Macbook Pro や Air のお気に入りのキーボードカバーは TPUタイプ。シリコンタイプはオススメしない

Mac Tips PC

こんにちは、mickです。

Macbook Pro Late 2016 を買ってからは、ずっとキーボードカバーを使っています。理由は、キーボードがフラットキーボードでタイピングの感覚が好きになれないからです。

そこで、キーボードカバーをつけるとだいぶ和らいだタイピングをすることができます。4つほどキーボードカバーを使ってみるとわかったことがあります。それが、自分が TPUタイプのキーボードカバーが好き、ということ。

ここでは、いままで TPUタイプを2回、シリコンタイプを2回使った経験を踏まえて書いています。Macbook系のノートパソコンのキーボードカバーは、ピンキリですが、自分は1000 〜 1500円の範囲で買っています。

TPUタイプのキーボードカバーが好きなわけ

キーボードカバーには、材質によって大きく2種類あると思います。それが、TPUタイプとシリコンタイプです。この2つの材質のキーボードカバーを実際に使ってみて、独断と偏見で、2つを評価して比較しました。

TPUタイプシリコンタイプ
打鍵感○○
耐久性××
掃除のしやすさ×
ディスプレイとの相性×××

打鍵感

打鍵感は、シリコンタイプの方がいい感じ。シリコンの柔らかさが、タッチしたときに心地いいです。TPUタイプも悪くはないですが、柔らかさではシリコンには負けていると思います。

耐久性

赤い方がシリコンタイプのキーボードカバーで、使うと塗装がはげてくる
赤い方がシリコンタイプのキーボードカバーで、使うと塗装がはげてくる

耐久性は、TPUタイプが普通。シリコンタイプは、あまりよくないと思います。シリコンタイプが、あまり良くない理由は、キーボードカバーの柔らかさと薄さのせいで、シリコンが延びちゃう。おかげで、パソコンのキーボードにフィットしなくなる点がマイナスです。また、シリコンタイプは、カラーリングがはげてきます。

掃除のしやすさ

掃除のしやすさは、TPUタイプが普通。シリコンタイプは、耐久性のこともあって、掃除をするとシリコンが延びてきてしまいます。

ディスプレイとの相性

ディスプレイとの相性、というのはノートパソコンの場合、画面を閉じたときにキーボードカバーの汚れがどれくらい写り込みやすいかということ。これは、TPUタイプの方が汚れが写りにくいですね。シリコンタイプは、汚れやすいため、結果的にディスプレイにも汚れが移りやすいです。

キーボードカバーを使わない方がいい?

ネット検索していたら、次のような記事を見つけました。

MacBookにキーボードカバーを使ってはいけない理由 | lifehack

記事の内容をかいつまむと、キーボードカバーを使ってはいけない理由は2つ。

  1. 放熱性能が落ちる
  2. ディスプレイによくない

この2つは確かに Yes です。Macbook系は、キーボード部分も放熱に利用しているため、ここをカバーしてしまうと放熱性能は落ちます。また、ディスプレイについては、閉じたときにキーボードカバーがディスプレイに干渉してしまうからですね。

自分の場合は、5年使ってても放熱性能が落ちた結果故障が起きているわけでないこと。またディスプレイには、フィルムを貼り付けるため、ディスプレイは保護しているしてあるので、キーボードカバーが干渉しても問題ないです。

シリコンタイプを使うシーン

シリコンタイプを使うシーンを自分なりに考えてみました。それは、Macbook系を家に据え置いて、ディスプレイを開けっ放しにしている状態です。シリコンタイプは、打鍵感は、いいのでこういう使い方ならありだと思います。

まとめ。

自分のお気に入りのキーボードカバーは TPUタイプで、シリコンタイプは人にオススメしないことを記事にしました。

紹介したように、TPUタイプのキーボードカバーがオススメです。ただ、使ってみないとわからない点もあるので、ぜひ両方試して欲しいと思います。まあ、最初に買うのは結局 TPUタイプがいいかなぁ。

記事を読んでくれて嬉しいです。
今日もありがとうございました。

初稿 2021/12/15

タイトルとURLをコピーしました