【旅の記録】ブダペストの旧市街、温泉、郷土料理が食べられる食べ放題のお店:スロバキア:ハンガリー【112 – 1】

スロバキア

11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録

2017年5月出発した旅のことを、記憶と記録を頼りにつづってみようと始めました。
書き方などはだんだん良くなるはず(笑)なので、見守っていただけると嬉しいです。
※途中、記憶違いや文章の構成的にフィクションが入るかもしれません。ご容赦ください。

巡った順序 → 日本 → (韓国) → ロシア → フィンランド → スウェーデン → デンマーク → ノルウェー → エストニア → ラトビア → リトアニア → ベラルーシ → ウクライナ → ポーランド → ドイツ → チェコ → オーストリア → スロバキア → ハンガリー → ルーマニア → モルドバ → (沿ドニエストル共和国) → モルドバ → 続く…

初めての方はコチラから → 11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録と記憶

【この日の内容は、記録が長かったので2回に分けています(前半)】

こんにちは、mickです。

スロバキアのプレショフから、ハンガリーの首都ブダペストに移動した日。
スロバキアのスピシュ城がある、スピシュキーポドライエで出会った日本人2人を加えて、3人で移動。

ブダペストでも半分は行動を共にした。1人なら味わえないことが、3人でいることでできた。ここ数日の記憶は、結構いいもので、いまでも思い出せるくらい。

やっぱり一番は、キラーイ温泉。旅に出て初めての温泉は超テンション上がった。

日付:2017年9月7日(木)長い1日

日付:2017年9月7日(木)
地域:プレショフ、ブダペスト
天候:曇り

朝早い移動

朝、早いものの個室だから周りを気にせずに起きられた。結構スッキリしていて、サクッと出発の準備ができた。忘れ物のチェックをしっかりして出発。チェックアウトの人は、チェックインのときと同じおばさんだった。

少し肌寒いが、ウルトラライトダウンを着るまではいらない。人はまばらだが見かけた。女性や子供も。仕事や学校だろう。曇りで薄暗いのもあって、足早に歩みを進めた。バス停からは多くの人が乗り降りしていた。日本でいうと通勤ラッシュ。どの時間帯でも物乞いはいるようで、お金を求める女性が1人。みためはめちゃくちゃ太っているのに、お金って。自分の理解を超えている。

チケットカウンターのおばさんに、念の為今日乗るFlixbusの場所を聞いてみた。
「プラットフォーム1番だよ」

バスでプレショフからブダペストへ4.5時間

7:10にはバスが到着。まだT君はこない。自分は先に、バスに荷物を載せてチェックインを済ませた。T君が発車時間になってもこなかったら運転手に話しして待ってもらおうか、そう思っていたら彼が来た。しかも、Hさんと一緒に。ちょうど、そろそろ彼はブダペストに着くころ、そう考えていた矢先のことだった。

バスに乗り込んでから事情をきく。車内はこれまでのFlixbusの中では最高ランク。シートピッチが広いのだ。中階段前とか最高。もちろん、そこに陣取った。その周りにHさんとTくんが座る。人が少ないから、2シート確定だ。

Hさんは予定を変えたみたい。ホーロークにいくとブダペストが観てまわれないから、もうブダペストにいくことにしたんだとか。それで余裕を持ってスピシュキーポドレイエで1泊。月明かりの下のスピシュ城の夜景がみれたことを喜んでいた。Tくんと写真を取り合ったのを知ってうらやましかった。それに、ヒッチハイクをあのど田舎でやってみたらしい。2人で。自分のいないところで楽しいことやりすぎ!ジプシーたちが車上荒らししていて、ビビった下りとか最高。

スロバキアのプレショフから、ハンガリーのブダペストまでは、このバスで4.5時間。たっぷりと彼と話せる。どうやら、バスのコンセントに電気が通っていなくて使えないらしい。アジア人の女性の姿があった。Hさんが充電したがっていたから自分のモバイルバッテリを貸した。Tくんはひとり、お菓子を食べていた。

Hさんは、語学留学でアイルランドのダブリンに居る。6か月単位で学校を変えて、今では18か月になるそうだ。バイトに対して寛容で、滞在をオススメされた。自分と同じように仕事を辞めているそうだ。ライアンエアーが格安で、それを利用して今回の旅があるんだとか。今では、コシチェにいけなかったのを、自分たちの出会いのためだと受け取っていた。

年齢は自分と近そうだ。自分のことも話して、お互い親近感を得ていた。バスは、コスチュ、ミシュコルツで停車。人の移動も大きくなくて順調。本当、このバスでの移動は最高だった。お昼にはブダペストに着くこのバス。HさんやTくんと3人でブダペストも過ごしたくて、夜の温泉と食事を約束した。自分は、SIMカードが入っているからいつでも連絡くれと。Sシのときもそうだったが、Hさんもまた新しい友だちになる、そんな気がした。

バス車内の後半は、寝ていた。自分はスマホでブダペストのことを調べることもした。まずお金、現金が必要だ。さらに、SIMカードもおさえておきたかった。スロバキアのTモバイルのSIMカードは、調子がよくてハンガリーでも使える。速度も早い。

ハンガリーの首都ブダペスト

ハンガリーはブダペストのバスターミナルに到着。Hさんが空港へのバスを探すが、ここはなさそう。ここは国際バスターミナルのネピュレゲートだから。彼のタバコ休憩のあと、Googleマップに従って、銀行を探す。建設ラッシュなのか、そういう建物以外はバスターミナルの周囲には何もなかった。

バスターミナル周辺で銀行を探すけど、道を思い切り間違ってしまう。それでバスターミナルについているメトロ駅に戻った。券売機をよくみると、クレジットカードが使えるので、それぞれのホステルにいけることになった。M3のメトロはボロボロにみえた。Hさんは、ブダペストはロンドンについで2番目にメトロが開通したとか。Hさん、自分、そしてTくんの順番で下車していった。あとは、彼らの連絡を待つだけだ。

ここブダペストのメトロの検札は厳しい。入り口に必ずといっていいほど係の人が居る。非効率と思うのだけれども。メトロから地上に上がるとほぼ中心近くで、人で賑わっていた。

地図アプリのmaps.meを頼って、ホステルに向かう途中で銀行を見つけた。ATMを使って20000フォリント(当時、約10000円)を下ろしたら、20000フォリント札が1枚でてきた。コントかよ。ということで、銀行の係の人に細かく替えたもらった。

旧市街の真ん中にある気に入ったホステル

ホステルの立地は旧市街の中にあってかなりいい。ほとんど真ん中かな。階段をのぼると黒い柵があって通れない。あれ、間違ったかなと思ってしたに降りる。したにいた男性は上だ、という。でも、柵が、と自分。おばさんが犬の散歩にいくところらしく、ちょうど柵をあけてくれて通れた。ふう。おばさんは、ホステルの扉をノックしてレセプションの人を呼んでくれた。周囲の人にも理解されているホステルのようだ。ワルシャワは、ホステルのシールがはがされている。それもシールが剥がされたのは、1度だけじゃなかったし。なにかありそうだったから。

スタッフの女性は、REKAさん。とても丁寧に対応してくれた。ただ、現金しか使えないのがはてなマーク。Booking.comではOKをだったのに。4泊64.52ユーロか。いい値段。なんか3人でお風呂とご飯を楽しみたかったから、それぞれに約束というかリマインドで連絡しておいた。

長距離バスの移動、新しい土地で疲れを感じて少し休憩。今回の宿は、2段ベッドじゃない。それに窓側だ。いい感じ。冷蔵庫に誰かが置いていったっぽいお酒の缶がある。
「REKAさん、これって誰かが置いていったやつじゃない?飲んでいい?」
「他の部屋の人も使うから。フリーってわけじゃないと思うわ」
2日ほどほっておいて、残っていたら手を付けてしまおうか。

ハンガリーで使えるSIMカードのおかげで、2人からの連絡はどこでも受け取れる。だからただ待つだけじゃなくて、自分の好きなことをしに出発した。ホステルのとなりに住むおばさんの犬がかわいい。シーズーかな。

SIMカード、マクドナルド、ポストカードのミッションを済ませる

ホステルの部屋は、建物の3階。毎回階段を登り降りすることになる。ホステルは、旧市街のドマン化兄あり、外に出ればすぐににぎやかな通りが広がる。地元の人というより、観光客がたくさんいる通りだ。道の前には、レストランやお土産屋、マッサージのお店などが並ぶ。ドナウ川にも近い。

小腹がすいたから、早速マクドナルドミッションを実行しにいく。ビッグマックのセットで、1340フォリント(当時、約670円)と少し安い。そして味は普通。ここの利用者は、観光客が多そう。今回は、ついにボーダフォンのSIMカードを買おうと思って、Googleマップに従っていった。地図アプリのおかげで迷ったことはない。ブダペストもあちらこちらで工事をしていて、歩きにくい道がときどきある。

地下鉄博物館に近いところにあるボーダフォンのお店。入店すると人が5、6人待っていて、自分も30分、40分かかるということだった。この用事は早く済ませて置きたかったから、待つことにした。番号札があるわけではないので、どう順番を管理しているのかはわからなかったからドキドキして順番をまった。

少し体格の大きいお兄さんが対応してくれた。ここのSIMカードは、100MBで3500フォリント(当時、約1750円)、1GBで4000フォリント(当時、約2000円)、2GBで4500フォリント(当時、2250円)とめちゃくちゃ高い。ハンガリー、スロバキア、オーストリア、とまだSIMカードは大量に残っているから、100MBの3500フォリントを頼んだ。
まじかよ。
そういう顔をするお兄さん。自分も逆の立場ならそういう反応したかも。
「実は、学割プランというのがあってね。2GBを4000フォリントだ。このプランを使ってもいいと、マネージャーがいっているよ」
「そうなんだ。ならそれでお願いします」
謎の値下げ術である。SIMカードはカードのセットアップには時間がかかって、全部で1から1.5時間かかった。SIMカード買うのに過去最高で時間かかったな。

ボーダフォンでSIMカードを買う手続きをしている間、Tくんから連絡が入っていた。鉄橋の辺りで落ち合わないか、ご飯よりも先にお風呂にいかないか、というもの。自分はHさんを待ちたかった。ボーダフォンのお店から近くの郵便局で切手を入手。こういった各国でやっている最も大変なことを初日に済ませられるのはいい。しばらく、Tくんとこのあとどうするか連絡を取り合っていた。

ホステルでの関わり

一度、ホステルに戻るためにドナウ川沿いを歩いていく。ドナウ川からは、ブダ城がよく見える。クルーズ船の割引をして誘う人が居た。途中に通った公園の前には、ホームレスがたくさん。ジプシーも少々。

教会の中を散策。英語の紙を写メって戻す。しばらく中をみていると、係のおじさんがこの英語の紙を持ってきてきてくれた。このおじさんの行動や気持ちが嬉しかった。ひとつの無償の行動。それを見せてもらえた。別の川に近い教会は、有料ため中には入らず。ホステルに戻って少し休む。

今度は、買い物に出発。4泊するからね。ホステルのすぐ近くにスーパーはないから、10分くらい歩いてあるお店まで行った。前にサトシがクレープを買っていたのを思い出して、自分も買ってみる。マスカットが緑だし。あとは、パンに牛乳、水とインスタントラーメン、野菜ジュース。いつものように、測り用の袋を失敬して持って帰る。

ホステルのキッチンでは、ハンガリー人のピーターと話をした。ホームレスの多さは問題になっているというハンガリー。確かに公園の周りやメトロの地下にはその姿が多くあった。人手を必要、労働力を必要としている事業がこれから進む計画があって、ましになるらしい。
「それでも、ジプシーはどうなるだい?」
「彼らは、お金を持っているドイツとかに流れるから大丈夫だよ」
とかなんとか。

スロバキアは隣で、大問題なのに大きな違いだ。確かにブダペストではジプシーをあまりみかけない。自分の仕事について色々きかれたけれど、うまく答えることができなかった。英語のフレーズはシンプルなのに、彼の英語を解釈できなかったからだ。それで会話が終わってしまったという流れ。少しもったいない。

ハンガリーの温泉、キラーイ温泉へ

Tくんは、自由に動いている。Hさんもそうに違いない。自分は、SIMカードが入っているから外を散歩しながら彼を待つことにした。ドナウ川の近くをふらふら。ブダ城の写真を撮っていたら、Hさんからメッセージが入った。鎖橋のたもとで落ち合うことになった。

Tくんは、先に温泉にいっている。キラーイ温泉。鎖橋に向かう途中、写真を撮ってHさんを待った。20分くらいで付きそうなのだが、30分経ってもまだこない。彼は、Wi-Fiでないとネットが使えないし、困った。「たもと」って自分の解釈が会っているのか不安になってググったくらいだ。

鎖の近くでは、たくさんの人が写真を撮っている。ここは有名な鉄橋だ。アジア人も多い。中国、韓国、インド、トルコなど。Hさんが思ったより遅いから、焦り始めていた。30、40分たってやっと合流。遅れているのに、彼の要求する写真を撮って、Tくんの居るキラーイ温泉に歩いて向かう。Hさんとは、歳が違いことがわかる。彼の提案で敬語を止めた。

キラーイ温泉までは、鎖橋から歩いて15から20分。キラーイ温泉の受付が終わるのが20時で、迫っていた。が、Hが写真を撮りたいというので付き合ってゆっくり歩いた。彼は明日、飛行機でベルギーのブリュッセルに発ってしまう。またしばらく会えないと思うと、彼の要求を断ることはできない。いや、しなかった。

「いまここ」を感じていたかった。TくんもそうだがHも写真にこだわる。彼のダブリンでの生活、自分の仕事での時代の話をした。ブダペストの夜景が自分たちのたあいのない話に輝きを与えて、加えてくれていた。

(後半へ続く…)

ベストチョイスホステル
5人部屋1人ベッド 4泊+2泊

補足

旅日記を応援してもいい方へ

最後まで読んでくれてありがとうございます。嬉しいです。
このブログは、広告料で維持しています。

普段のオンラインでの買い物を、下のリンクをクリックしてから買っていただくだけでOK。
私のモチベ維持にもつながるので、可能な範囲でよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました