【旅の記録】ブラショフから行くブラン城とルシュノフ要塞。夜は恐怖の下山:ルーマニア【119 – 2】

ルーマニア

11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録

2017年5月出発した旅のことを、記憶と記録を頼りにつづってみようと始めました。
書き方などはだんだん良くなるはず(笑)なので、見守っていただけると嬉しいです。
※途中、記憶違いや文章の構成的にフィクションが入るかもしれません。ご容赦ください。

巡った順序 → 日本 → (韓国) → ロシア → フィンランド → スウェーデン → デンマーク → ノルウェー → エストニア → ラトビア → リトアニア → ベラルーシ → ウクライナ → ポーランド → ドイツ → チェコ → オーストリア → スロバキア → ハンガリー → ルーマニア → モルドバ → (沿ドニエストル共和国) → モルドバ → 続く…

初めての方はコチラから → 11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録と記憶

こんにちは、mickです。

【この日の内容は、記録が長かったので2回に分けています(後半)】

ルーマニアといえば、のひとつにあげられるのが、ドラキュラの物語が生まれるインスピレーションを与えたお城と人物がいたこと。そのお城というのが、ブラン城。

ルーマニアに入って、早速行ってみた。合わせて、ブラショフとブラン城の間にあるルシュノフ要塞にも立ち寄ってみた。ブラン城は、住むお城。ルシュノフ要塞は戦うお城。同時にいくことで造りや施設のち外などがみれて楽しい。

ブラショフに戻ってからは、旧市街を散策。ブラショフにあるビュースポットからサンセットと夜景を見たはよかったが、帰りは灯りのない山道を降りることに。運良く1人ではなかったため、逆にめっちゃ楽しく下山した。

日付:2017年9月14日(木)お城と旧市街巡り

日付:2017年9月14日(木)
地域:ブラショフ
天候:晴れ

ブラショフに戻ってやること

ルシュノフからバスに乗ってブラショフに戻る。4レイ。疲れて寝たが20分で着いた。今日は天気がとてもいい。トゥンパ山に登ってブラショフの街並みをみたい、写真撮りたいと思った。Sダさんの1枚もいいなって思っていた。地球の歩き方は、18ま時までロープウェイが動いているそう。それで、1度ホステルに寄ってから、トゥンパ山にいくことにした。

いい感じの兄さんがいるお店で炭酸水を買って、ホステルにおいてから軽く休んで出発。ホステルからトゥンパ山のロープウェイ入り口まで20から30分近くかかる。17時前。まだ間に合うと思っていた。遠くでは、ロープウェイが動いていた。

現地の情報が一番新しい

とにかく歩いて、途中の上り坂もがんばって、ブラショフの城壁に感動し、ヘトヘトでロープウェイの乗り場へ。おかしい、人が少ない。それに階段でたむろっている人たちがいる。タイムテーブルが最近上書きされたっぽい跡が。

「17時まで。最終上りは、16:45まで」

をい!というつっこみ。へたれこんだ。他の人も、18時までだと思っていたらしく、動いていないのをみては残念そうに帰っていった。1組のご夫婦。
「さっき、レストランで食事して、ウェイターに18時までと確認したのに」

と悔しがっていた。明日には移動しないといけないそうだ。いい人そうだったな。彼らと別れたあと、自分はどうしようか悩んだ。朝から動いていてヘトヘト。ここから更に登山とざんとなるとキツイ。キースは大丈夫とはいっていたが。だいぶ陽も傾いていて、日の入りに間に合うかもわからない。

歩くことで思考がクリアになるらしい

気がついたら登山口を目指してあるき始めていた。さっきのご夫婦に手を振ってあるき始めた。地図アプリmaps.meをみながら行く。途中、分かれ道があって迷いそうになるからだ。方向の印は、一応あった。

道はほそうされていない山道だ。勾配は低く抑えられている。降りる人のほうが多い。何人かはトレーニングなのか走って登っている。上半身が裸の人も。暑い。ショートカットする子ども3人に、危なくないかドキドキしながら、進み、自分も時々ショートカット。

「ショートカットすると道が悪くなるしからやめてね」
地元の人なのか、注意された。おそらく、落石の恐れがあるのだろう。雨のたびに悪くなる、そんないいかただ。急ぐのもアブナイちうことも。そのあとは黙々と山道を登った。

人と出会い、道を譲り、譲られ、声をかけ、安んdね景色を楽しみ、そしてまた歩く。ゴールがわかっている、ある、ということ以外、人生と同じ、人生の縮図だと思った。きっと登山に限らない。すべてが人生の縮図なんだと思った。まさかこのことに気づくために登山することになったなんて思いもしなかった。

疲れと日没の焦りで過程を楽しむのを忘れている、ということにもダイレクトに感じて気づくことができた。1時間近くかかったが、でも意味の深い道、登山となった。

ブラショフのトゥンパ山からのサンセットと夜景

上についたものの木々で景色が見えない。急いで景色のいいところを探した。maps.meを頼りそうになったが、途中でおかしいと思って、ひきかえした。これが正解で、「BRASOV」の電光板のところからついに求めていた景色が見えた。ここまでの過程もあって、嬉しかった。おそらく、Sダさんもここから撮ったのだろう。

