WordPress.comの無料アカウントを作成する方法【サイト作成はスキップ】

WordPress.comの無料アカウントを作成する方法【サイト作成はスキップ】,WordPress.comで無料のWebサイトを作成する WordPress

こんにちは、mickです。

WordPress.comのアカウントとJetPackプラグインを使ったシングルサインオンを利用するために、無料アカウントを作りました。

その経験をもとにこの記事でWordPress.comの無料アカウントを作成することを紹介します。
WordPress.comの無料アカウントは3分くらいで作成できました。

WordPressとWordPress.comの違い

最初に「WordPress」と「WordPress.com」の違いについてまとめておきたいと思います。

WordPressはオープンソースのブログソフトウェア

WordPressは「ソフトウェア」のことをいいます。

どんなソフトウェアかというのが「ブログ形式のWebサイトを簡単に使うことができるようになるソフトウェア」ということです。

開発は「オープンソース」といって誰もが開発に参加できる開発と管理スタイルを採用しています。

公式サイトのURLアドレスは「https://wordpress.org」です。

⇒ WordPress公式Webサイト

WordPress.comはAutomattic社が運営するWebサービス

WordPress.comは、Automattic社が運営するWebサービスです。

Automattic社はアメリカ合衆国のサンフランシスコにあるWeb開発会社。
WordPress.comでブログのレンタルサービスを行っています。

コメントスパム対策の有名なプラグイン「Akismet」やWordPress管理プラグイン「JetPack」などはこのAutomattic社が提供しています。

⇒ WordPress.com公式Webサイト

2つの違いまとめ

WordPressとWordPress.comの違いをまとめます。

WordPressは「ブログソフトウェア」

WordPress.comは「Automattic社がWordPressを使って提供するWebサービス」

WordPress.comは、もう少しわかりやすくいうと

「WordPress+レンタルサーバー」

ですね。

WordPress.comの無料アカウントを作るメリット

WordPress.comの無料アカウントを考えてみます。

  • WordPressを手軽に試すことができる
  • JetPackを使ったシングルサインオンが利用できる

いま考えられるのはこれくらいでした。

WordPressを手軽に試すことができる

WordPress.comの無料アカウントでもWordPressのWebサイトを作ることができます。

無料アカウントでもあらかじめ取得した独自ドメインを使うことができます。
また、独自ドメインを持っていなくてもWordPress.comのサブドメインを無料で取得できます

本格的に使うには、広告が付いていたり、容量が3GBだったりと、本番で使うにはオススメできません。

⇒ WordPress.com「プランと料金」

JetPackを使ったシングルサインオンが利用できる

自身のWordPressのWebサイトにJetPackプラグインを使っていれば、シングルサインオンの機能を利用することができます

WordPressデフォルトのログイン機能よりはセキュリティレベルが高くなります。

無料アカウント作成に必要なのはメールアドレスだけ

WordPress.comの無料アカウントを作成するのに必要なのはメールアドレスだけあればOK

WordPress.comの無料アカウントを作る

ここからはWordPress.comの無料アカウントを作っていきます。

今回は、無料のアカウントだけを作ります。

理由は、今回JetPackのシングルサインオンに利用することを想定してです。
なので、無料のWebサイトを作るのはスキップです。

無料のWebサイトは、あとからでも追加できます。

具体的な無料アカウントの流れ:3分

無料のアカウントを作るのは簡単です。
Webサイトを作らないので3分くらいで終わります。

WordPress.comのWebサイトで無料アカウント作成

WordPress.comのWebサイトにいきます。

⇒ WordPress.com公式Webサイト

Webサイトの中央または右上にある「始めてみよう」をクリックします。

WordPress.comで無料アカウントを作る
WordPress.comで無料アカウントを作る

アカウント情報を入力してアカウントを作る

「ここからスタート。」のWebページでアカウント情報を入力してアカウントを作ります。

  • メールアドレス
  • ユーザー名
  • パスワード

これらの情報を入力したら「アカウントを作成」をクリックしてアカウントを作成します。

WordPress.comのアカウントを無料で作成する
WordPress.comのアカウントを無料で作成する

メールアドレスとユーザー名がすでに使われていた、使っていた場合には利用できないようになってます。
このときには、新しいメールアドレスやユーザー名を変える必要があります。

すでに使われているメールアドレスやユーザー名は使えない
すでに使われているメールアドレスやユーザー名は使えない

アカウント作成のメールで認証する

アカウントを作成するとすぐにメール認証のためのメールが届きます。
「ここをクリックして今すぐ認証」をクリックすれば認証は終わりです。

クリックしてWordPress.comのアカウントを認証する
クリックしてWordPress.comのアカウントを認証する

認証が終わっていないとプロフィール画面の表示が違います。

認証がまだのときのプロフィール画面
認証がまだのときのプロフィール画面

プロフィールを確認する

WordPress.comの無料アカウントを作るとすぐに「サイトのドメインを取得しましょう!」のWebページに行きます。
今回はコレを無視。

今回は無料のWebサイトの作成をしない
今回は無料のWebサイトの作成をしない

プロフィールページ(https://wordpress.com/me)に行きます。

⇒ WordPress.comのアカウントプロフィールページ

ここで変えておいたほうがいいのが「公開表示名」です。
デフォルトではログインに使えるユーザー名が入力されています。
このユーザー名は、ログインIDにも利用できるため可能な限り自分以外が知らないようにすべきです。

「プロフィールの詳細を保存」をクリックして入力を確定します。

プロフィールで表示名を変更して保存する
プロフィールで表示名を変更して保存する

これでWordPress.comの無料アカウントを使う準備ができました。
WordPress.comで無料のWebサイトを追加したり、JetPackプラグインを使ったシングルサインオンが利用できるようになります。

WordPress.comとJetPackを使ったシングルサインオン
WordPress.comとJetPackを使ったシングルサインオン

あとで無料のWebサイトを追加する方法

WordPress.comのアカウントを作ったあとからも無料のWebサイトを追加することができます。

「参加サイト」>「新規サイトを追加」

参加サイトの新規サイトを追加から無料Webサイトを追加できる
参加サイトの新規サイトを追加から無料Webサイトを追加できる

ここから無料のWebサイトを追加することができます。

まとめ。

WordPress.comの無料アカウントを作成することを紹介しました。

WordPress.comで無料アカウントを作り、JetPackプラグインと連携してシングルサインオンを実現するのは手軽で便利。
また無料のWebサイトもWordPressを試す感覚でつくることができます。

みなさんの参考になれば嬉しいです。

初稿 2020/12/01

タイトルとURLをコピーしました