コーヒーを飲むのを3週間以上やめてみた結果

コーヒーを飲むのを3週間以上やめてみた結果 LIFE STYLE

こんにちは、mickです。

世界放浪で得た経験を生活に反映する一環として、やっていることがあります。

コーヒーを飲む量を減らす

旅中は、日本にいるときよりも体調に気をつかいながら生活していたせいもあってか、旅中はだいたい体調はよかったんですよね。
お腹の調子もよかったし、寝るのも起きるのも、コントロールしやすかった。

日本で生活するときと、旅をするときは条件が違いすぎるし、要因が複数あって切り分けが難しい。
旅中の食生活なんで、節約旅でしたから、ジュースやお菓子で済ませることもあって決して健康的とはいえない。

それでも、日本にいるときよりは調子がよかったと思っています。

旅中、コーヒーは嗜好品であり高級品なのでなかなか飲む機会がありませんでした。
紅茶の方が安く手には入って飲みやすかったんです。
国によっては、ひと月コーヒーを飲まなかったこともよくありました。

ということで、家族が病院で検査を受ける際にコーヒー禁止になったのをきっかけに、コーヒーを飲むのを止めてみました。

結論から先にいっておきます。

疲れにくくなって体の調子がよくなっています

日本に戻ってからコーヒーを飲み始めて止めるまで

日本に戻ってからコーヒーをよく飲むようになっていきました。
もともと、よくコーヒーを飲む方だったので、その反動かと。

インスタントコーヒーを買って、1日に10杯弱

日本に戻ってからがぶ飲みしていたコーヒー。
だんだんと飲まないと気が済まない状態に陥っていたと思います。

もともと、コーヒーに含まれるカフェインを継続的に摂取すると軽い依存をする可能性もあったため、自分も軽い依存状態になっていたのかもしれません。

個人的には、自分は同じカフェインを含む緑茶を読んでもそんなことにはならないので、コーヒーには飲み続けてしまう何かある気がしてます。香りもいいし。

量を減らそうと思ってもなかなか減らせなかった

どこかおかしいと思いながらもコーヒーは飲み続けていました。

朝食後、昼食後、お菓子を食べるとき、夕食後、お口直しに、などなど。
何かにつけてコーヒーを口にしてました。
インスタントコーヒーなので、手軽に飲めてしまっていたというのも原因だったと思います。

家族の病院検査に合わせてコーヒーを止めた

家族が病院検査するのに食事制限がかかりました。
食事制限の中にコーヒーがあったので、合わせて自分もコーヒーを飲むのを止めることにしたわけです。

コーヒーを止めて翌日から頭痛が

他の人がコーヒーを止めたことを記事にしていた中にもありましたがコーヒーを、特に急に止めると頭痛がするようになったという報告があります。

自分も同じように頭痛がではじめました。
(この頭痛とコーヒーとの因果関係は、はっきりしてないそうです)

自分の場合、頭痛が収まるまで10日前後かかりました。

コーヒーを飲まずにすむ(紛らわす)方法

自分がコーヒーを飲まずにすむようにした方には、こんなのがあります。

  1. 緑茶やそば茶を飲む
  2. 水を飲む
  3. すぐに歯をみがく

緑茶やそば茶を飲む

すぐに思いつくのがコーヒーにかわる温かい飲み物を飲む方法。

それで自分は、身近にあった緑茶やそば茶をよく飲んでいます。
特に、そば茶にはカフェインが入っていないので摂取するカフェインを減らすのにはちょうどよかったです。

水を飲む

水もよく飲むようになりました。
水分補給のつもりでコーヒーを飲まないように、普通に水をのむわけです。

すぐに歯をみがく

コーヒーをお口直しに飲んでしまう、ということでさっさと歯を磨いてしまおうというわけです。
一度歯を磨いてしまえば、コーヒーを飲むテンションを下げることができました。

コーヒーを止めて3週間で自分に起きた変化

コーヒーを3週間やめてみて、自分に起きた変化があります。

  1. コーヒーを飲むことに執着しなくなった
  2. 食後のだるさが軽減された
  3. 入眠がよくなった
  4. トイレの回数が減った

コーヒーを飲むことに執着しなくなった

まずはこれ。コーヒーを飲みたい、という気持ちがかなり小さくなりました。
一時は、コーヒーを飲まないと気がすまない状態だったと思います。

食後のだるさが軽減された

食後にコーヒーをよく飲んでいたせいか、食後はいつも食べ疲れみたいなのを感じていたんですよね。
食後にコーヒーを止めて、そば茶や水にすることでかなり軽減されました。

入眠がよくなった

寝付きがよくなった気がしています。
布団に入ったあとの比較的すぐに眠るようになったと思います。

トイレの回数が減った

コーヒーを飲んでいたころより、半分の頻度にトイレの回数が減りました。
それに映画館で映画を見るとき、どこかトイレの心配を感じていましたが、解放されています。

コーヒーとは上手に付き合っていきたい

コーヒーは、健康にいい情報もあるので上手に付き合っていきたいと考えています。
コーヒーの香りも大好きなので。

コーヒーを1日に2、3杯習慣的に飲む人は、コーヒーを飲まない人と比べてガンになる割合が低い調査結果があります。20年間12万人を対象に調査した結果、コーヒーを習慣的に飲む女性は、コーヒーを飲まない女性と比較すると、心臓病による死亡率が約25%低く、その他の試飲も約18%低いことがわかりました。

コーヒー効果・効能が凄まじい!!飲む事で得られるメリット・デメリット!

いま私が実施しているコーヒーとの付き合い方はこれ。

  1. 自宅や職場ではインスタントコーヒーを置かない
  2. コーヒーショップで買ったコーヒーだけ飲む
  3. 食後やお付き合いで出されたコーヒーはいただく

まとめ。飲んでも1日1杯まで。

コーヒーを飲むのを3週間やめてみた結果を紹介しました。

1日に何倍もコーヒーを飲まずにはいられない方は、減らしてみることをやってみて欲しいと思います。

開放感があります。

ちなみに今日、3週間以上ぶりにコーヒーを1杯飲みました。
飲んだのは、外食したときに出てきた食後のコーヒーです。
やっぱりコーヒー美味しいなって思います。

いままでが飲み過ぎだったので、なにごともほどほどがいいってことですね。

10日間コーヒーをやめてみた、私の体に実際に起こったこと

コーヒーを飲むのをやめると、脳と身体にどのような変化が起こるのか?

カフェインを摂らなくなると、7つのうれしい変化あり!

記事を読んでくれて嬉しいです。
今日もありがとうございました。

初稿 2021/03/28

タイトルとURLをコピーしました