WordPressをメンテナンスのための表示が簡単にできるプラグイン【WP Maintenance Mode】

WordPressをメンテナンスのための表示が簡単にできるプラグイン【WP Maintenance Mode】 WordPress

こんにちは、mickです。

WordPressをメンテナンスのためWebサイトを見せたくない
Webサイトに大幅な変更を加えるのでその間は見せたくない
Webサイトに影響を与えず簡単にメンテナンス画面にしたい

こんな要望に応えます。

メンテナンス中のお知らせを表示するプラグイン

WordPressならプラグインを入れるだけで簡単にメンテナンス中である画面をWebサイトに来てくれたユーザーに伝えることができます。

しかもWebサイトの内容に影響を与えないのでオススメ

具体的な方法:WP Maintenance Mode を使う

WP Maintenance Mode
サイトにスプラッシュページを追加して、訪問者がメンテナンスでサイトが停止している事がわかります。coming soon ページに最適です。

WordPressのプラグイン「WP Maintenance Mode」を使えば簡単にWebサイトがメンテナンス中であることをユーザーに伝える画面を表示できます。

ボタンひとつでメンテナンス画面を切り替えられる

WP Maintenance Modeならボタンひとつでメンテナンス画面といつものWebサイトを切り替えることができます。

しかも、WordPressにログインしているような管理者はそのままの画面

プラグインをインストールして有効化する

まずはプラグインをインストールして有効化します。

「プラグイン」>「新規追加」>「検索:WP Maintenance Mode」

WP Maintenance Mode をインストールする
WP Maintenance Mode をインストールする
WP Maintenance Mode を有効化する
WP Maintenance Mode を有効化する

Webサイトをメンテナンス画面に変更する

実際にWebサイトの画面をメンテナンス画面に変更していきます。

「設定」>「WP Maintenance Mode」

「一般」タブの「ステータス」を「有効化」に切り替えます。

有効化してWebサイトの画面をメンテナンス画面に変更する
有効化してWebサイトの画面をメンテナンス画面に変更する

あとは「設定を保存」すればOK。

設定を保存しておく
設定を保存しておく

メンテナンス画面を確認する

WordPressからログアウトしてからWebサイトにアクセスすると、メンテナンス画面が確認できます。

WP Maintenance Mode を使って表示したメンテナンス画面
WP Maintenance Mode を使って表示したメンテナンス画面

WordPressにログインしていれば、いつも通りのWebサイトを確認できます。

メンテナンス画面をカスタマイズする

「設定」>「WP Maintenance Mode」

「デザイン」タブからメンテナンス画面のタイトルや見出し、内容を変更することができます。

メンテナンス画面は簡単にカスタマイズできる
メンテナンス画面は簡単にカスタマイズできる

変更した後は「設定を保存」をクリックして設定を反映させます。

検索エンジンがメンテナンス画面をインデックスしないようにする

メンテナンス画面が検索エンジンにのってしまうと、Webサイトに来てくれようとしたユーザーが離れていってしまいます。

そこで、メンテナンス画面が検索エンジンにインデックスしないようにします。

「設定」>「WP Maintenance Mode」

「一般」タブの「Robots Meta タグ」を「noindex, nofollow」に切り替えます。

メンテナンス画面をnoindex, nofollowにして検索エンジンにのせない設定にする
メンテナンス画面をnoindex, nofollowにして検索エンジンにのせない設定にする

あとは「設定を保存」すればOK。

まとめ。

WordPressをメンテナンスのための表示が簡単にできるプラグイン「WP Maintenance Mode」を紹介しました。

WP Maintenance Mode なら2ステップでWebサイトをメンテナンス画面にできます。

  1. プラグインをインストールして有効化する
  2. メンテナンス画面を有効化する

簡単に試せてWebサイト自体に影響は与えない。
つまり失敗はないのでぜひ試してみてください。

記事を読んでくれて嬉しいです。
今日もありがとうございました。

初稿 2020/12/25

タイトルとURLをコピーしました