【プログラム不要】次の記事、前の記事をカテゴリーごとにする方法【WordPress】

【プログラム不要】次の記事、前の記事をカテゴリーごとにする方法【WordPress】 WordPress

こんにちは、mickです。

このブログは、特化Webサイトではないため、カテゴリーもいくつかあります。

現在は、パソコンやスマホ、WordPressなどIT関係
それから、世界一周の記録が主なコンテンツになっています。

特に、世界一周の記録では、時系列が重要になるために「次の記事」「前の記事」がとても大切になっています。

WordPress には、Cocoon を使っています。

別のテーマなら PHP をいじる必要がありそうでしたが、Cocoon ならボタン操作だけで「カテゴリーごとに、次の記事、前の記事、を設定」できました。

ここでは、その設定方法を書いています。

Cocoon ならプログラム不要

WordPress の無料テーマ、Cocoon を使えばカテゴリーごとに「次の記事」「前の記事」を設定できます。

設定場所は、ページ送りナビ設定

カテゴリーごとに「次の記事」「前の記事」を設定するのは、「ページ送りナビ設定」で行います。

「Cocoon設定」>「投稿」>「ページ送りナビ設定」

「Cocoon 設定」から「投稿」へ
「Cocoon 設定」から「投稿」へ
「ページ送りナビ」へ
「ページ送りナビ」へ
「同一カテゴリーのものを表示する」にチェックをいれるだけ
「同一カテゴリーのものを表示する」にチェックをいれるだけ

これで同じカテゴリーごとで「次の記事」「前の記事」がでるようになりました。

同じカテゴリーごとで「次の記事」「前の記事」がでるようになった
同じカテゴリーごとで「次の記事」「前の記事」がでるようになった

子カテゴリーでなく親カテゴリーごとにまとめたいなら

カテゴリーごとを「親カテゴリーごと」にしたかったら、各記事には、親カテゴリーと小カテゴリーの両方にチェックしておく必要がありました。

親カテゴリーでまとめたいなら、親カテゴリーにチェックが必要
親カテゴリーでまとめたいなら、親カテゴリーにチェックが必要
親カテゴリーごとにまとめた
親カテゴリーごとにまとめた

テーマが Cocoon でないとき

使っている WordPress のテーマが Cocoon でない場合で、かつテーマに同じような機能がないなら、自分で PHP を書く必要があります。

その場合は、次のような記事が参考になります。

WordPressのブログ記事に「前の記事へ」と「次の記事へ」のリンクを設置する | SINCE

WordPress:「前の記事」「次の記事」7つのカスタマイズ方法 | ITTI STAFF BLOG

WordPressで記事前後のリンクを同じカテゴリに絞ってリンクする方法 | それからデザイン STAFF BLOG

まとめ。

WordPress で次の記事、前の記事をカテゴリーごとにする方法を紹介しました。

無料テーマの Cocoon を使っていたらボタンだけで設定できて超簡単。

記事を読んでくれて嬉しいです。
今日もありがとうございました。

初稿 2021/06/30

タイトルとURLをコピーしました