【旅の記録】ブラショフから行くモルドバのキシナウ:ルーマニア:モルドバ【128 – 1】

モルドバ

11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録

2017年5月出発した旅のことを、記憶と記録を頼りにつづってみようと始めました。
書き方などはだんだん良くなるはず(笑)なので、見守っていただけると嬉しいです。
※途中、記憶違いや文章の構成的にフィクションが入るかもしれません。ご容赦ください。

巡った順序 → 日本 → (韓国) → ロシア → フィンランド → スウェーデン → デンマーク → ノルウェー → エストニア → ラトビア → リトアニア → ベラルーシ → ウクライナ → ポーランド → ドイツ → チェコ → オーストリア → スロバキア → ハンガリー → ルーマニア → モルドバ → (沿ドニエストル共和国) → モルドバ → 続く…

初めての方はコチラから → 11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録と記憶

【この日の内容は、記録が長かったので2回に分けています(前半)】

こんにちは、mickです。

ルーマニアのブラショフから、モルドバの首都キシナウに移動した日。
ブラショフのバスターミナルで午前中に出るバスを探したのは、キシナウ到着が夜になるのを嫌がったから。
お昼にでるのに乗っても、到着は21時くらいになる。モルドバの治安について、悪い噂は聞いていなかったけれど、やっぱり夜につくのは怖い。

結局、お昼からしかバスが無かったので、それに乗って移動。
たまたま同じホステルだった、フランス人と同じバスになったので、それが心強かった。彼も同じ心境だったみたいで、それが余計によかった。

モルドバでのホステルは、ひと悶着ありそう、着いてすぐにそう思った。

日付:2017年9月23日(土)ブラショフから国境を超える

日付:2017年9月23日(土)
地域:ブラショフ、キシナウ
天候:曇りのち晴れ

お別れの朝

早朝出発のための早起き。正直、8:30のバスがあるかもわかっていない。が、やってみるしかない。周りはまだ寝ている。前日に準備を済ませていたので、充電機器くらいがしまうものになる。

下に降りると、Rさんが起きたところ。先の話を聞くと、ベオグラードに向けて、ティミショアラに移動するそうだ。寂しいが、我々は旅人。各々のチョイスは尊重したい。残念だけれど、彼女とはお別れだ。

ハグして、荷物をもち出発。Kくんは、まだ寝ている。雨が降りそうな空。少し肌寒い。とうとうブラショフともお別れ。気に入っていたので少し寂しい。

バス探しの最後の賭け

バスターミナルに近づいた頃、雨がポツポツと降り始める。到着してみるとバスが1台停まっていた。期待が膨らむ。ドライバーにきくと、キシナウ行きは12時だという。どうやら、到着便の様子。ほかは、19時か21時という。それも毎日。

困った。インフォメーションの人にも尋ねるが、8:30はない。12時、19時、21時の3便のみだという。Webでの情報は、嘘だった。8:30を過ぎるまで居ても何も変わらない。雨は少しひどくなってきた。

次は12時の便。到着は、21時頃になるが、他の選択肢はなかった。時間まで待ってもよかったが、朝食もあるし、Kくんとも話せると思って、重たい荷物を持って、ホステルへ戻った。雨もひどくならなかったので、そのまま買える。半ば、ぼーっとしていた。安全な地域で助かった。

ホステルに戻って体勢を立て直す

ホステルに戻って、朝食を食べて、おやつを作り、共有スペースでくつろぐ。特に何をするわけでもないが、少し早く起きたのでぼーっとしていた。出発が迫ってきても、Kくんの姿が見えないので、部屋に行き、古都の成り行きを話しした。

彼とは、キシナウで再会できるはずなのだが、どうも反応が悪い。ツッコミはしなかった。彼は週末に向けてのバスキングに燃えていた。

時間になり、彼にお別れをいって出発。丁度、同じように出発をしたRさんとすれ違う。ベッドでゆっくりしたようだ。
「(あなたが)戻っていたことを知っていたら、寝なかったのに」
そう言ってくれるだけ、ありがたい。

価値観を変えるということ

またこの道をいくのか、と。不思議な感想だった。バスターミナルには、出発便が来ていた。ドライバーにお金とパスポートを渡して、手続きをする。70レイ(当時、約2100円)で、領収書には、パスポートNo.と名前がついていた。

ホステルでも行ったのに、トイレに行きたい。バスターミナルのトイレは、1レイ(当時、約30円)かかる。意地でも支払いたくない。トイレに。でも周囲に立ちションする場所も見当たらない。そこで、ふと思う。いつもと違う自分。日本の常識を超えた行動をする。そう思うと、すんなり1レイを払って用をたした。ただ、バスチケットを持っていたら無料で使わせてほしいものだ。

補足

旅日記を応援してもいい方へ

最後まで読んでくれてありがとうございます。嬉しいです。
このブログは、広告料で維持しています。

普段のオンラインでの買い物を、下のリンクをクリックしてから買っていただくだけでOK。
私のモチベ維持にもつながるので、可能な範囲でよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました