カスタムフィールドを使ったカスタムCSSとカスタムJS【Code Snippets版】

カスタムフィールドを使ったカスタムCSSとカスタムJS【Code Snippets版】 WordPress

こんにちは、mickです。

カスタムフィールドを使って好きな投稿や固定ページにだけCSSやJavaScriptを適用する、カスタムCSSとカスタムJavaScript。
前の記事ではphpファイルを直接編集しました。

この記事ではphpファイルを編集せずに安全に機能を追加できるプラグイン「Code Snippets」を使って実装していきます。

カスタムフィールドとCode Snippetsを使って実装

カスタムフィールドとCode Snippetsを使ってカスタムCSSとカスタムJavaScriptを実装していきます。

カスタムフィールドを表示する

WordPress5.5では非表示になっているカスタムフィールドを表示します。

「メニュー」>「オプション」

「詳細パネル」に「カスタムフィールド」があるのでチェックを入れればOK。

カスタムフィールドを表示する方法は画像付きで紹介している記事があります。

プラグインの Code Snippets をインストールして有効化

phpファイルを編集せずに安全に機能を追加できるプラグイン Code Snippets をインストールします。

「プラグイン」>「新規追加」>「検索:Code Snippets」

Code Snippets
サイトにコードスニペットを追加するための、簡単、クリーン、そしてシンプルな方法。

インストール後は有効化してすぐに使えるようにします。

Code Snippets でカスタムフィールドのカスタムCSSを使う

Code Snippets を使ってカスタムフィールドのカスタムCSSを使えるようにしていきます。

Code Snippets を使わない場合は、header.phpに記述するphpコードになります。

メニューのSnippetsからAdd New

WordPressメニューにある「Snippets」から「Add New」をクリック。

「WordPressメニュー」>「Snippets」>「Add New」

ここからカスタムフィールドのカスタムCSSを使う機能を追加していきます。

カスタムフィールドのカスタムCSSを使う機能を追加

Code Snippetsからカスタムフィールドを使ったカスタムCSSを使う
Code Snippetsからカスタムフィールドを使ったカスタムCSSを使う
  • Add New Snippet
  • Code
  • Description

この3つを入力すればOK。

Add New Snippet

追加する機能の名前を入力します。Code Snippets のリストにはこの名前で載ります。

Code

追加する機能のphpコードを入力します。

add_action('wp_head', 'cf_custom_css_code');
function cf_custom_css_code(){
  if (is_singular())
  {
    $post = get_queried_object();
    $headinsert = get_post_meta($post->ID, 'custom_css_code' ,true);
    if($headinsert)
    {
      echo '<style>';
      echo $headinsert;
      echo '</style>';
    }
  }
}

カスタムフィールドのカスタムCSSを使うには次のコードをコピペします。

Description

追加する機能の説明を入力します。この説明文は、Code Snippets のリストに載ります。

投稿や固定ページのカスタムフィールドにCSSを書く

カスタムフィールドにCSSをコーディングします。

  • 名前は「custom_css_code」
  • 値に自分の書きたいCSSをコーディング
カスタムフィールドで編集中のページにだけ反映するCSSをコーディング

これで好きな投稿や固定ページにだけCSSを反映させることができるようになりました。

Code Snippets でカスタムフィールドのカスタムJavaScriptを使う

Code Snippets を使ってカスタムフィールドのカスタムJavaScriptを使えるようにしていきます。

Code Snippets を使わない場合は、footer.phpに記述するphpコードになります。

メニューのSnippetsからAdd New

カスタムフィールドのカスタムCSSと同様に「Add New」で機能を追加していきます。

カスタムフィールドのカスタムJavaScriptを使う機能を追加

Code Snippetsからカスタムフィールドを使ったカスタムJavaScriptを使う
Code Snippetsからカスタムフィールドを使ったカスタムJavaScriptを使う
  • Add New Snippet
  • Code
  • Description

カスタムフィールドのカスタムCSSと同じように3つを入力すればOK。

Add New Snippet

追加する機能の名前を入力します。Code Snippets のリストにはこの名前で載ります。

Code

追加する機能のphpコードを入力します。

add_action('wp_footer', 'cf_custom_js_code');
function cf_custom_js_code(){
  if (is_singular())
  {
    $post = get_queried_object();
    $footer_insert = get_post_meta($post->ID, 'custom_js_code' ,true);
    if($footer_insert)
    {
      echo '<script>';
      echo $footer_insert;
      echo '</script>';
    }
  }
}

カスタムフィールドのカスタムCSSを使うには次のコードをコピペします。

Description

追加する機能の説明を入力します。この説明文は、Code Snippets のリストに載ります。

投稿や固定ページのカスタムフィールドにJavaScriptを書く

カスタムフィールドにJavaScriptをコーディングします。

  • 名前は「js_css_code」
  • 値に自分の書きたいJavaScriptをコーディング
カスタムフィールドで編集中のページにだけ反映するJavaScriptをコーディング

これで好きな投稿や固定ページにだけJavaScriptを反映させることができるようになりました。

まとめ。

カスタムフィールドを使ったカスタムCSSとカスタムJavaScriptをWordPressのプラグインCode Snippetsを使って実装する方法を紹介しました。

これは、ヘッダー部分とフッター部分にCSSやJavaScriptのコードを入れるための練習のために実装しました。

好きな投稿や固定ページにだけCSSやJavaScriptを適用させたいときは、前回の記事のようにカスタムフィールドを使わない方法のがスマート。

よければ参考にしてみてください。

以上、みなさまの助けなれば幸いです。

初稿 2020/10/29

タイトルとURLをコピーしました