【Android】adb コマンドを使えるようにする【 Windows10 】

【Android】adb コマンドを使えるようにする【 Windows10 】 PC

こんにちは、mickです。

・Android とパソコンで出てくる adb ってなに?
・adb を Windwos10 で使えるようにしたい

こんな、疑問な要望に応えます。

adb は Android Debug Bridge の略

Android とパソコンをつなげる操作のときに出てくる adb。

これ何かなーって思っていたんですが、調べたら Windows10 の標準じゃないんですよね。
どうも、アプリをインストールする必要がありました。

adb でできること

adb コマンドを使用すると、アプリのインストールやデバッグなど、Android スマホの操作を実行できるようになります。

簡単な操作なら、例えばスマホをパソコンを使って再起動とかできます。

Android Debug Bridge(adb)は、デバイスと通信するための多用途のコマンドライン ツールです。adb コマンドを使用すると、アプリのインストールやデバッグなど、さまざまなデバイス操作を実行できます。また、デバイス上でさまざまなコマンドを実行する際に使用する Unix シェルにアクセスできるようになります。adb は、以下の 3 つのコンポーネントで構成されるクライアント サーバー プログラムです。

Android Debug Bridge(adb)

adb はいつ使うのか

Android のアプリを作ったり、非公式にスマホの設定を変更したいときにつかったりします。
自分の場合は、スマホを VoLTE化するときにその試す中で使った経験があります。

adb のインストール

adb は通常、Android の開発ツールから Android SDK Platform-Tools パッケージを取り込むことで使えるようになります。

手動で単体(スタンドアロン版といいます)でもインストールできるので、ここではその方法で紹介しています。

その方が、パソコンの容量を圧迫しないですみます。

アプリのファイルをダウンロードする

スタンドアロン版の Android SDK Platform-Tools パッケージは、こちらからダウンロードします。

Androidの開発者サイトからダウンロードする
Androidの開発者サイトからダウンロードする
利用規約に同意してからダウンロード開始する
利用規約に同意してからダウンロード開始する

ファイルを解凍して任意の場所に置く

ダウンロードしたファイル
ダウンロードしたファイル

ダウンロードした「platform-tools_r31.0.2-windows.zip」を解凍。
自分のわかりやすいフォルダに設置します。

adb のアプリを設置した場所の一例
adb のアプリを設置した場所の一例

自分の場合は、「C:\Tools\platform-tools」としました。

コマンドが使えるようにパスを通す

次に、コマンドプロンプトから adb コマンドが使えるように設定をします。

システムプロパティから環境変数を設定します 
システムプロパティから環境変数を設定します 

システムのプロパティから環境変数を変更する

システムのプロパティから環境変数を変更していきます。

環境変数のシステム変数にある Path を編集する

システム環境変数の Path を変更する

ファイルを解凍して好きな場所に置いたところを Path に指定します。

ファイルを設置したところに Path を通す
ファイルを設置したところに Path を通す

自分の場合は、「C:\Tools\platform-tools」なので、これを Path に追加しました。

コマンドプロンプトを開いて adb を動かしてみる

Windows10 のアプリのコマンドプロンプトを使います。

Windows10 のコマンドプロンプト
Windows10 のコマンドプロンプト

ここで、次を入力して表示がでれば成功です。

adb

まとめ。

Android のスマホをパソコンから操作する adb についてとインストールについてを紹介しました。

環境変数のところが難しい場合は、Android の開発ツールから使うのが楽です。
それだと、パソコンの容量を数GB使ってしまうのが難点なんですけどね。

⇨ 参考:Windows10 adbコマンドを実行できるようにする

記事を読んでくれて嬉しいです。
今日もありがとうございました。

初稿 2021/04/30

タイトルとURLをコピーしました