【標準機能】Macで画像を簡単に変換する方法【PNG, JPEG】

【標準機能】Macで画像を簡単に変換する方法【PNG, JPEG】 PC

こんにちは、mickです。

Macで画像ファイルをPNGやJPEGに変換したい
新しくアプリをダウンロードしたくない
初心者でもできるようにクリックだけがいい

こんな要望に応えます。

Mac標準アプリの プレビュー で変換

Macには、画像を見るための画像ビュワーアプリ プレビュー が標準でインストールしてあります。

これを使うことで、簡単に画像ファイルをPNGやJPEGなどに変換することができます。

Macのスクリーンショットでは、結果をPNGに保存することになります。
ブログで使おうと思うと多くの場合、ここからJPEGに変換することになります。

そこでここでは、PNGファイルをJPEGに変換していきます。

PNGファイルを プレビュー でJPEGに変換

画像ファイルを プレビュー で開きます。

Macの標準アプリ プレビュー で画像ファイルを開く
Macの標準アプリ プレビュー で画像ファイルを開く

初期設定のままなら、画像ファイルをダブルクリックするかreturnキーでそのままプレビューで画像ファイルが開きます。

「メニュー」>「ファイル」>「書き出す…」

画像ファイルを書き出す...
画像ファイルを書き出す…

書き出すウィンドウが開きます。

JPEGで画像ファイルを書き出す(保存する)
JPEGで画像ファイルを書き出す(保存する)

ここで保存先と新しいファイル名を決めます。
そして「フォーマット」は「JPEG」にします。

「品質」を変更すると、画質を犠牲にしてファイルサイズを変えることができます。
通常は、触らなくて大丈夫。

「保存」をクリックしておしまいです。

おつかれさまでした。

PNGからJPEGに変換するとサイズは小さいのに画質は気にならない

サイズや画質の変化は画像ファイルと「品質」に依存します。

PNGとJPEGのファイルサイズ
PNGとJPEGのファイルサイズ

今回の例では、PNG「5MB」からJPEG「462KB」と約10分の1にファイルサイズが小さくなりました。

左:PNG、右:JPEG
左:PNG、右:JPEG

画質も変化は気にならないレベル。

まとめ。

ブログでは、画質をそのままにファイルサイズを小さくすることは大切。
PNGがJPEGよりも小さくなるケースもあります。

画像ファイル次第でPNGも ImageOptim を使って圧縮するとかなり小さくできます。
JPEGより小さくなることも。

PNGとJPEGをうまく使い分けたいですね。

以上、みなさまの助けなれば幸いです。

初稿 2020/09/20

タイトルとURLをコピーしました