【旅の記録】ブダペストの美しい図書館エルヴィン・サーボ図書館:ハンガリー【113 – 1】

ハンガリー

11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録

2017年5月出発した旅のことを、記憶と記録を頼りにつづってみようと始めました。
書き方などはだんだん良くなるはず(笑)なので、見守っていただけると嬉しいです。
※途中、記憶違いや文章の構成的にフィクションが入るかもしれません。ご容赦ください。

巡った順序 → 日本 → (韓国) → ロシア → フィンランド → スウェーデン → デンマーク → ノルウェー → エストニア → ラトビア → リトアニア → ベラルーシ → ウクライナ → ポーランド → ドイツ → チェコ → オーストリア → スロバキア → ハンガリー → ルーマニア → モルドバ → (沿ドニエストル共和国) → モルドバ → 続く…

初めての方はコチラから → 11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録と記憶

こんにちは、mickです。

【この日の内容は、記録が長かったので2回に分けています(前半)】

図書館巡りをしようと思った日。事前に調べてなかったので、知らなかったけれど、ブダペストにある、エルヴィン・サーボ図書館は有名だったみたい。
知らないでいったから、感動の度合いは違ったと思う。ここは、いまでも一番好きな図書館。

ほか、ブダ城の中にある国立図書館にも向かうけれど、この時期はワインフェス中で大変だった。なにせ、会場がブダ城そのもので、ワインフェスのための料金を払わないと入れない。予定外のことが続いて、結局この日は、行けなかった。

日付:2017年9月8日(金)開かれた図書館

日付:2017年9月8日(金)
地域:ブダペスト
天候:晴れ

昨日の余韻

昨日が楽しすぎたから、朝は寂しさも含めてゆっくり起きた。窓の外からは、賑やかな声がする。2人の変身が欲しくて、3人のセルフィーを送った。買っておいたパンを食べて、牛乳、野菜ジュースを飲んで少し散策にでかける。心のどかでは、今日ブダペストを離れるHの返信を待っていた。

何でそれを口にした(笑

散策にでてすぐに、街角で何か試供品を配っていた。
「チャイニーズ?」
とおじさん。いい気はしないが、何を配っているか興味があって、立ち止まる。
「どっからきたの?」
「日本だよ」
すると片言の日本語を交えて話しをしてくるおじさん。
ここは、「死海」というなのお店。試供品自体は、とてもカラフルな棒状。黄色や赤色がある。なぜか【お菓子】と思って何も考えずに口にはこび、少しかじった。するとすごく変な味がする。おじさんが慌てる。
「それ石けんだよ!」
自分も思わず口から吐き出す。ペーパーに出して、そして店内の水道水で口をすすぐ。
「ごめんよ」
と謝るおじさん。とにかく口の中が気持ち悪くて、言葉がでてこない。そのままその場と立ち去った。うしろで「Japanese」という会話が耳に残った。

川沿いで写真を撮りながらうろつく。が、どうも口の中が気持ち悪い。水をホステスにおいてきてしまった。それでホステルに戻って口直しをするハメになった。今日は金曜日。ブダペストの図書館にいっておきたくて、REKAが教えてくれたNational Libraryに行くことにした。

中心地から放射状に延びる道を歩く。少し、環境客が減るが、木々が道の両サイドに植えられていてキレイな場所があった。Hのホステルの方が近い。自分のホステルからは、10から15分かかった。

エルヴィン・サーボ図書館

正式には、「Metropolitan Ervin Szabo Library」という。外観はおそらくバロック様式。内装は、近代化されている、と思った。ここも入るのにはゲートを通らないといけない。なので、慣れたようにインフォメーションに向かう。
「図書館に入りたいのです」
すると、すんなり話しが進む。
「Study?」
「Yes、Study」
とやりとり。用紙の記入に、母の名前を書くというのが今までで初めてのことで、思わずーー
「父ではなくて、母の名前ですよね」
と確認してしまった。
1年有効のパスで100フォリント(当時、約100円)と安い。ウィーンでのできごとはなんだったのか。ID、つまりパスポートをみせた。黄色い紙でできた入館証。バーコードには、番号と名前。クロックルームがある。
「荷物は守衛に預けるの?」
的なジェスチャーをする。
「必要ないわ」
すばらしい。

