【旅の記録】ラトビア国立図書館:ラトビア【54】

【旅の記録】世界一周スタート:日本(次の目的地はロシア)【海外放浪】 ラトビア

11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録

2017年5月出発した旅のことを、記憶と記録を頼りにつづってみようと始めました。
書き方などはだんだん良くなるはず(笑)なので、見守っていただけると嬉しいです。
※途中、記憶違いや文章の構成的にフィクションが入るかもしれません。ご容赦ください。

巡った順序 → 日本 → (韓国) → ロシア → フィンランド → スウェーデン → デンマーク → ノルウェー → エストニア → ラトビア → リトアニア → ベラルーシ → ウクライナ → ポーランド → ドイツ → チェコ → オーストリア → 続く…

初めての方はコチラから → 11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録と記憶

こんにちは、mickです。

シベリア鉄道で出会った旅の先輩ケリーとのお別れ。
SNSでつながったとはいえ、次に会えるのは本当にわからない。
旅ってほんとその連続。

夜には、日本の旦那を持つウクライナの人と出会う。
この出会いと別れの連続が旅っぽい。

図書館好きとして、リガにあるラトビアの国立図書館を散策。
近代的で立派な建物で、かつ学習に必要な設備が整っていて好き。
もっと居たかったなー、ここ。

日付:2017年7月11日(火)近代的なラトビア国立図書館

日付:2017年7月11日(火)
地域:リガ
天候:雨のち曇り

午前中は雨のリガ

ケリーと別れの朝が来た。

この日、ドミトリー4人とも早く起きている。
ケリーは街の写真が撮りたいと、雨の中でかけていった。

自分もこの日は、リガにある国立図書館で日記を書きたかったので、そうする。
外に出ることにした。
1度、何も持たないででたけれどホステルに戻ってカッパを着た。

歩くコースは、昨日の無料ツアーの復習。
細かいところは忘れてしまったけれど、あらかた周る。
朝、そして雨も降っているからか観光客が少なくて楽しかった。
ツアーの内容も本で補間して、悪い気はしない。

ブレーメンの音楽隊の像
ブレーメンの音楽隊の像
フリーウォーキングツアーを復習する
フリーウォーキングツアーを復習する
かつての城壁
かつての城壁
13世紀由来の修道院の庭でリガの最も古い部分の一部
13世紀由来の修道院の庭でリガの最も古い部分の一部
ツアー中に立ち寄ったお店
ツアー中に立ち寄ったお店
旧市街の城壁を利用したお店
旧市街の城壁を利用したお店
リガの名前由来のプレート
リガの名前由来のプレート
雨の中での散策
雨の中での散策
リガの特徴である波を模したベンチ
リガの特徴である波を模したベンチ
こっちは庭に波を表現
こっちは庭に波を表現
波の広場の建物の屋根も波
波の広場の建物の屋根も波
劇場
劇場
聖ペテロ教会
聖ペテロ教会
ライオン門
ライオン門

リーガ城の交代式

10時頃にリガの城、現在は大統領官邸であるリーガ城。

そこでは衛兵の着任式が行われていた。
どこにも情報がなかったのでラッキーだと思う。
パフォーマンスっぽくて、ほとんどは警官が警備していたお城。

中には入れないので、周囲だけ。
わざとむき出しの、昔の石垣が見えるのがいい感じ。
警官にはめっちゃ見られれるな。

そこから川が近いので川へ。
そこからお城の全体が見ることができる
近くには近代的な高いビルがあるのが残念だけれど、これが今のリガなんだと思った。

だんだん雨が上がってきて、中央広場にいくと、観光客が戻ってきていた。

衛兵の交代式が始まった
衛兵の交代式が始まった
周りに観光客が居ない中で淡々と行われる
周りに観光客が居ない中で淡々と行われる
交代完了
交代完了
政府機関として利用されるリーガ城
政府機関として利用されるリーガ城
すぐ側は川
すぐ側は川
右手奥にあるのが、ラトビアの国立図書館
右手奥にあるのが、ラトビアの国立図書館
なぞのオブジェ
なぞのオブジェ
ホステルに戻る
ホステルに戻る
左の車、ちょっといい
左の車、ちょっといい
ここにも猫の家があった
ここにも猫の家があった

