【旅の記録】シナイアのペレシュ城とペリショール城に行く【120 – 1】

ルーマニア

11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録

2017年5月出発した旅のことを、記憶と記録を頼りにつづってみようと始めました。
書き方などはだんだん良くなるはず(笑)なので、見守っていただけると嬉しいです。
※途中、記憶違いや文章の構成的にフィクションが入るかもしれません。ご容赦ください。

巡った順序 → 日本 → (韓国) → ロシア → フィンランド → スウェーデン → デンマーク → ノルウェー → エストニア → ラトビア → リトアニア → ベラルーシ → ウクライナ → ポーランド → ドイツ → チェコ → オーストリア → スロバキア → ハンガリー → ルーマニア → モルドバ → (沿ドニエストル共和国) → モルドバ → 続く…

初めての方はコチラから → 11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録と記憶

こんにちは、mickです。

【この日の内容は、記録が長かったので2回に分けています(前半)】

この日もお城巡りへといきます。
が、朝からトラブル発生。旅人が出会いたくない虫No.1のベッドバグに遭遇。前の日かららしい虫にはあっていたけれど、連続で出てしまったらもうだめ。
ホステルの経営にも響くからか、スタッフの対応があまりよくなかったのが残念。

ブラショフの南にあるシナイア。ここにあるお城をみにいくわけで、移動手段は鉄道かバスがある。鉄道が使えるなら鉄道を使いたい派なので、そうしようと思ったらトラブル発生です。

この日は、シナイアに乗るバスでも、現地に着いたときに麓からペレシュ城まで登るときも、シナイア僧院でも、などなどいろんな人に助けてもらった。

日付:2017年9月15日(金)色々となんとかなるもの

日付:2017年9月15日(金)
地域:ブラショフ、シナイア
天候:晴れ

出会いたくなかった虫に遭遇

朝、体がかゆい。壁を見ると昨日見た虫がいた。ネットで調べる。というかベッドバグを調べたら当たりだった。証拠の写真を撮って、部屋を変えてもらうようにレセプションに伝えにいった。

最初、彼女は「まさか!ほらこんなに定期的に消毒しているのよ!」と。正直自分には関係ない。別の部屋に空きベッドがあったので、すぐに移動した。ひとつ心配は、洗濯物や他の荷物に伝染していないか、ということだった。

荷物を取りに部屋にいくと、昨夜に注文をつけてきたやつが誤ってきた。
「昨日は疲れていて、休みたかったんだ。すまない」
「(もう過ぎたことだし)いいよ」
と返事。握手して別れた。心のなかで、虫に気をつけろよ、と思いながら。

今日は、シナイアに行ってお城を見たいと思っていた。それで急いでいた自分。10:30の電車でいこうと。朝のバタバタ、っ朝食もあってギリギリに旧市街の入り口付近のバス停からNo.4で駅に向かう。バスが来ていて飛び乗ったので、無賃になった。

シナイア行きの鉄道は遅れ、バスは満席

15から20分くらいで駅に到着。窓口にいって、シナイアまでの切符を買いたいと伝える。
「いま電車は1時間くらい遅れている。だから、バスで行ったほうがいいわ」
そう窓口の人にいわれて、そうすることにした。

駅の建物を出て左手にすぐあるバスステー損。とにかく行ってみる。ホステルの情報では、ドライバーからチケットをを買うとなっていたが、時刻表がわからない。おそらく、11時発がありそう。そうやってウロウロしていると、1人の年配の女性が話しかけてきた。
「なにか探しているの?」
「シナイアに行きたいんです」
「バスはさっき出てしまったから、次は11時に出ると思うわ。でもバスはコムから早い方がいい」
と教えてくれた。11時までは30分以上あったが、時刻表のある看板の前にたって待つことにした。

しばらくすると、さっきの女性が来て近くに立った。どうも彼女も早めに並びに来たようだ。ただ、行き先は違うみたい。彼女とはバスを待つ間に、ルーマニアについての話をした(内容は覚えていない)。また、近くにその人と行き先が同じっぽいカップルのうちの男性が、話しかけてきた。彼は、英語が話せる。

年配の女性について、英語が上手だね、と話をした。彼はロンドンに住んでいるらしく、ここ数年彼女とそこに住んでいるらしい。彼は、何かとかまってくれた。
「いま自分は、1人ですよ」
「はは、それはよくないぞ」
なんて。特に食事について、1人で食べるのはよくないという部分は同意する。用意も自分のためだけだし。また作ってもらえる方がいい。サングラスで彼の目はみえなかったが、悪い人には見えなかった。

「シナイアでは途中で降ろしてもらったほうがいいから、運転手に伝えてあげる」
と年配の人はめっちゃ親切。そんなんでバスが来るまで待った。男性は少し訛りが強くて、リスニングが大変。

さて、バスが来てからまた大変。何やら手に紙を持った人が入り口に集まる。そして、運転手がチケットを持っている人を優先する、な感じで言う。英語を話さないからサッパリ。これに乗れないと、時間をかなりロスしてしまう。さっきの男性が運転手に話をしてくれる。
「やはりチケットを買う必要があるそうだ」
そういって一緒に窓口にいく。全員が。ドライバーからチケットを買えると思っていたから焦る。強引に列に割り込む人も出てカオス。男性が通訳してチケットを買おうとする。
「もう満杯だよ」
まいったな。そこで男性がなにやら交渉をしてくれている。
「バスの前で待つんだ」

助けてくれる男性と年配のおばさんは、今回のことがあって事前にバスのチケットを買いに行った。良い判断だと思う。11時に近づく。おばさんとカップルのバスも同じ11時発。男性は、自分に。
「呼ばれたらいくんだよ。そして金額はこれくらいだから」
そういって自分のバスに向かった。おばさんは、待っている間にルーマニアの闇ルール、ドライバーに多めに払ってなんとかしてもらう、またはドライバーがそう仕向けることがあることを教えてくれた。もろ文化の違い。今の日本の常識では理解不能だが、知る必要はある。

何人かが先にバスに乗るのを焦って、乗り込もうとするがドライバーに静止される。2人が作ってくれたチャンスを逃すわけには行かず、必ず乗る必要があった。また、一組のカップルの男性が話しかけてきた。
「シナイアに行くの?」
「はい」
とは、答えたものの彼らの席は無い。わかっていた。

シナイアに行ける!

最後の最後で、よく添乗員が座るような予備椅子を案内された。そして、バスは出発。18レイ(当時、約540円)で男性が言っていたよりはぜんぜん安かった。そして少し気まずく、男性は手を振り、自分も手を振り返した。

安堵の中、少し複雑な気持ちが生まれていた。なのでまだバスターミナルにいたかもしれない、年配の女性とカップルの男性を探すことができなかった。暑い日差しがダイレクトに入る。遮るものはない。でも、景色は最高な特等席。ワクワク最高。子どものような気持ちで楽しんだ。

日射しのこともあったが、眠る気にはなれなかた。あとは、おばさんのいっていたであろう場所におろしてもらうだけ。さて、どうしたものか。人が途中で降りるときは、シートベルトを外して道を譲る必要が毎回あった。

山と山の間をいくように、バスは進み、いくつかの街を通り過ぎる。地図アプリmaps.meで位置を見ながら行き、そろそろ降りるところかと思ったとき、1人の女性がここで降ろして、的なことをいう。ラッキー。シナイアの駅の前で停車したバス。ココで降りる。その女性ともう2人がここで降りた。

補足

旅日記を応援してもいい方へ

最後まで読んでくれてありがとうございます。嬉しいです。
このブログは、広告料で維持しています。

普段のオンラインでの買い物を、下のリンクをクリックしてから買っていただくだけでOK。
私のモチベ維持にもつながるので、可能な範囲でよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました