【旅の記録】雨で見送るシギショアラ:ルーマニア【125】

ルーマニア

11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録

2017年5月出発した旅のことを、記憶と記録を頼りにつづってみようと始めました。
書き方などはだんだん良くなるはず(笑)なので、見守っていただけると嬉しいです。
※途中、記憶違いや文章の構成的にフィクションが入るかもしれません。ご容赦ください。

巡った順序 → 日本 → (韓国) → ロシア → フィンランド → スウェーデン → デンマーク → ノルウェー → エストニア → ラトビア → リトアニア → ベラルーシ → ウクライナ → ポーランド → ドイツ → チェコ → オーストリア → スロバキア → ハンガリー → ルーマニア → モルドバ → (沿ドニエストル共和国) → モルドバ → 続く…

初めての方はコチラから → 11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録と記憶

こんにちは、mickです。

シギショアラで延泊した日。
結構雨が続いて、部屋でゆっくりすることが多かった。
おかげで、日記を進めることができた。

時計塔、前日に買ったチケットで入れたのはラッキー。
というか、普通シギショアラはデイトリップするものなんだろう。
連日使いたい、なんていう人いないわな。
大事なのは、受付の人に正直に話したらすんなりOKもらえたというところかな。
たまたま日本人のご夫婦と話すことができたけれど、やっぱり嬉しかったな。

日付:2017年9月20日(水)

日付:2017年9月20日(水)
地域:シギショアラ
天候:雨

大雨のシギショアラ

今朝も雨の音がする。こういうとき、自分は自然に、休め、といわれていると捉えている。なので、外に出ないで日記を進めることにした。だから、1人部屋は便利。この日もなにか夢を見たのだけれど、内容はスッポリ抜け落ちていた。

今日は、コーヒーないだろうな、そう思っていたら、いつもより遅れてオーナーは置いておいてくれた。距離感があり、直接渡してくることはない。

雨がなかなか止まなくて、昼過ぎまで続いた。おかげで進めることができた日記。それでも、スロバキアやハンガリーの思い出に追いつくにはまだまだだった。昨日、ジョンの時計塔から撮った写真をみたとき、自分は撮っていない、旧市街の街並みを撮っていないと気づいた。

昨日のチケットで無料で入る時計塔

それで再び時計塔にいくことにする。この午前中は、大雨。ジョンは朝早くに移動したはず。だから少し心配だった。彼のホステルの口コミが今も続いているなら、オーナー夫婦が駅まで送ってくれたはずだが。

15時前に出発。晴れ間が見える。2回も入場料を払いたくなかったので、前回のチケットでごまかそうかやってみる。なんてことはできず。
「(正直に)スタッフにもう1回入れてくれないかな」
「いいよ」
とあっさり。サクッと展望台まで行って、今度はたっぷり写真を撮った。日本の友だちが喜べばいい、そう思いながら。

日本人ご夫婦に遭遇

ここでめずらしく日本人のご夫婦と出会った。ルーマニアをまわって、ブカレスト、ブラショフ、そしてシギショアラ。明日にはブカレストに戻るそうだ。変な人がいる、そう思われていたが、そうみえるらしい。

久しぶりに日本人に会えて、やっぱり嬉しかった。2人はあっさりしたもので、すぐにお別れとなった。時計塔の閉まる、16時まで堪能して、買い物へ。1レイ(当時、約30円)のチョコレートと、インスタントラーメンを保存食としてゲット。外のロマの物乞いがしつこくて気持ち悪かった。

気に入ったカフェマルティーニで最後の晩餐

ホステルに戻って休憩。遅くなる前に、夕食へ。結局、カフェマルティーニにいくことに。そして、パスタを注文した。ダニエルは、自分の名前を覚えておいてくれた。

トマトソースのスパゲティがうまい。彼には悪いが、今日もお酒はナシだ。今回、初めて自分からチップをあげた。
「明日もまた来てくれるかい?」
「いや、明日はもう出発なんだ」
自分は、寂しいな、と伝えたが彼は苦笑い。なにか違うニュアンスで伝わっていたら面倒やな、そう思った。

彼と握手して別れ、ホステルに向かうと、突然雷と雨が。よかった、早めに食事に出ていて。それでも激しくなっていく雨。急いで部屋に戻った。

気に入ったけれど滞在費が高いから移動

いよいよ明日は、ここシギショアラを離れる日。お金がかからないなら、もっといたい。そんな場所に出会えた。外は風が強くないものの、雷と雨がすごい。その中で、片付けをして寝る準備を整えたあと、日記を嵐の中で書き続けた。

シギショアラのホステルに着いた日。そして、各泊でやったこと、そして明日離れる寂しさ。いろいろな想いを巡らせながら夜を過ごした。TVの映画は、今日はやっていない。出発の合図に感動した。

補足

旅日記を応援してもいい方へ

最後まで読んでくれてありがとうございます。嬉しいです。
このブログは、広告料で維持しています。

普段のオンラインでの買い物を、下のリンクをクリックしてから買っていただくだけでOK。
私のモチベ維持にもつながるので、可能な範囲でよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました