/04/12

タイトルとURLをコピーしました