ケリーと別れ

11時にケリーがホステルに戻るというのに合わせて、自分もホステルに戻る。
11:30に出るという彼。

この30分の間は出発の準備はもちろんだろうが、会話はあまりなかった。
お茶で間をにごす。
どことなく、ため息が多い。

興味があって、彼のバックパックを見せてもらった。10kgはある。
でもPCもカメラもない彼のカバン。
サブバックはほぼバックそのものの重さくらい。

荷物が少ないっていいこと。
少し、空気が戻った。

11:30出発。
一緒に出て、自分は図書館へ向かうことにする。

「何も問題なかったよ」

スタッフに一言伝えてでるケリー。

「フェイスブックみているから、また連絡を取ろう」

そういってくれた。
あらためてセルフィーを撮る。

「後で送ってね」

そういえば、前回のも合わせて送らないとな。
握手とハグをして、彼が見えなくなるまで、自分は立っていた。

旅の先輩ケリーと
旅の先輩ケリーと

ラトビアの国立図書館

まっすぐ図書館にはいかずに、近くのショッピングモールを散策。

移動用のUSB充電器とイヤホンに目星をつけてから向かった。
うーん、やっぱり軽いタブレットが気になる。

30分近く歩いて、ラトビアの国立図書館に到着。
これまでで一番の規模かもしれない。
そして近代的な建物。

入簡易は、ビジターカードをインフォメーションで借りる必要が会った。

トイレ無料はさることながら、給水器が各階にある。
Wi-Fi、パソコン、リーディングルームと設備としてはこれまでで一番。
新しいからキレイだし、8階建て。

さらに特別室が上階の11、12階とある。
高いところからは、リガの旧市街が望めるので、穴場なんじゃないかと思う。

ここの職員の人たちは、今まであったラトビアの人たちの中では一番いい印象。

荷物は専用ケースでしか持っていけない。残りは預ける必要がある。
8階まであるので、見るのに1時間近くかかって、やっと日記に取り掛かる。
充電器を預けてしまった以外は、パーフェクト。

この間に、先にベラルーシのトランジットを取るというSださんから連絡があった。
それは、前日どんな感じかメッセージをしていたから。
わかりやすく教えてくれて助かった。
唯一は、2日(48時間)のビザのはずが、3日でていたこと。

なんでだろうかね。
なぜかそのあたり、自分はツッコミをいれなかった。

20:00までと思っていた図書館は、この日17:00まで。
せっかく日記が追いついてきたのに。
でも出るしかないから移動する。

旧市街を革を挟んでみることができる場所までいって、その景観を楽しんだ。

ラトビアの国立図書館
ラトビアの国立図書館
早速中へ
早速中へ
とてもキレイで近代的な造り
とてもキレイで近代的な造り
荷物はロッカーに預けないといけない
荷物はロッカーに預けないといけない
ビジターパスも借りて準備OK
ビジターパスも借りて準備OK
吹き抜け構造
吹き抜け構造
国立図書館からみる旧市街もまたいい
国立図書館からみる旧市街もまたいい
フロア情報はラトビア語なのでさっぱり
フロア情報はラトビア語なのでさっぱり
子どもコーナーもしっかり作り込まれていてGOOD
子どもコーナーもしっかり作り込まれていてGOOD
開館時間について
開館時間について
ラトビアでも図書館を満喫した
ラトビアでも図書館を満喫した
ラトビア国立図書館
ラトビア国立図書館
リガの旧市街が見える
リガの旧市街が見える
さり気なくある鎌と槌
さり気なくある鎌と槌
旧市街側と国立図書館の間にある立派な橋
旧市街側と国立図書館の間にある立派な橋

マクドナルドミッション

夕食には、ミッションのためマクドナルドを選ぶ。
マックジュニアなるものを見つけて、ビッグマックと一緒に注文。

バニラシェイクは高いことが多いから、チョコサンデーに。
店内が暑くていけない。
この店員も露骨に顔に嫌な感じをだしてるので、またラトビアの印象が下がる。

マックジュニアは、ビッグマックの小型版。
パテが1枚。
ここのビッグマックは、ヘルシンキを抜いて、2位。
スウェーデンとノルウェーが1位とすれば、3位か。
チョコサンデーは、カップのソフトクリーム。

食後は、新市街へ向かおうとする。
ラトビアのシンボルの近くで、娘と両親で来ていそうな日本人をみてほころぶ。
地球の歩き方が目印。

でもこの日、新市街の近くまで行ったが、結局ここへは最終日の午前中に行く予定に変更。

ラトビアのリガのマクドナルド
ラトビアのリガのマクドナルド
今夜の食事
今夜の食事
ラトビアのリガのビッグマック
ラトビアのリガのビッグマック
こっちはビッグマックジュニア
こっちはビッグマックジュニア

ラトビア料理のお店LASITE

リーガ城でセルフィーを撮っていないのを思い出して、わざわざ撮りに行く。

近くのバーで、やはり地球の歩き方を持ったカップルをみつける。ウケるわ。
帰りは看板娘に騙されて(笑)LASITEというライブとラトビア料理のお店に入る。
パンプキンスープだけのつもりが、ビールまで。
マクドナルドいってここにも入って、18ユーロくらい。
使いすぎと食べすぎで反省。

このとき、民族衣装を来ていた看板娘がスニーカーを履いていることに早く気がつくべきだった。

スープにはベリー系の実が入っていて、不思議な味。
ビールにもベリーのような甘みがあった。

ライブのじじいはやる気なし。
あとで店選びについて1人反省会。

マクドナルドの外見を撮ってなかったのでもっかい行く。

そのあと、昼間のショッピングモールでの電気屋で昼に観たUSB充電器とイヤホンをゲット。
2つで7.99ユーロなり。

晴れてきた
晴れてきた
こっちは旧市街の外側
こっちは旧市街の外側
旧市街に戻る
旧市街に戻る
ツアーで巡った三兄弟と言われる家
ツアーで巡った三兄弟と言われる家
リーガ城前で
リーガ城前で
マックでご飯食べたのにまた食事に立ち寄ってしまった
マックでご飯食べたのにまた食事に立ち寄ってしまった
ラトビアのビール
ラトビアのビール
安めのパンプキンスープとともに
安めのパンプキンスープとともに

日本語を話すウクライナ女性

ホステルに戻って日記を書いていると、一人の女性が入ってきて、こんにちはっていう。
これは驚いた。

話を聞くと、日本に住んでいて、日本人の男性と結婚、2年は日本にいるらしい。

「日本語が上手なのは、夫のおかげ」

ラブラブである。
女性は、ウクライナの人でナタリー。

ウクライナに行くっていったら、喜んでキエフに家があるから来ていいという。ありがたい。

おすすめスポット
東側の出身だが今は危険でいってはいけないこと
クリミア半島にはおそらくロシアビザが必要だろうということ
ウクライナの人は、西から東へ移動した経緯こと 

などなど、ウクライナのことをたくさん教えてくれた。

同室のアナは、たくさんのポストカードを買ってきて、懸命に書いていた。
そんな彼女は、ロシア語が話せるそうで、ナタリーと会話してた。

内容は、日本語がなぜナタリーが話せるのかという感じだろう。
ウクライナの彼も英語だが入るのが面白い。

自分が日記を書いていたら、ナタリーも興味を持つ。
ナタリーの夫も日記を書くらしい。

「日本人の男性はマメね」

なんて。
そうかもしれない。

正月には夫と自分に日記帳を買ったけど、自分は書いてないそうだ。

ケリーがいなくなって束の間、また新しいことが起こる。

旅だね。

今日もお疲れさまでした
今日もお疲れさまでした

補足

旅日記を応援してもいい方へ

最後まで読んでくれてありがとうございます。嬉しいです。
このブログは、広告料で維持しています。

普段のオンラインでの買い物を、下のリンクをクリックしてから買っていただくだけでOK。
私のモチベ維持にもつながるので、可能な範囲でよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました