短縮URL「wp.me」の正体とは

短縮URL「wp.me」の正体とは WordPress

こんにちは、mickです。

見慣れない短縮URL「wp.me」を使っているWebサイトがありました。

気になったので調べました。
この記事では同じように気になった人の参考になればと、調べたことを載せています。

WordPress.comが提供する短縮URLがwp.me

短縮URLのwp.me。

これはWordPress.comが提供する短縮URL

WordPress.comのブログから2009年に始まったサービスだとわかります。

WordPress公式Webサイトは「WordPress.org」。
つまりWordPress公式が提供しているサービスではありません。
「WordPressとWordPress.comの違い」については前の記事に書いています。

一般的に長くなるURLを短く見せるのが短縮URL

WebサイトのURL、その文字の長さはドメインから始まるのもあって長くなります。

例えば上のリンクなら「https://oneuro.net/wordpress-com-create-account」なら「47文字」でできているわけです。
これを短縮URLサービスのBitlyを使って短縮URLにすると「https://bit.ly/3ro4u5p」と「22文字」に。

文字の長さがだいたい半分になりましたね。
並べてみるとその長さの違いがよくわかります。

短縮前:https://oneuro.net/wordpress-com-create-account
短縮後:https://bit.ly/3ro4u5p

短縮URLを知ったきっかけはTwitter

私が短縮URLのことを初めて知ったのはTwitterを使っているときでした。

Twitterは、アルファベットで280文字まで。
日本語だと140文字までしか使えない中、文字の長いURLはやっかいでした。

それで、短縮URLを使ってWebサイトのURLの文字数をかせいだわけです。

いまTwitterは、WebサイトのURLを自動的に短くしてくれるので、Twitterのために短縮URLを使うことはほとんどなくなりました。

短縮URLの仕組みはリダイレクト機能の応用

短縮URLはリダイレクト機能の機能を応用したサービスです。

上の例だと次の3ステップでユーザーは目的のURLにたどり着けます。

  1. ユーザーが「https://bit.ly/3ro4u5p」にアクセスする
  2. 短縮URLサービスが元のURL「https://oneuro.net/wordpress-com-create-account」にユーザーをリダイレクトさせる
  3. ユーザーが「https://oneuro.net/wordpress-com-create-account」にたどり着く

仕組みは単純。

短縮URLは、サービス会社が止めるまで使える

短縮URLは、短縮URLサービスを提供する会社がサービスを終了するまで使えます。

検索エンジンのGoogleも独自の短縮URLサービスを提供していましたが、2019年にサービスを終了してますが、生成済みの短縮URLは引き続き使えています。

⇒ Google、URL短縮サービス「goo.gl」を2019年3月30日に終了へ

短縮URLを使うと元のURLがわからなくなる

いま短縮URLを使うメリットはあまりないです。
元のURLがわからなくなる、というのがポイント。

Webサイトの運営者は、ユーザーに自分のWebサイトに来て欲しい。
だけれども、短縮URLをみたユーザーはクリックしたらどこに行くかわからないから不安になる。
不安になるとこの短縮URLをクリックすることはないでしょう。

いま短縮URLを使うことを考えるなら次の3つくらいですね。

  • SMS(ショートメッセージサービス)で使う
  • QRコードの生成に使う
  • URLに日本語を使っていて文字数が100を超えるときに使う

短縮URLのwp.meを使う

Jetpack – WP セキュリティ、バックアップ、高速化、成長
バックアップやマルウェアスキャンなどの強力なワンクリックツールで、WP のセキュリティを向上させます。 統計情報、CDN、ソーシャル共有など必須の無料ツールを入手できます。

wp.meの短縮URLを使うにはWordPress.comが提供するWordPressプラグインのJetPackが必要です。

「JetPack」>「設定」>「トラフィック」

ここにある「WP.me 短縮リンク」の「共有しやすい短縮 URL を生成します。」にチェックを入れると、短縮URLの機能がオンになります。

JetPackの機能で短縮URLを使えるようになる
JetPackの機能で短縮URLを使えるようになる

あとは投稿や固定ページの編集ページにあるJetPackのメニューから短縮URLを取得します。

投稿や固定ページの編集ページで短縮URLを取得できる
投稿や固定ページの編集ページで短縮URLを取得できる

さらに細かい設定については、次のWebサイトが参考になりました。

⇒ WP.me 短縮 URL

⇒ WordPress、短縮URL(wp.me)の使い方

まとめ。

短縮URL「wp.me」について紹介しました。

「wp.me」はWordPress.comのブログで書かれたWebサイトへのURL

ということをでした。
WordPress.comは、wp.meを使ったスパムチェックをうたっています。
これでwp.meをみても慌てなくて済みそう。

記事を読んでくれて嬉しいです。
今日もありがとうございました。

初稿 2020/12/23

タイトルとURLをコピーしました