【Bitwarden】個人プランとビジネスプランの違い【先に個人プラン】

【Bitwarden】個人プランとビジネスプランの違い【先に個人プラン】 IT LIFE

こんにちは、mickです。

私はパスワード管理ソフトのBitwardenを使い始める前、個人プランとビジネスプランの違いがわかりませんでした
でも、違いや最初に何をしなければいけなかったのか、使ってるうちにわかってきました

個人プランとビジネスプラン、どっちを作ればいいの?

これを解決する投稿になっています。
内容がシンプルなので、3分程度で読めてしまう短めです。

Bitwardenの価格表では、個人プランは「Personal Plans」でビジネスプランは「Business Plans」となっています。

⇒ Bitwarden Plans and Pricing

とにかく最初は個人アカウントをつくる

個人で使おうが、ビジネスで使おうが、最初につくるアカウントは決まっています

個人アカウントです(無料版でOK

個人アカウントをつくったら、初めてビジネスアカウントがつくれるようになります。

個人アカウントをつくったら、初めてビジネスアカウントがつくれるようになる
個人アカウントをつくったら、初めてビジネスアカウントがつくれるようになる

つまり、Bitwardenのビジネスアカウントをつくりたかったら、個人アカウントをつくらないとダメ。
Bitwardenでは「ビジネス」のことを「組織」と翻訳されています。

個人プランをつくったらできるのが個人アカウント。
ビジネスプランをつくったらビジネスアカウント。

ビジネスアカウントをつくるには、個人アカウントが必要
ビジネスアカウントをつくるには、個人アカウントが必要

ビジネスアカウントは個人アカウントの集まり

ビジネスアカウントは、個人アカウントの集まりです。

無料版のビジネスアカウントは、2名まで共有できます。
つまり、個人アカウントを2つまで追加できるというわけです。

この2つには、自分の個人アカウントが含まれています
だから、実質追加できるのはあと1つの個人アカウントのだけになります。

課金するならどっち?

自分一人しかBitwardenを管理しないないなら、個人プランの方を課金したほうがいいです。

理由は安さ。

  • 個人プランの課金は、年額10ドル
  • ビジネスプランの課金は、月額1ユーザーあたり3ドル
    (年額換算で1ユーザあたり16ドル)

個人プランとビジネスプランの違いは、共有機能に関する部分がほとんど。
だから、自分一人しかBitwardenを使わないなら、個人プランの方をアップグレードします。

もちろん、個人プラントビジネスプランの支払いは、別々にできるようになっています。

⇒ Bitwarden Plans and Pricing

まとめ。

個人プランとビジネスプランの違いを簡単に紹介しました。

あらためていうとBitwardenでは、とにかく最初は個人アカウントをつくります
ビジネスアカウントをつくるには、個人アカウントが必要だからです。

個人アカウントをつくるのも3分で終わります。
興味のある方はまずつくってみるのが正解です。

記事を読んでくれて嬉しいです。
今日もありがとうございました。

初稿 2021/02/20

タイトルとURLをコピーしました