WordPressの記事リストを作成する方法【Export All URLs】

WordPressの記事リストを作成する方法【Export All URLs】 WordPress

こんにちは、mickです。

WordPressの記事リストを作成する方法を紹介。

記事の整理やカテゴリーとタグを整えるのに便利です。

ここでは「Export All URLs」プラグインを使ってWordPressの記事リストを作成する方法を紹介します。

Export All URLsで記事リストを作成

Export All URLs
This plugin allows you to extract Title, URL and Categories of builtin post types (e.g post, page) or any other custom post type available on your sit …

Export All URLs プラグインを使えば、簡単にWordPressで書いた記事のリストを作成することができます。

出力形式は2つ。

  • 画面に表示する
  • CSVファイルを作成する

Export All URLsの使い方

Export All URLsの使い方は簡単。

準備が整ったらボタンひとつでWordPressの記事リストが出来上がりです。

インストールと有効化

まずは Export All URLs をインストールして有効化します。

「プラグイン」 > 「新規追加」 > 「検索:Export All URLs」

「Export All URLs」の「インストール」クリックしてインストール開始。

Export All URLs をインストールする
Export All URLs をインストールする

インストールが終わったら、そのまま「有効化」をクリックして有効化します。

Export All URLs を有効化する
Export All URLs を有効化する

有効化するとすぐに「Export All URLs」設定画面に移動です。

Export All URLs の設定画面
Export All URLs の設定画面

移動しない、または自分で「Export All URLs」の設定画面に行くときは次のように行きます。

「WordPressメニュー」>「ツール」>「Export All URLs」

出力する記事の種類を選ぶ

「Select a Post Type to Extract Data」で出力する記事の種類を選びます。

  1. All Types (pages, posts, and custom post types)
    • すべて(固定ページ、投稿、カスタム投稿)
  2. Pages
    • 固定ページ
  3. Posts
    • 投稿

今回は「All Types」を選んでいます。

出力する項目を選ぶ

「Export Fields」で出力する項目を選びます。

出力できるのは次の4項目。

  1. Post IDs
    • 投稿ID
  2. Titles
    • 記事のタイトル
  3. URLs
    • 記事のURL
  4. Categories
    • 記事のカテゴリー

今回は見やすくするために、「URLs」を除いて選んでいます。

出力する記事の状態を選ぶ

「Post Status」で出力する記事の状態を選びます。

  1. Published
    • 公開済みの記事
  2. Pending
    • レビュー待ちの記事
  3. Draft & Auto Draft
    • 下書きの記事
  4. Future Scheduled
    • スケジュール投稿する記事
  5. Private
    • 非公開の記事
  6. Trashed
    • ゴミ箱に入れた記事
  7. All (Published, Pending, Draft, Future Scheduled, Private & Trash)
    • 上記すべての記事

今回は「Published」として公開している記事だけ選びます。

出力方法を選ぶ

「Export Type」で出力の方法を選びます。

  1. CSV File
    • CSVファイルにして出力する
  2. Output here
    • 画面に出力結果を表示する

今回は「CSV File」を選びます。

設定内容のおさらい

これまでの設定内容を画像がこちらです。

Export All URLs の設定内容
Export All URLs の設定内容

出力する!

「Export Now」をクリックしてWordPressの記事リストを作成です。

Export Now をクリックして記事リストを出力する
Export Now をクリックして記事リストを出力する

CSVファイルをダウンロードする

今回はWordPressの記事リストをCSVで作成しています。

自動的にはダウンロードが始まらないので、最初に表示される「Click here」をクリックしてダウンロードを始めます。

最初の「Click here」をクリックしてCSVファイルをダウンロードする
最初の「Click here」をクリックしてCSVファイルをダウンロードする

最初にある「Data exported successfully! Click here to Download.」の「Click here」です。

ダウンロードしたCSVファイルを開いたのがこちらです(サンプル)。

作成したWordPressの記事リスト
作成したWordPressの記事リスト

CSVファイルを削除する

ダウンロードが終わったら、CSVのファイルを削除します。
このままだとオンラインに作成したCSVファイルが残ったままになるからです。

「Export All URLs」はダウンロードが終わったCSVファイルの削除を推奨してきます。

2番目に表示される「Click here」をクリックしてCSVファイルを削除します。

2番目の「Click here」をクリックしてCSVファイルを削除する
2番目の「Click here」をクリックしてCSVファイルを削除する

「Once you have downloaded the file, it is recommended to delete file from the server, for security reasons. Click Here to delete the file. And don’t worry, you can always regenerate anytime. :)」の「Click here」です。

CSVファイルは削除しても大丈夫
必要ならまた作成すればOKだから。

「You did great, the file was Deleted Successfully!」と出れば削除は完了です。

CSVファイルを削除した
CSVファイルを削除した

トラブルでこの方法で削除できなかったりFTPなど手動で削除するときは「wp-contents/uploads/」以下の階層からCSVファイルを探すことができます。

CSVファイルは「wp-contents/uploads/」以下の階層にある
CSVファイルは「wp-contents/uploads/」以下の階層にある

Export All URLsの拡張機能を解説

Export All URLsは軽量で使い方も簡単。

日本語に対応していないという点が残念ポイント。

基本機能は上で紹介しました。
ここからは拡張機能について解説しておきます。

Filter Options(フィルター設定)

WordPressの記事リストを作成するとき、フィルター設定を使って特定の記事だけ出力することができます。

Export All URLs のフィルター設定
Export All URLs のフィルター設定
  1. Date Range
    • 日付でフィルタリング
  2. By Author
    • 記事の作成者でフィルタリング

日付でのフィルタリングは「yyyy/mm/dd」の形式です。

例えば2020年10月の記事だけを出力するときは次のように指定すればOK。

「From:2020/10/01」
「To:2020/10/31」

Advanced Options(拡張機能設定)

拡張機能設定として出力する記事の数やCSVの出力先やファイル名を決めることができます。

Export All URLs の拡張機能設定
Export All URLs の拡張機能設定
  1. Remove WooCommerce Extra Attributes
    • WordPress用のオープンソースのeコマースプラグイン「WooCommerce」に関する設定です。WooCommerceを使っているときに拡張属性を取り除くときに使います。
  2. Exclude Domain URL
    • URLを出力するとき、ドメイン名部分を削除して出力する。
  3. Number of Posts
    • 記事の数を指定する。出力する記事の数が多いとパソコンで処理ができないことがある。そのとき分割して出力するときに使う。
  4. CSV File Path
    • CSVファイルの出力先と名前を決めることができる。ただし、必ず「wp-contents/uploads/」よりも下の階層に出力することになる。

WordPressの記事リストが1000を超えたりするような場合は「Number of Posts」を使うといいです。

まとめ。

WordPressの記事リストを作成する方法を紹介しました。

今回はその方法としてExport All URLsを使いました。

WordPressの記事リストを作成すると次のような作業の助けになります。

  • 記事の見直し
  • かぶった記事がないかの確認
  • カテゴリーの見直し
  • タグの見直し
  • 自己満足(大事なこと)

「Export All URLs」をぜひ試して欲しいと思います。

では、みなさまの助けなれば嬉しいです。

初稿 2020/11/19

タイトルとURLをコピーしました