【旅の記録】シベリア鉄道での生活(2):ロシア【8】

【旅の記録】世界一周スタート:日本(次の目的地はロシア)【海外放浪】 ロシア

11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録

2017年5月出発した旅のことを、記憶と記録を頼りにつづってみようと始めました。
書き方などはだんだん良くなるはず(笑)なので、見守っていただけると嬉しいです。
※途中、記憶違いや文章の構成的にフィクションが入るかもしれません。ご容赦ください。

巡った順序 → 日本 → (韓国) → ロシア → フィンランド → スウェーデン → デンマーク → ノルウェー → エストニア → ラトビア → リトアニア → ベラルーシ → ウクライナ → ポーランド → ドイツ → チェコ → オーストリア → 続く…

初めての方はコチラから → 11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録と記憶

こんにちは、mickです。

シベリア鉄道で2回目の朝を迎えました。

車両は、この日もゆっくり走る。

この日もやることはシンプル。

寝るか、景色を見るか、人と話すか、食べるか。

その中でノルウェーのご夫婦や香港の旅の先輩と色々話させてもらった。
香港の旅の先輩は、旅の話をしてくれて自分の旅の楽しみが増えた。
ノルウェーのご夫婦からの質問は、日本のことを考えるきっかけに。

普段しないような会話のため、(英語を)理解するのに苦労した。
それでも、辛抱強く関わってくれたご夫婦の姿勢は、とても嬉しかった。

車窓から見えるロシアの地方の家々は、木の家が多く、都市部との格差が見て取れた。

日付:2017年5月26日(金)ロシアのシベリア鉄道車内(2)

日付:2017年5月26日(金)
地域:ロシアのシベリア鉄道001M車内
天候:晴れ

ひたすらのんびりした時間

シベリア鉄道2泊目の朝。日が登るところをトライしようとしたけれど、現地時間の6:30の時点でもだいぶ日が高かった。

ちょうど駅に停車していたので、外に出て朝の冷たい空気を吸う。他に人は、ほとんど居なかった。

部屋に戻って二度寝。そこからお昼近くまで寝てた。その間も長めの停車駅があったらしく、同質の家族は降りていったのを覚えている。

起きたあとは、昨日手つかずだった日記を書く。区切りのいいところにまで終わらせる。

列車が駅に停まると、こまめに点検が入る
列車が駅に停まると、こまめに点検が入る
朝に停まった駅
朝に停まった駅
空気は冷たく、朝の光がきれい
空気は冷たく、朝の光がきれい
シベリア鉄道は進む...
シベリア鉄道は進む…

旅の先輩と再び

また香港の旅の先輩に会いに行く。彼がかつてした旅の話を聞くために。

国境でもイラクに入国したことへの驚き。

シリアへの渡航(内戦が起きたのは2011年。彼が行ったのは10年以上前は平和だった)

シルクロードやコーカサス、中東などなど。

自分が興味の惹かれる国々が次々とでてきた。

シベリア鉄道の車両について。面白いことに空調は車両ごとに違うみたい。うちの車両は、エアコンがガンガンきいているが彼のところは効いてないという。

色々と話をしているとあっという間に過ぎる時間。また長めの停車駅が近づいてきたので、いったん部屋に戻った。

またあとで、食堂車でビールを飲もうと約束をして。

伝わらなかった美意識

自分の車両の車掌に、日本のお土産の千代紙をプレゼントした。
なお、反応はイマイチだった。しょんぼり。

別の駅に停車
別の駅に停車
シベリア鉄道の車窓
シベリア鉄道の車窓
田舎感がある
田舎感がある
小さな村だろうか
小さな村だろうか
列車のすれ違いはままある
列車のすれ違いはままある
川は日本とかなり違う印象
川は日本とかなり違う印象
田舎は道が大きな道を除くと舗装されていない
田舎は道が大きな道を除くと舗装されていない
ロシアの田舎
ロシアの田舎
家の様子から、地方はあまり裕福でないことがみてとれる
家の様子から、地方はあまり裕福でないことがみてとれる

いままで考えもしなかったこと

また、ノルウェーのご夫婦に連絡先を伝えに向かう途中の食堂車にいた。
食事中だったけれど、お邪魔していいというので席に座らせてもらう。

お酒も入っていたからか、つっこんだ話、皇室のことについてになってきた。

「mick、何が彼らを貴族(皇族)たるものにしてるのか、わかるかい」

合わせてノルウェー皇室についても話してくれた(だいぶ聞き取れてないけど)。

上の質問に対して、とても苦労した。なにせ質問を理解するのにも苦労したくらいだから。

自分の考えを一つ話すことができたと思う。

「皇室は、第二次世界大戦後に一般人として宣言させられて力も失ったが、日本人の意識が特別なものにしている」と。

自分なりの答えを聞けたことに、彼らは満足そうにしていた。
答えがでなかったら宿題になりそうだったからね、セーフ。

先の予定のこともあって、彼らがどの辺りに住んでいるのかを教えてもらう。

ノルウェーの首都オスロ周辺の交通事情は、日本と似ていて朝と夕方に混むらしい。
また、ウラン・ウデで会えればと、しばらくの別れを告げた。

連絡先を伝えて千代紙をプレゼントした。

ロシアの駅にはだいたい何かしらの像が立っている
ロシアの駅にはだいたい何かしらの像が立っている
シベリア鉄道の風景
シベリア鉄道の風景
歩道橋からの景色
歩道橋からの景色
少し大きめの駅に停車
少し大きめの駅に停車
ロシアは列車の編成がやばいぐらい長い
ロシアは列車の編成がやばいぐらい長い

貨幣コレクター・ジェネラル

また部屋で休んで、トイレで身体を拭いたあと、香港の旅の先輩が待ちきれずに約束を果たしにきてくれた。夕食もまだだったから、少し待ってもらう。

そうして準備していたら、同室のロシア人家族の旦那、ジェネラルが紙幣と硬貨コレクターらしくて、日本のお金とロシアのお金を交換してくれ、となった。

1511円を当時のお金のレートと同じでルーブルに交換。お互いのセルフィーを撮った。

貨幣コレクター・ジェネラル
貨幣コレクター・ジェネラル

最後の晩餐

香港の旅の先輩と、夕日を見ながらビールを飲む。
明日の朝、お別れだと思うと寂しい。

出会いがあれば、別れもある。

あたりまえのことなのに、日本だとあんまり考えなくなっていたな。

彼の今回の旅の先を効いて、またウラン・ウデでの宿の情報などを教えてくれた。
昔のことなので確認して、とも教えてもらった。

そして別れを言って、部屋に戻った。

今日が終わる...
今日が終わる…
夕日に染まる空の美しさは世界共通
夕日に染まる空の美しさは世界共通
左はロシア、右はチェコのビール
左はロシア、右はチェコのビール
ウラジオストクからウラン・ウデとウラン・ウデからイルクーツクの切符
ウラジオストクからウラン・ウデとウラン・ウデからイルクーツクの切符

補足

シベリア鉄道は禁煙

シベリア鉄道は、全席禁煙。
タバコを吸いたいときは、列車が駅に停車したときがチャンス。

シベリア鉄道は禁煙
シベリア鉄道は禁煙

ノルウェーの首都

北欧の国々のひとつ、ノルウェー。
首都は、オスロ。

旅日記を応援してもいい方へ

最後まで読んでくれてありがとうございます。嬉しいです。
このブログは、広告料で維持しています。

普段のオンラインでの買い物を、下のリンクをクリックしてから買っていただくだけでOK。
私のモチベ維持にもつながるので、可能な範囲でよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました