【旅の記録】ブラチスラヴァからジブリ好きに知られるお城へ向かう:スロバキア【110】

スロバキア

11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録

2017年5月出発した旅のことを、記憶と記録を頼りにつづってみようと始めました。
書き方などはだんだん良くなるはず(笑)なので、見守っていただけると嬉しいです。
※途中、記憶違いや文章の構成的にフィクションが入るかもしれません。ご容赦ください。

巡った順序 → 日本 → (韓国) → ロシア → フィンランド → スウェーデン → デンマーク → ノルウェー → エストニア → ラトビア → リトアニア → ベラルーシ → ウクライナ → ポーランド → ドイツ → チェコ → オーストリア → スロバキア → ハンガリー → ルーマニア → モルドバ → (沿ドニエストル共和国) → モルドバ → 続く…

初めての方はコチラから → 11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録と記憶

こんにちは、mickです。

この日、久しぶりの大きな移動日。ジブリ好きに知られるスピシュ城への道のりで、鉄道とバスを乗り継いで向かうため。この移動については、確証ある情報が少なかったのでドキドキした。特に、鉄道からバスに乗り換えるところ。

無事に目的地に着いたときの遠くに見えたスピシュ城は感動もの。早く近くでみたい、そう思った。

宿で出会った日本人とはこれから数日一緒に行動することになる。いろいろ面白いことになった。

日付:2017年9月5日(火)お城好きの行動力

日付:2017年9月5日(火)
地域:ブラチスラヴァ、スピシュキーポドラディエ
天候:晴れ

ブラチスラヴァ出発の朝

朝、出発の準備を進める。部屋は閉め切っているのでむさい。買い物で買っていた分をすべて処分した。出発前に晴れた旧市街を散策する。チリの彼とほか同室の2人に別れを伝えてチェックアウト。荷物を預けてから、駅までのトラムの場所と番号をきいておく。名残惜しい。

先にトラムのチケットを買っておいた。大荷物で移動するとき、事前にできる限りやっていることだ。今日も旧市街は観光客で賑わっていた。ラーメン屋の前にいこうかと思ったが、時間がなくて無理だった。今日の移動距離は長くて時間がかかる。それでホステル近くのスーパーにパンを買いに行った。一昨日いったときは、美人の店員で笑顔も素敵だった。たいして、今日は表現に困るな。しかも、セルフレジに回されるという。ただ、おばさんが手取り足取りやてくれたので、大してかわりはしないのに、少し気分が悪い。

ホステルに戻る途中、チリの彼に再会。お互い驚いた。自分はバスから電車に変更したこと、昨日と同じ11:45に乗ることを、出発まで街を見ていたことを伝えた。最後にハグをして彼と別れる。もう1度、名前と連絡先くらいきいておけばよかった。ホステルで荷物を受け取ってから、トラムで駅に向かう。まだ少し咳がでる。日本でも咳が治まるのは、時間がかかっていた。

スピシュ城へは鉄道とバスを乗り継いでいく

問題なく駅に到着。11時頃には着いたが、窓口は空いていた。スマホの画面を係の人に見せて、切符を買う。あとは、出発を待つだけだった。駅自体は広くないので、見所もない。もっとも、荷物があったから、動きにくかった。自分の乗る列車だけ出発のプラットフォームがでてこないから不安になる。まさかもう出発したんじゃないか、なんてどきどきしながら待った。おそらく同じ列車をまっているだろう人たちが、電光掲示板の前に多くいた。

出発の5分前、やっと「1」の数字が。一斉に人が動きだす。ICは、全席予約席。自分の席に座ってくつろぎたかったが、どうやら車両が少し古い。隣に人がいるとキツキツで狭かった。満席に近くて、自分の向かい合わせの席もすぐに埋まった。正面のSlovakiaの学生が汗臭い、というよりもフェロモンMAXというべきだろうか。ドイツ人のツーリストと「英語は基本よね」なんて話ししていた。聞き耳をたてていると、どうやら教育学をやっているとか。ドイツ人のカップルの女性も同じらしくて、話しに華が咲いていた。自分の隣の人は、クロスワードパズルをやりながらゆっくりしていた。異国での旅を感じさせてくれる。

外は曇りに変わってところどころ雨。スピシュキーポドラディエでの天気は、期待できないな。スロバキアの学生は途中で下車。ドイツ人カップルが隣り合うように座ったので狭さ変わらず。そんなんでも4時間の移動はあっという間だった。目的地のSpisska Nova Ves に到着。電車が遅れて、調べていたバスには乗れなそう。それでも人が走って行くさまをみると、何かあるかも、そう思って自分も急いで行ってみた。Webでみた番号のバスはない。ただ、別のバスがスピシュキーポドラディエ行きっぽい。運転手に確認すると、当たりだ。無事に乗り換えを終えた。0.4ユーロ。どうやら荷物台を取られたっぽい。

スピシュキーポドラディエが近づくにつれて雨が激しくなっていった。雨のスピシュ城、楽しみ。もちろん、晴れては欲しいけれど、自分には変えようがない。自分で楽しむしかないのだ。バスからスピシュ城がみえた。右側に座っていたのが失敗。彼女は、左手から現れたからだ。まるで最初からもてあそばれている、そんな気がした。

スロバキアの小さな村スピシュキーポドライエ

無事にバス停に到着。何もない、そして雨は激しくなってきた。レインカバーとウェアをセットして、ホステルに向かった。途中、子どもたちに口笛をならされたあとに「こんにちは」といわれる。生意気。

ホステルへは、口コミ通り川を渡るショートカットがあって、すぐに到着した。扉は閉まっていたが、タイミング良くオーナーが来た。
「他の人を案内するから部屋にいってて」
部屋の窓からスピシュ城が見える。が、1つ建物が挟んであって何か違う。それでオーナーが返ってきたあと、お城がよく見えるところに移動させてもらおうかと思った。ホステルは、これまでに泊まった中で最高ランク。2人で20ユーロなら破格だ。残念ながらダブルルームを自分一人で使うから、一人で20ユーロなのだが。

オーナーが戻ってきて、部屋をお城がダイレクトに見えるところに替えて欲しいことを伝える。その部屋は、別の名前のホステルで用意してあって、価格も40ユーロ。あきらめた。でも、少しでもお城が見えやすい部屋に移動させてくれた。

「スピシュ城は、庭からみえるからノープロブレムだ」

そう何度も言われた。

「数日前、日本人の女の子がココに泊まったんだ」

彼は彼女のことをとても気にいっていた。

「日本人は、Thank you、をよくいってくれる。他の国の人は、OK、としかいわないんだよ。それに、彼女はスロバキア語で、ありがとう、と手紙に残してくれたんだ」

とても嬉しそうに話していた。この人は、ミロさんとって、とても親切。チェックアウトの方法や、用事があるときの連絡手段、近くの施設、お店、何でも教えてくれた。他の部屋にも人がいたが、2階は自分1人。最高。

大満足な滞在

少し村を散策。まずは庭からのスピシュ城を多能する。買い物に行くがたいした物は売ってない。牛乳、スープにベーコン、パンを買ってなんとかする。ビールも買った。スピシュ城をみながら飲みたかったから。20:30から21:00の間は、ライトアップされるという。楽しみ。この村、何もない小さな村で、ジプシーが多い。少し雰囲気が悪い。

その間に日記をかいたり、ゲームをしたり、映画を見たりしていた。久しぶりの自炊だ。少し、磯を使いすぎたな。ミロ産に荷物を置いて散策したいときの方法を聞くのわすれてたな。

スピシュ城のライトアップが始まる。いいな。このタイミングで下が騒がしい。誰かノックしていたが、どうやらチェックインのようだ。なんと東京からきた日本人。学生っぽい。あとで話そう。ということで、ミロさんに荷物のことをきけた。

スピシュ城のライトアップ

きっと晴れていたなら、星空がキレイなんだろう、そう思ってスピシュ城をながめていた。学生を迎えに行って一緒にみる。面白いやつで、草むらにいる虫におびえていた。それに先に自分から動かない。気の利かないタイプ。少し失敗したのが、彼のリズムに合わせてしまったことだ。もっとゆっくり、お城を眺めていてもよかった。ただ、写真のこだわりにはウケたな。

寒い、ということできっちにン戻る。ここでも気がきかない彼。自分がお茶を準備する。彼は9時間かけて、ポーランドのクラクフからここまできたという。いろんな人の助けで、彼はここまで来ていた。半月という短い時間でプラハ、ドレスデン、クラクフ、そしてここスピシュキーポドラディエにいる。ブダペスト、ウィーン、プラハのルートで日本に帰るらしい。

少し自分の価値観と合わないが、自分の意見や主張ができるので、素晴らしい。自分のコレまでの旅のルートをやっと世界地図を使って説明できた相手。明日は、海上のトランジットでであったという、スロバキア人とスピシュ城にいくそうだ。お城は一人でまわりたい、そうきづいたので、なにもいわなかった。彼は、クラクフとドレスデンをとてもきにいっていた。アウシュビッツはいくべき、そう熱弁していた。

ハンガリーのトカイにいくか悩んでいる話しに付き合ってしまい、夜の1時。いいかげん明日たもあるし、シャワーも浴びたい、お城も見たい、で解散。するとライトアップは、1時までだったらしく、消えていてショック。これが失敗と思ったこと、シャワーを浴びて、ビールを飲んで、日記もあまり進められずに寝ることになった。

補足

旅日記を応援してもいい方へ

最後まで読んでくれてありがとうございます。嬉しいです。
このブログは、広告料で維持しています。

普段のオンラインでの買い物を、下のリンクをクリックしてから買っていただくだけでOK。
私のモチベ維持にもつながるので、可能な範囲でよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました