【簡単・無料】BASEは独自ドメインが使える【設定方法紹介】

【簡単・無料】BASEは独自ドメインが使える【設定方法紹介】 IT LIFE

こんにちは、mickです。

無料でネットショップを簡単に開設できるBASE
BASEは独自ドメインを設定することで、完全な自社ブランド化も簡単。

ここでは、実際にBASEで独自ドメインを設定することがあったので、その経験を記事にしました。
この記事を読むとBASEで独自ドメインを設定するとき、実際にどうすればいいかわかります。

⇒ BASEの独自ドメインApp

BASEアプリで簡単に独自ドメイン(3分)

BASEには、BASE Appsというアプリが用意されています。
これを使うと、簡単にBASEに独自ドメインを設定できます。

事前設定をしたあとに実際にやってみると、3分程度でできます。

  1. BASEにログインする
  2. BASE Appsに行く
  3. 独自ドメインアプリをインストールする
  4. 独自ドメインを入力・保存する

これだけ。

独自ドメインサービスで事前設定

BASEで独自ドメインを設定する場合、自分が独自ドメインを取ったサービスで事前設定が必要。

⇒ お名前.comで管理しているドメインの設定方法

⇒ ムームードメインで管理しているドメインの設定方法

お名前.comやムームードメイン以外で取得したドメインも設定可能

お名前.comやムームードメインでないサービスで独自ドメインを取っていても、BASEに設定ができます。

CNAMEの設定をすればOK。
具体的には次を設定します。

ホスト名:www
TYPE:CNAME
VALUE:cname.thebase.in
DNS:ドメインサービスのDNSを使う

BASEでの設定

ここからは、BASEでの設定です。

BASEにログインする

BASEにログインする
BASEにログインする

まずはとにかくBASEにログインです。

BASE Appsに行く

BASEのApps(アプリ)へ
BASEのApps(アプリ)へ

BASEの上のメニューから「Apps」をクリックして移動します。

BASE Apps(アプリ)から 独自ドメイン を探す
BASE Apps(アプリ)から 独自ドメイン を探す

独自ドメイン Apps を探してクリック。

独自ドメインアプリをインストールする

独自ドメイン Apps をインストールする
独自ドメイン Apps をインストールする

独自ドメインを入力・保存する

ドメイン名を入力して保存する
ドメイン名を入力して保存する

ドメイン名を入力して、保存すればおしまいです。

設定が終わると自動的にSSL化が始まる
設定が終わると自動的にSSL化が始まる

SSL化(https)は、自動的に行われるので安心

だいたい、30分くらいでSSL化が完了してました。

トラブルシューティング

独自ドメインの設定で上手くいかないケースは次の通り。

  • ドメインに「www」が付いてない
  • CNAMEの設定が間違っている
  • CNAMEが設定中

それぞれ、BASEがエラーの内容を教えてくれるので、指示に従うと解決します。

ドメインに www が付いてないときのエラーメッセージ
ドメインに www が付いてないときのエラーメッセージ
CNAMEの設定が上手くいってないか、CNAMEの設定中
CNAMEの設定が上手くいってないか、CNAMEの設定中

まとめ。

実際にBASEで独自ドメインを設定した経験を紹介しました。

BASEでやるやることは、すごく簡単。

ドメインサービスでやる事前設定がちょっとだけハードルが高いかもしれないですね。
わからなかったなら、BASEがサポートしてくれるので、独自ドメインを使ったショップ開設も安心です。

記事を読んでくれて嬉しいです。
今日もありがとうございました。

初稿 2021/02/06

タイトルとURLをコピーしました