カスタマイズの追加CSSの保存先(保存場所)はココ【WordPress】

カスタマイズの追加CSSの保存先(保存場所)はココ【Wordpress】 WordPress

こんにちは、mickです。

WordPressをテスト環境から本番環境に移すとき、【カスタマイズ】にある【追加CSS】。
これってどこに保存してるんだろうかと常々考えてました。
そんなとき、テスト環境のトラブルでログインできなくなり、バックアップを取っていなかった、追加CSSの存在に焦りました。

テーマファイルに保存してないのは知っていたから

となると、冷静に考えれば保存先って決まってますよね。

はい、データベースの中に追加CSSはある

カスタマイズの追加CSSはデータベースの中

カスタマイズの画面にある追加CSSは、データベースの中に保存されていました。

つまりFTPではダウンロードができない

ちょっとハードルが上がっちゃいますね。
データベースの中に保存されている追加CSS。
だから、FTPを使ってファイルをダウンロードするというわけにはいかないわけです。

具体的な場所:wp_postsテーブルの中

追加CSSはWordpressデータベースのwp_postsの中にある
追加CSSはWordpressデータベースのwp_postsの中にある

WordPressのデータベースの中に【wp_posts】があり、この中にカスタマイズの追加CSSはあります。

無料版のxfree にもphpMyAdminはついている
無料版のxfree にもphpMyAdminはついている

※多くのレンタルサーバーでは、【phpMyAdmin】というツールで、Wordpressのデータベースの中身を見ることができる

追加CSSは、テーマごとに保存しているので、複数ある場合があります。
そんなときは、項目【post_titlet】でテーマのフォルダ名が入っているのでそこをみればOK。
さらに、それさえも複数ある場合は、項目【post_date】を見て、最後に追加CSSを触ったころのものを探せばOK。

※複数あるのは、過去のバージョン(リビジョン)としてWordpressが残しているから

追加CSSを発見
追加CSSを発見

まとめ。

カスタマイズの追加CSSの保存先(保存場所)について紹介しました。

カスタマイズの追加CSSは、WordpressのフォルダやWordpressのテーマの中に保存するようになっていないので注意。

特に、Wordpressのバックアップをとるときが注意。

そのときは、データベースの内容(またはカスタマイズの追加CSS)もバックアップをする必要があることがありますね。


参考URL:WordPressの「追加CSS」メニューの使い方

記事を読んでくれて嬉しいです。
今日もありがとうございました。

初稿 2021/07/28

タイトルとURLをコピーしました