早速ゲートをくぐって、中を見て回る。建物の中は、天井も高めで、また外の光もあって居心地がいい。1階には雑誌や新聞。ファンタジー小説など一般の人が読みそうな物が集まっていた。建物は、6階くらいまであって、上の方はおフィルや使われていないなど。階段はらせん状。中階にも部屋がある。キッズ用の部屋もしっかりしていた。キッズルームは、内装も子ども向けにしてある。4階のいくつかの部屋は、昔の姿を残していて、とても気に入った。自分はこの図書館を気に入って「開かれた図書館」そう名付けた。これまで訪れた中では、ベスト3にはいる、いやNo.1といっていい。唯一、給水所があれば最高だったかな。

散策を終えて、これまでたまっている日記に手をつけ始めた。途中、1階の併設カフェに行ってお茶をする。カプチーノが150円くらいと安い。ケーキは、最安のものをとったが、ぱさついていて美味しくなかった。ここが閉まるのは、20時。

ここで日記を書いて奥手もあった。だけれど、ブダ城にあるらしい図書館も行っておきたくて、向かうことにする。またここには来たい、そう思いながら。図書館といえば、元カノも好きなのだが、彼女の影響なのだろうか。いや、昔から、中高生のことから好きだったか。幼なじみも司書になりたいというほど好きだったっけ。

ブダペストの巨大な中央市場

近くに、歩いて5から10分で有名な中央市場がある。そこによってから、図書館にはいくことにした。Hからはまだ連絡はない。市場は、大きな建物の中に入っている。建物そのものも、歴史的な価値がありそうで、屋根のモザイク模様は美しい。中に入ると、1階が食料品、2階は衣類、小物、お土産。地下は駐車スペースにないっていた。とても広くて、天井も高い。体育館4,5個分くらいありそう。お昼すぎていたから、何店舗かは閉まっていた。何でも売っていそうなところ。同じ物が売っていても、お店によって値段が違う。価格交渉もできそうだった。写真を撮ってうろつく。カード入れが欲しくてみたみたけれど、ときめかなかった。1階、2階、1階、地下、とみてまわる。人気の食堂も見かけた。値段は安くなさそう。もう観光客価格になっているんだと思う。無愛想なお店でお菓子を100g買った。これがマズくてマズくて。ウエハースなんだけれど、なんかジャリジャリする。味も濃いだけだった。一応、エネルギーが補給はした。

外観が気になっていったゲッレールト山洞窟に寄って、ホステルに戻り、そこからまたあるいて、ブダ城の国立図書館へ向かった。だいたい、1時間暗い歩いた。すべて歩いていくため、お金はかからないが、時間はかかった。

ワインフェスの会場はブダ城そのもの

ブダ城に着くと、ゲートがつくられていた。
「いまはワインフェス中だから、通れない。別の場所からいくんだ」
それでも入ろうとすると、めちゃくちゃ止められた。しかたなく別のゲートに向かう。ただ、案内がないから大変。なお、丘からの眺めは気持ちがいい。そうしているとHから連絡が。15時前の連絡で、14:30前か。
「15時過ぎのバスで空港に向かうから会えないか」
正直、連絡遅すぎ、という気持ち。空港行きのバスがでる場所まで、ここブダ城から歩くと40から50分はかかる。お昼にいた図書館からならもっと簡単にいけたのだが。

友だちのお見送り

彼からの連絡と待ち合わせの場所がわかりにくくて、Googleマップをピン付けして、スクリーンショットを送って確認する。とにかく、時間がない。周りの景色や人々なんて、お構いなしに、歩いて歩いて歩いた。

最初に確認した場所は「Astria」というメトロ駅近くのバス停。が、彼がいない。大きな交差点で、四方にバス停がある。そのうち、3か所みてまわるが以内。焦る。時間的にいないわけはない。すると彼から連絡が入る。

「ごめん、間違ってた。Kalvin terの近く」
ムキー!
が、怒るよりもいかないと彼が出発してしまう。
「15:30野には乗る」
時計は、15時をまわっていた。とにかく急ぐ。もう10km以上歩いていて、ヘトヘトだったが、【今日で最後】と思って考えるよりも足を動かした。

補足

旅日記を応援してもいい方へ

最後まで読んでくれてありがとうございます。嬉しいです。
このブログは、広告料で維持しています。

普段のオンラインでの買い物を、下のリンクをクリックしてから買っていただくだけでOK。
私のモチベ維持にもつながるので、可能な範囲でよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました