MacBook Proの調子が悪いときにできること

MacBook Proの調子が悪いときにできること PC

こんにちは、mickです。

最近、MacBook Pro 15(2016)のディスプレイ上部に線が入るようになってしまいました。

この記事ではこんな風にMacBook Proの調子が悪いときにできることを紹介します。

調子が悪いMacにはリセット機能や診断ツールを使う

Macには、調子が悪いときに使えるリセット機能や診断ツールが付いてます。

  • NVRAM(またはPRAM)リセット
  • SMCリセット
  • Apple診断(Apple Diagnostics)

NVRAM(またはPRAM)リセット

MacBook Proのスピーカーやディスプレイの調子が悪いときは、NVRAM(またはPRAM)リセットをします。

  • スピーカーの音量がおかしい
  • ディスプレイの表示が乱れる
  • 起動しない
  • などなど

NVRAM(またはPRAM)リセットの方法

NVRAM(またはPRAM)リセットをする手順はこちら。

  1. MacBook Proをシャットダウンする
  2. MacBook Proの電源を入れる
  3. 画面が黒いうちに次の4つのキーを同時に押す
    1. 「option」キー
    2. 「command」キー
    3. 「P」キー
    4. 「R」キー
  4. MacBook Pro再起動するまで押し続ける
  5. ログイン画面がでたらキーを離す

NVRAM(またはPRAM)リセットしてもユーザー保存のデータは消えない

NVRAM(またはPRAM)リセットをしても、ユーザーが保存しているデータが消えることはありません。
その点は安心して大丈夫です。

ただし、一部のシステム設定と環境設定が変更されることがあります。
余裕があるときは、システム環境設定を確認するのがいいと思います。

SMCリセット

MacBook Proの電源系が不調のときは、SMCリセットをします。

  • スリープができない
  • スリープ解除できない
  • 電源が入らない
  • バッテリーの充電ができない
  • などなど

SMCリセットの方法

SMCのリセットの方法です。

SMCのリセットはMacのモデルで大きく2通りあります。

  • T2チップ搭載のMac
  • T2チップを搭載してないMac
T2チップ搭載のMac

対象のMacはこちら。

  • MacBook Air (2018 年以降に発売されたモデル)
  • MacBook Pro (2018 年以降に発売されたモデル)

SMCリセットをする手順はこちら。

  1. MacBook Proをシャットダウン
  2. 次のキーを全部押す
    1. キーボードの左側の「control 」キー
    2. キーボードの左側の「option」キー
    3. キーボードの右側の「shift 」キー
  3. 上記 3 つのすべてのキーを 7 秒間押し続ける。このとき電源ボタンも長押しする
  4. 7 秒後にすべてのキーを離して電源を入れる
T2チップを搭載してないMac

対象のMacはこちら。

  • MacBook Pro(2009 年中期から 2017 年に発売されたモデル)
    • ただし、MacBook (13-inch, Mid 2009) は除く。
  • MacBook Air(2017 年以前に発売されたモデル)
  • MacBook (全モデル)

SMCリセットをする手順はこちら。

  1. MacBook Proをシャットダウン
  2. 次のキーを全部押す
    1. キーボードの左側の「shift 」キー
    2. キーボードの左側の「control 」キー
    3. キーボードの左側の「option」キー
  3. 上記 3 つのすべてのキーを押し続ける。このとき電源ボタンも長押しする
  4. 10 秒後にすべてのキーを離して電源を入れる

SMCリセットしてもユーザー保存のデータは消えない

SMCリセットをしても、ユーザーが保存しているデータが消えることはありません。

その点は安心して大丈夫です。

MacBook Proの一部の設定はリセットされます。

SMCについて

SMC(System Management Contorller)であるシステム管理コントローラは、電源系の動作に関する管理ができてます。

具体的には以下の機能を管理してます。

・電源 (電源ボタンや、USB ポートへの電源供給も含む)
・バッテリーと充電
・ファンやその他の熱管理機能
・ステータスインジケータランプ (スリープ状況、バッテリーの充電状況など)、緊急モーションセンサー、環境光センサー、キーボードバックライトなどのインジケータやセンサー
・ノートブックコンピュータの蓋を開閉した際の動作

アップルサポート「Mac の SMC をリセットする方法」

アップル診断(Apple Diagnostics)

キーボードやトラックパッド、ディスプレイなどハードウェアに問題があるかどうか診断するツール、アップル診断(Apple Diagnositcs)がMacにはついてます。

Apple サポートへの問い合わせ方法も案内してくれる

Apple Diagnostics は問題に対する解決策を提案してくれます。

そして、Apple サポートへの問い合わせ方法も案内してくれます。

Apple Diagnostics の使い方

アップル診断(Apple Diagnositcs)の使い方はこちら。

  1. 作業ができる落ち着いた場所にMacBook Proを設置
  2. MacBook Proに接続している機器を全部外す
  3. MacBook Proをシャットダウン
  4. MacBook Proの電源をいれ、すぐに「D」キーを押したままにする
  5. MacBook Proの診断中であることを示す進行状況バーが画面にでてくる
  6. 2から3分ほど診断を待つ
  7. 問題が見つかると、推奨する解決策とリファレンスコードが画面にでてくる。リファレンスコードはここでメモをとる
  8. 次にできること
    1. テストを繰り返す(command + R キーを押す)
    2. 修理サービスやサポートのオプションなど詳しい情報を確認する(command + G キーを押す)
    3. 再起動する(R キーを押す)
    4. システム終了する(S キーを押す)

8のbで詳しい情報を確認すると、Safariを通じてAppleのサポートに状況を伝えることになります。

またApple Diagnostics で生成されるコードから、エラーの内容がわかります。

⇒ Apple Diagnostics:リファレンスコード(Apple公式サイト)

まとめ。

MacBook Proの調子が悪いときにできることを紹介しました。

ここまでやっても改善しない場合は、アップルサポートに連絡するしかありません。

過去の経験では、Appleのサポートは丁寧に対応してくれる印象です。
Apple Storeのgenius barに持っていけば、対面での対応なのでなお安心。

⇒ Apple サポートへのお問い合わせ(Apple公式サイト)

以上、みなさまの助けなれば幸いです。

初稿 2020/10/08

タイトルとURLをコピーしました