【Mac編】効率アップキーボードショートカット集【一目置かれる】

【Mac編】効率アップキーボードショートカット集【一目置かれる】 PC

こんにちは、ミックです。

11年間のプログラマ系SEとして勤務。毎日パソコンでキーボード入力を実施。

キーボードで作業をしているとき、早く入力や処理をしたくなったりしませんか。キーボードのショートカットキーを使いこなすと作業効率が格段にあがります。例えば、コピーアンドペーストなどです。

ここでは、知っておくだけで作業効率がアップするショートカットキーを紹介します。

効率が格段にアップキーボードショートカットキー集

これだけ知っておけばキーボードを使った作業の効率が格段にアップします。

操作ショートカットキー
コピーcommand + C
カットcommand + X
ペーストcommand + V
全選択command + A
テキスト検索command + F
アプリ切り替えcommand + tab
保存command + S
アンドゥcommand + Z
リデゥshift + command + Z
画面ロックshift + command + Q
スクリーンショットshift + command + 5
強制終了command + Q

⇒ その他のショートカット集(アップル公式)

「保存」は、使うクセを付けておけば編集中のファイルを保存できて便利です。アプリの強制終了といった不慮の事故を防げます。

「画面ロック」は、席を外すときに便利です。ソーシャルリークを防げます。

ショートカットキーが重要な理由

ショートカットキーを使う重要な理由が2つあります。

ひとつは、同じ動作を続けることができます。ここでいえば、キーボードから手を離さないで済むと言うこと。

もうひとつは、時間の節約になります。

例えば、ショートカットキーを使った操作が、2秒。
マウスを使った操作が、5秒。この差は、3秒。
これを1日100回繰り返したとしたら、5分(300秒)。

つまり、ショートカットキーを使えるようになったら1日5分節約できます。

5分にフォーカスを当てた書籍もあるくらいです。

5分で頭の運動をしてみたり…

5分で人脈を増やしてみたり…

人より1日5分早ければ、それだけ早く進んだり成長できたりするということです。

逆も同じで、人より1日5分遅れれば積み重なって差をつけられてしまいます。

また、なれるまでは指先が思うように動かないと思います。

でも大丈夫です。なんども繰り返していくうちに指先が動くようになります。

私自身も、何度も繰り返して身につけました。最初は、キーボードを見ながらやるので、マウスでやるより遅かったくらいです。

以上、みなさまの助けとなれば幸いです。

初稿 2020/06/14

タイトルとURLをコピーしました