サンセット、トワイライト、夜景がみたい、そう思ってしまった。それがどういうことか。真っ暗な中、山道を下るということだ。危険なこと。悩んだ。Webで夜の下山をしらべてもみた。好奇心に勝てず、いや委ねて、夜、暗い中に下山することを決めた。

暗くなり始めていたが、人は何人か来たり、帰ったり。アレ、平気なのかな、なんて思ったりした。質問されたが、何やら階段のあるルートもあるらしいし。ここで、夜景まで見た日本人は自分が初めてなんだろうな、とか思いながら写真を撮ったり、景色を眺めたりした。

ルーマニアの人らしい家族とその友人一行。その人達がもう少し行くと別のビュースポットがあることを教えてくれた。道がわかりにくかったが、おそらく頂上の印があり、その地殻にそのスポットはあった。柵がないので怖い。でも景色は素晴らしい。

フェイスブックのプロフィール写真をサンセットの中取りたくなって、撮った。何度も取り直したが、いいのが撮れた。さっきの一行も来て、景色を楽しんでいた。写真を撮ってくれたりもした。だいぶ暗くなって、トワイライトに。気づいたら家族の姿はなかった。ライプツィヒでのことを少し思い出した。

看板の前に戻り、夜景を待った。
「あー、本当に夜道を下山するんだ」

暗い山道も仲間を見つけたら楽しくなる

夜景はきれいだった。看板の光が邪魔することもあったが、写真を撮って楽しんだ。そうしていると1組のカップルが立派なカメラをぶら下げてやってきた。
「三脚、使うかい?」
そう男性が言ってくれて、借りた。正直安物で、また人が歩くと足場がゆれたため、撮るのは難しかった。

撮るのに満足して、三脚を返却。さあ、帰ろうかと準備をした。すると男性から声がかかる。
「一緒に降りないかい?熊が出るらしくて怖いんだよね」
とのお誘い。自分も1人で降りるのが不安だったので、申し出を受けることにした。彼は、ジャーナリスト。ブラショフから少し離れたところに済んでいて、彼女とのお祝い事(誕生日か、婚約か、結婚かそのあたり)らしく、車できたとか。なので、彼女は少し自分いることが不満そうに見えた。

野生のフクロウを見て感動。親子のように大きいのと小さいのが飛んでいた。2人の撮影が終わるまで待った。

いざ、下山開始。彼らはハンドライトを持っていて、スマホのライトの自分よりも明るい。これが大助かり。彼、彼女、そして自分の3人の順で進む。ルートは階段ルート。自分がきた道とは違う。

日もくれて寒くなっている。疲れもあって、クマ対策?の口笛が鳴らない。彼の指笛は大きくてすばらしい。時々大声を出して進んだ。自分はルート確認の為、maps.meを使っていた。彼女は自分と会話することはない。

辺りは真っ暗。まさにナイトウォーク。最初はとても怖かった。知らない土地、真っ暗な山、熊やなにかでるところ。それが今は3人で声をだしながら歩いて楽しくなってきていた。ビールが飲みたいという彼。いいやつすぎる。

彼も不安だったんだと思う。1番はしゃいでいた。途中のビュースポットで、レモンのリキュールをだして3人で飲みあった。これからはもう大丈夫。ナイトウォークを楽しみ、怪我もなく進んだ。

ついに階段を見つけて手すりに沿っていき、maps.meをみせて、印を見つけて迷わず進む。ショートカットでは、自分の見事なサンドサーフィンを披露して、3人で大声で笑い合う。どこかで終わってほしくない、そう思えるほど楽しかった。

舗装した道に着いて、犬に吠えられて、給水して。旧市街の中にとうとう戻ってきた。何時間歩いただろうか。楽しくて時間を忘れていた。彼らとビールを飲みたかったが、彼女との邪魔もしたくない。お礼とお祝いを伝え、セルフィーを撮ってお別れした。

いろいろ我慢してた自分に気づけるということ

21時もすぎていて、開いているお店は少ない。帰りにケバブ屋をみつけて、勝手ホステルで食事した。今夜は静か。部屋には朝に会話をして感じのいいアジア人女性と、もう1人男が下の段に居た。ヘトヘトなのに、溜まっていた洗濯をして、干して寝る準備をした。

下の段の男が、まぶしいだの、うるさいだの言ってきた。久しぶり腹が立って、でも相手に直接は言わず、歯磨きのときに壁をドン。普段自分が我慢していることに気づけた。それに、注文をつけてきた彼は、いいヤツ、というか悪いやつとは思えなかった。まあ、ブラウジングするな、は激おこなセリフだったがね。

長い1日がおわり、最高の1日の最後に壁にドンはあったが、疲れてもうどうでもよかった。

補足

旅日記を応援してもいい方へ

最後まで読んでくれてありがとうございます。嬉しいです。
このブログは、広告料で維持しています。

普段のオンラインでの買い物を、下のリンクをクリックしてから買っていただくだけでOK。
私のモチベ維持にもつながるので、可能な範囲でよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました