【スマホ】ネットで邪魔な広告を消す方法【ほとんど消せる】

【スマホ】ネットで邪魔な広告を消す方法【ほとんど消せる】 SmartPhone

こんにちは、mickです。

・インターネットの広告が邪魔
・間違って広告をクリックしてしまう
・広告とWebサイトの記事が区別できない

こんなことを解決していきます。

スマホの広告が邪魔なのは間違ってクリックするから

Google画像検索ででてきた邪魔な広告たち
Google画像検索ででてきた邪魔な広告たち

スマホでWebサイトを見てると突然画面に出てくる広告。
ニュースをみているのに全く関係がない漫画の広告。
「無料」と称してアプリを紹介してくる広告。

ユーザーの意図しない広告は邪魔でしかありません。

広告が邪魔な理由はこれ。

間違ってクリックする

私にはこんな経験があります。

・Webページのリンクと思って画像をクリックしたら違うWebサイトに移動した
・画面のしたから「無料」という広告がでてクリックしたらアプリのインストールに移動した
・画面の真ん中に広告が出てきて間違ってクリックしてしまった

こういった広告は、ユーザーが間違って押しやすい場所や目に付きやすい場所にでてきます。

ユーザーの意図しない広告ほど邪魔で嫌なことはありません。
そもそもユーザーが誤ってタップしてしまいそうなところに設置するケースも。

ユーザーが間違ってクリックするテクニックを使って、フィッシング詐欺さえも行われています。

私の家族も「これ無料って出てるけれど押していいの?」と何度も聞かれます。
広告だから無視して、とは伝えるものの、使ってる側からすると気になったり不安になるようです。

広告を消す「×」ボタンがあっても小さすぎて押せませんよね。

そこでスマホの広告を消していきたいと思います。

スマホの広告を消す方法

スマホの広告を消す方法としてAndroid、iPhone(iOS)そしてタブレットでも使える方法を紹介します。

具体的な方法:「Firefox」アプリと「ublock origin」アドオン

Android、iPhone(iOS)そしてタブレットのどれでもインストールができる無料アプリ「Firefox」を使います。
開発元はMozilla。初版であるパソコンのFirefoxが作られたの2002年。開発には歴史があります。

「Firefox」は「Safari」や「Chrome」と同じWebサイトを見ることができるブラウザアプリです。
Android版は、世界で1億以上ダウンロードされている実績があります。

さらに「Firefox」の機能を拡張する「ublock origin」が邪魔な広告を消してくれます。

Firefox

Firefox

Mozilla無料posted withアプリーチ

Androidなら「Playストア」から、iPhone(iOS)なら「App Store」からダウンロードできます。

ここからは、Android環境で説明を進めます。

「Playストア」から「Firefox」をインストール

PlayストアからFirefoxをインストールする
PlayストアからFirefoxをインストールする

Googleアプリの「Playストア」を使います。

Playストアからアプリをインストール
Playストアからアプリをインストール

検索ボックスから「Firefox」を探します。

「firefox」で検索
「firefox」で検索

「Playストア」アプリ>「検索:Firefox」

Firefoxをインストールする
Firefoxをインストールする

「Firefox」アプリが出てきます。「インストール」をタップしてアプリのインストールを開始します。

Firefoxのインストールが始まる
Firefoxのインストールが始まる

「Firefox」を開いて「ublock origin」を追加する

Firefoxを使う
Firefoxを使う

「Firefox」のインストールが終わったら「開く」をタップして「Firefox」を使っていきます。

Firefoxのメニューを開く
Firefoxのメニューを開く

「Firefox」のメニューからアドオンの追加をしていきます。

メニューからアドオンをタップ
メニューからアドオンをタップ

画面右下(もしくは右上)にあるメニューから「アドオン」をタップします。

uBlock Originを追加する
uBlock Originを追加する

おすすめの中に「ublock origin」があります。「+」をタップして追加します。

許可するものとして追加する
許可するものとして追加する

追加のとき許可を求められるのでそのまま「追加」します。

プライベートブラウジングモードの動作を設定する
プライベートブラウジングモードの動作を設定する

追加が終わると「プライベートブラウジングモードでの動作を許可する」かきかれます。

プライベートブラウジングモードでの動作を許可する
プライベートブラウジングモードでの動作を許可する

これは許可する(オンにする)にしておきましょう。

uBlock Originが有効になった
uBlock Originが有効になった

これで広告を削除することができるようになりました。

「Firefox」のデータ収集をオフにする

「Firefox」は無料アプリです。開発元は、ユーザーの利用動向が知りたいのでデフォルトでは、ユーザーが特定できない程度に情報を収集することになっています。
目的は主にアプリ開発のため。

これをオフにしていきます(これは「Safari」や「Chrome」でも似たようなことはしている)。

Firefoxの設定からデータ収集を変更する
Firefoxの設定からデータ収集を変更する

画面右下(もしくは右上)にあるメニューから「設定」をタップします。

データ収集の設定を変更する
データ収集の設定を変更する

「データ収集」の項目があるのでこれをタップ。

データ収集のデフォルトはオン
データ収集のデフォルトはオン

デフォルトはすべてオンになっています。

すべてのデータ収集をオフにする
すべてのデータ収集をオフにする

すべてのチェックをオフにします。

「Firefox」をデフォルトブラウザにする

こだわりがなければ「Firefox」をデフォルトアプリにしておきましょう。

デフォルトアプリにしておけばLINEに送られてきたURLをクリックしたとき、自動的に「Firefox」を使うことができます。

ここでは、Huaweiのスマホを例に設定しています。

「設定」>「アプリ」>「デフォルトアプリ」

Androidの設定を開く
Androidの設定を開く

Androidの「設定」アイコンをタップして設定画面を開きます。

アプリからデフォルトアプリの設定を変更する
アプリからデフォルトアプリの設定を変更する

「アプリ」からアプリ全般の設定へ行きます。

デフォルトアプリの設定を変更する
デフォルトアプリの設定を変更する

デフォルトアプリの設定を変更していきます。

ブラウザのデフォルトアプリを変更する
ブラウザのデフォルトアプリを変更する

デフォルトアプリのなかで「ブラウザ」に関する設定を変更します。

Firefoxをタップすると確認画面がでる
Firefoxをタップすると確認画面がでる

ブラウザの一覧から「Firefox」をタップすると確認画面(ヒント)がでるので「変更」をタップ。

デフォルトアプリがFirefoxになった
デフォルトアプリがFirefoxになった

デフォルトブラウザが「Firefox」になりました。

おつかれさまでした。

ツールバーの位置を変える

「Firefox」のURLなどのツールバーは画面下にあるのがデフォルトです。

これをSafariやChromeのデフォルトである画面上に変更する場合は次のようにします。

「Firefox」>「メニュー」>「設定」>「カスタマイズ」

ツールバーの位置は設定のカスタマイズから変更できる
ツールバーの位置は設定のカスタマイズから変更できる

ここでツールバーの位置を変更することができます。

まとめ。

「Firefox」にあるアドオンは、すべて「Firefox」の開発元Mozillaが許可したもののみが追加できるようになっています。
そのため安全して使えるといっていいと思います。

さらに安全にスマホでネットするシークレットモード(プライベートモード)という方法もあります。

以上、みなさまの助けなれば幸いです。

初稿 2020/09/09

タイトルとURLをコピーしました