【簡易】eSIMとSIMカードの比較【迷ったらSIMカード】

【簡易】eSIMとSIMカードの比較【迷ったらSIMカード】 SmartPhone

こんにちは、mickです。

11年間のプログラマ系SEとしてIT系企業に勤務。

楽天モバイルの契約を通じてeSIMに始めて関わりました。
eSIMにはまだ慣れていないのでSIMカードと何が違うのか調べてみました。

eSIM = スマホ一体型SIMカード

SIMカードは、その名の通りカード状のチップのことです。
これをスマホに挿入して始めて機能します。

eSIMは、スマホ一体型のSIMカードと思ってもらっていいと思います。

あらかじめスマホに入っているので、通信会社と新規契約したり機種変更したりしたときでもSIMカードを入れ替える必要はありません。

eSIMとSIMカードのメリット/デメリット

eSIMとSIMカード、それぞれのメリットとデメリットを考えてみました。

eSIMのメリット

  1. 申し込み後、QRコードの読み取りなどですぐに使えるようになる
  2. スマホを紛失しても、再発行の手続きが早くて簡単
  3. ネット申し込みですぐに使える

eSIMのデメリット

  1. アクティベーション(利用開始手続き)にWi-Fiなどの通信環境が必要
  2. 対応機種が少ない
  3. モノでないが紛失などでの再設定に手数料がかかる

SIMカードのメリット

  1. 対応機種が多い
  2. アクティベーションにWi-Fiなどの通信環境が不要
  3. 海外のインターネットの主流

SIMカードのデメリット

  1. スマホを紛失したとき、再発行に時間がかかる

iPhoneならeSIMが利用しやすい

iPhoneは、最近の機種のほとんどがeSIMに対応しています。

対応機種は、iOS 12.1 以降を搭載した iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降

引用:Apple公式より

具体的には以下のiPhoneが該当します。(2020年6月時点)

  1. iPhone SE(第2世代)
  2. iPhone 11
  3. iPhone 11 Pro
  4. iPhone 11 Pro MAX
  5. iPhone XS
  6. iPhone XS Max
  7. iPhone XR

Androidは、対応機種が少ないです。(2020年6月時点)

  1. Google Pixel 4
  2. Google Pixel 4 XL
  3. Rakuten mini

まとめ。自分はSIMカード派

私は、海外を放浪しているとき滞在国のSIMカードを毎回買ってました。
SIMカードなので、スマホに挿入して設定すればすぐに使えて便利でした。

海外の多くの国では、プリペイドSIMカードがコンビニや売店で買えます。
eSIMと違いWi-Fiなどの通信環境が使えなくてもすぐに使えて便利です。

海外のSIMカードは、お土産にもなって気に入っています。
なので私は、まだしばらくSIMカードをメインに使っていくと思います。

以上、みなさまの助けなれば幸いです。

初稿 2020/06/30

タイトルとURLをコピーしました