【プログラミング不要】パンくずリストをCocoonで設定する方法

【プログラミング不要】パンくずリストをCocoonで設定する方法 WordPress

こんにちは、mickです。

ブログのSEO対策に必要とされる「パンくずリスト」。

WordPressの無料テーマCocoonを使えば簡単に設定できます。
もちろんプログラミング不要です。

Cocoonでパンくずリストを設定する

Cocoonでパンくずリストを設定するのは簡単。

Cocoonの設定画面ですぐにできます。
注意点がひとつ。

「投稿」と「固定ページ」のパンくずリストは設定場所が違う

ココを間違えなければ大丈夫です。

投稿のパンくずリストの設定

投稿のパンくずリスト設定

投稿のパンくずリストはCooocnの設定画面でできます。

「Cocoon 設定」>「投稿」

ここに「パンくずリスト設定」項目でパンくずリストに関する設定ができます。
設定が終わったら保存することを忘れずに。

パンくずリストの配置

この設定項目ではパンくずリストをWebサイトのどこに置くか、決めることができます。

  • 表示しない
  • メインカラム手前
  • メインカラムトップ
  • メインカラムボトム(デフォルト)
  • フッター手前
表示しない

パンくずリストを表示しない設定です。

Webサイトのデザインが重視でパンくずリストが邪魔!

といった特別な理由がある場合に使います。
もちろんパンくずリストを設置しないのでSEOとしては不利に働くことが考えられます

メインカラム手前
メインカラム手前にパンくずリスト
メインカラム手前にパンくずリスト

メインカラムの手前にパンくずリストを設置します。
mainタグの手前にパンくずリストが入ることになります。
パンくずリストを特に目立たせたいときに使えそうです。

メインカラムトップ
メインカラムトップにパンくずリスト
メインカラムトップにパンくずリスト

メインカラムの最初にパンくずリストを設置します。
mainタグのすぐ下にパンくずリストが入ることになります。
パンくずリストをWebページの最初にもってくる場合は、一番自然に見えます。

メインカラムボトム(デフォルト)
メインカラムボトムにパンくずリスト
メインカラムボトムにパンくずリスト

メインカラムの最後にパンくずリストを設置します。
mainの閉じタグのすぐ上にパンくずリストが入ることになります。
パンくずリストをWebページの最後にもってくる場合は、一番自然に見えます。

フッター手前
フッター手前にパンくずリスト

フッターの手前にパンくずリストを設置します。
footerタグのすぐ上にパンくずリストが入ることになります。
Webページの最後でパンくずリストを目立たせたいときに使えそうです。

記事タイトル

パンくずリストに記事のタイトルを付けることができます。

固定ページのパンくずリストの設定

固定ページのパンくずリスト設定

固定ページのパンくずリストはCooocnの設定画面でできます。

「Cocoon 設定」>「固定ページ」

ここに「パンくずリスト設定」項目でパンくずリストに関する設定ができます。
設定項目と内容は、「投稿のパンくずリスト設定」とまったく同じです。

パンくずリストは上なのか下なのか

どちらでも大丈夫

理由は、カテゴリーや親子関係が整っていればパンくずリストがSEO対策になるから。

それでもパンくずリストをWebページの上に置くか、下に置くか、悩みますよね。

ユーザーがトップページと記事ページを往来することが多いWebサイトなら上。
ユーザーが検索エンジンから記事のページにくることが多いWebサイトなら下。

と私は考えています。
例えると次のようなWebサイトです。

ニュースサイトや特定のジャンルを扱った特化サイトなら上。
日々の生活を中心にその経験を紹介するWebサイトなら下。

まとめ。

プログラミング不要でパンくずリストをCocoonで設定する方法を紹介しました。

無料テーマでここまでできるのは本当にありがたいと思います。
作者さんに改めて感謝を。

記事を読んでくれて嬉しいです。
今日もありがとうございました。

初稿 2020/12/16

タイトルとURLをコピーしました