初期ドメイン公開フォルダ直下にインストールすることができません、の対処法【さくらインターネット】

初期ドメイン公開フォルダ直下にインストールすることができません、の対処法【さくらインターネット】 WordPress

こんにちは、mickです。

さくらインターネットで WordPress をインストールしようとしてあるエラーに悩まされました。

初期ドメイン公開フォルダ直下にインストールすることができません。
WEB公開フォルダを変更するサブディレクトリを設定する必要があります。

今回は、この解決方法の紹介です。

WordPress インストール時のエラー

さくらインターネットで WordPress のインストール
さくらインターネットで WordPress のインストール

さくらインターネットでは WordPress のクイックインストールが使えます。
「これがあれば WordPress のインストールは楽勝」
なんて思ってたんですけどね、見慣れないエラーに手間取ってしまいました。

初期ドメイン公開フォルダ直下にインストールすることができません

初期ドメイン公開フォルダ直下にインストールすることができません
初期ドメイン公開フォルダ直下にインストールすることができません

さくらインターネットで独自ドメインを使って WordPress をインストールしようとして出たエラーがこちら。

初期ドメイン公開フォルダ直下にインストールすることができません。
WEB公開フォルダを変更するサブディレクトリを設定する必要があります。

えーっと思ってたら、あらかじめ設定するべき場所がありました。

解決方法:ドメイン設定の変更

設定するべき場所は、「ドメインの設定」にありました。

Web公開フォルダを変更すればOK

ドメイン/SSL の設定

ドメイン/SSL の設定
ドメイン/SSL の設定

設定場所は、ドメイン/SSLにあります。

「ドメイン/SSL」 > 「設定」

これから WordPress をインストールしたいドメインの「設定」をしていきます。

Web公開フォルダの設定

Web公開フォルダを変更すればOK
Web公開フォルダを変更すればOK

ドメインの設定にある「Web公開フォルダ」を変更していきます。
他のドメインで設定している「Web公開フォルダ」と一緒でなければなんでもOK。

もし何に設定していいか迷ったら、今回は WordPress なので「wp」としておきましょう。

設定済みのWeb公開フォルダ
設定済みのWeb公開フォルダ

「保存」ボタンをクリックして設定を反映。
ドメイン/SSL でその設定内容を確認できます。

WordPress のインストールでエラーが出なくなった

Wordpress のインストールでエラーが出なくなった
WordPress のインストールでエラーが出なくなった

Web公開フォルダを設定しておくと、Wordpress のインストールでエラーが出なくなりました。

もちろん、Wordpressへのアクセスは(例えば)「https://example.com/」のようになってます。

まとめ。

「初期ドメイン公開フォルダ直下にインストールすることができません」の対処法を紹介しました。

設定する場所さえわかれば簡単でした。

ドメイン設定でWeb公開フォルダを設定する

これだけ。
同じエラーで困っている人がいたらぜひ試してみて欲しいです。

記事を読んでくれて嬉しいです。
今日もありがとうございました。

初稿 2021/06/19

タイトルとURLをコピーしました