Visual Studio で 出力ウィンドウを出す(閉じたときの対処方法)

Visual Studio Tips PROGRAMMING

こんにちは、mickです。

Visual Studio で「出力」ウィンドウにはいろんな機能のメッセージが表示されます。

  • C# なら「 Console.WriteLine 」
  • C++なら「 std::cout 」
  • Java なら「 System.out.println 」
  • C や Ruby 、 Python なら「 print 」

こういった関数やメソッド、ストリームを使うことで、でてくる情報が「出力」にでてきます。

Visual Studio の出力ウィンドウ
Visual Studio の出力ウィンドウ

「出力」ウィンドウを閉じてしまったとき

もし、「出力」ウィンドウを閉じてしまったときは、2つの方法でもとに戻すことができます。
ひとつめは、メニューから。ふたつめは、ショートカットキーから。

メニューの場合は、「表示」ー「出力」
ショートカットキーの場合は、「Ctrl + Alt + O」

ショートカットキーの「O」は、ずばり「Output」の「O」ですね。
プロジェクトビルド時に常に「出力」を表示する
プロジェクトをビルドしたときに必ず 出力 ウィンドウが表示されるようにする方法もあります。

メニューの「ツール」ー「オプション」

オプションのダイアログボックスを出します。そこから。

「プロジェクトおよびソリューション」ー「全般」にある、「ビルド開始時に出力ウィンドウを表示」をオンにしておけばOK

まとめ。

Visual Studio で 出力ウィンドウを出す(閉じたときの対処方法)を紹介しました。

「出力」ウィンドウは、Visual Studio を使うときに、デフォルトででているもの。一度消してしまうと、焦ることがあります。
「あれ、どうやって出力ウィンドウだせるんだっけ」

変なところに時間を使うのももったいない。ぜひ事前にやり方を確認しておくことがオススメです。

[出力] ウィンドウ | Microfost

記事を読んでくれて嬉しいです。
今日もありがとうございました。

初稿 2021/11/27

タイトルとURLをコピーしました