【旅の記録】クリコバのワイナリーツアーで記憶がなくなる:モルドバ【134 – 1】

モルドバ

11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録

2017年5月出発した旅のことを、記憶と記録を頼りにつづってみようと始めました。
書き方などはだんだん良くなるはず(笑)なので、見守っていただけると嬉しいです。
※途中、記憶違いや文章の構成的にフィクションが入るかもしれません。ご容赦ください。

巡った順序 → 日本 → (韓国) → ロシア → フィンランド → スウェーデン → デンマーク → ノルウェー → エストニア → ラトビア → リトアニア → ベラルーシ → ウクライナ → ポーランド → ドイツ → チェコ → オーストリア → スロバキア → ハンガリー → ルーマニア → モルドバ → (沿ドニエストル共和国) → モルドバ → 続く…

初めての方はコチラから → 11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録と記憶

【この日の内容は、記録が長かったので2回に分けています(前半)】

こんにちは、mickです。

ワインのテイスティングで酔いつぶれ、1日が潰れた日。
実はモルドバ、有名なワインの産地のひとつ。ここに来るまで知らなかったけれど、日本もモルドバからワインを輸入してます。西ヨーロッパや南米のワインは見るけれど、東ヨーロッパ、しかもモルドバなんて知らんがな(笑

日本人、韓国人、中国人、という歴史的な視点からみたら、すごい組み合わせでチームを組んで、ワイナリーツアーに行った。一番年配の韓国のおじちゃんが、引っ張ってくれるのはいいんだけれど、勝手に決められる行為が苦手だった。

ワイナリーツアーは、金額を安くしたかったからなのか、ロシア語ツアーで参加。ガイドの説明は、もちろんわからず。ワインを飲みにいっただけっていう(笑

ワインのテイスティングで、記憶を失うほど酔っ払って、回復するためにこの日が潰れましたとさ。

日付:2017年9月29日(金)飲みすぎ注意

日付:2017年9月29日(金)
地域:キシナウ
天候:晴れ

クリコバのワイナリーツアー行き決定

昨日は、岩窟修道院にいくほどまでに体調は回復した。昨夜も見事なイビキがドミトリールームに展開され、良い眠りとは言えないが、大きな不満はない。他の人みたいに「イビキが大きいのだけれど」といえるといい、そう思うことは少なくない。

サーシャがズルズルと鼻をすすっている。風邪がうつったんじゃないかと思った。そう話をしてみたかったが、自信がなくて言わなかった。

この日は、ワイナリーツアーに行くことに決めたので、またボスに延泊とディスカウントを頼んだ。OKだった。

ツアーにいくかどうか、ギリギリまで迷っていたから、リーさんに会いづらかったが、朝食のあとに会ったときに、ワイナリーツアーに行くことを伝え、そのままボスが手配をしてくれた。

14時開始なので、13時にタクシーを呼ぶそうだ。前回、リーさんが検討していた時間が16時からのツアーだったので、この違いはなんだろう。

一期一会、バイク乗りとの縁

この日、風邪を引いたドイツ人ライダーが出発するそうで、お別れを言うつもりでいた。最初、自分の風邪が移るのを嫌がって、警戒のためによく声をかけてきた、そう思っていた。実際、そうかどうかはきかなかったが、心配してくれたことに感謝を伝えたときに、
「旅で体調を崩すのは心細いからね。心からそうしたいと思ったから気にかけたんだ」
そう教えてくれた。

彼は、年配のライダー。
「いまでこそインターネットを使って連絡を取れるが、昔はそんなことはなかった。だから、旅先での出会い、そして別れは今生のものとなる。だから、相手のことを心配して、気づかうことは当たり前なんだ」
そう続けた彼。
(この話を日記に落としたのは、10月20日の夜。当時より言葉が薄れてしまっているのがくやしい)

彼は、荷造りしている中、そう教えてくれた。自分は前の会社にいたライダー、そしてロシアでのライダーのこともあり、どうもライダーには縁があるらしい。

チェックアウトは、12時。彼は11時くらいには出るとはきいていた。少し2階で、共有スペースで日記を少し書いていた。このとき、ヴィンセントと会話。少し長くなった、と思っていたら、さっきのライダーは出発してしまった。セルフィーもフェイスブックの交換も、別れも言えず。

まさに、彼が教えてくれたような、次はもうない、という出来事だ。よくしてれた人、付き合ってくれた人、との見送りは、可能な限りしたい、していきたい、そうどこかで決めた出来事だ。彼は今、どこの空の下を走っているのだろうか。明確に思い出せなくても、彼の心が自分の中にあることを信じている。

さらに延泊

延泊する以上、前もって用意していたお金では足りないわけで、両替にいくことにした。それに、ジョーさんからポストカードのリクエストをもらい、またティラスポリでの分もあり、追加の切手とポストカードが必要になったので、合わせて郵便局にいくことにする。

両替については、いままでのところより近くでみつけたのでよかった。郵便局にいくと、窓口が閉まっていた。どうもお昼休みらしい。東欧ではよくあること。少し待ったが、戻ってくる気配はない。

ワイナリーにいく時間が迫っていたので、出直すことにした。またも時間ギリギリ。13時がせまっていた。

無事に着けるか、クリコバ社ワイナリー

急いでホステルに戻る。こういうときは、周囲の景色が薄れて、目の前の狭い視野でしかみない。危険だ、とはおもっているものの、余裕を持って行動する以外の方法の視野の広げ方はわかっていない。

13時少し過ぎにホステルに着いたが、出発の様子はない。安心と不安が混じる。間に合った、そしてツアーには間に合うのかよ、と。

1人の中国、アジア人の男性が一緒に行くという。中国人のリンだ。オーナーと目が合うと「わかってる、すぐ呼ぶよ」という流れに。

リーさんもキムさんも準備できている様子。オーナーにクリコバワイナリーまでの地図、これを写真撮るようにいわれて、それはリンに任せた。これを自分はやる気はなかった。

タクシーが来て乗り込む。相場で、ホステルからクリコバワイナリーまで、75レイ(当時、約450円)でもいいはずなのに、リーさんが「80、80」と連呼。「よし、80だな」となった。勝手に金額決めないで欲しい。ほんと、彼は自分基準で周りを巻き込むところが、自分には合わない。

タクシーは進んでいく。隣に座る、リン。彼の手の小指と親指の爪が、3、4cmくらい長くて、気持ち悪く感じた。驚いたことに、彼は明日には移動するという。フェイスブックを交換しておいた。

リンは、オデッサからウクライナに入ってモルドバへ。飛行機で次の地へいくそうだ。

ドライバーは、一切話しをしない。現地の音楽か、ラジオから流れる車内。英語が上手ではないのか、自分たちの会話が気になるのか、うるさいくらいボリュームを上げた。すると、前に座っていたキムさんが、手で音量を抑えるジェスチャーとともに、ボリュームを下げるようにドライバーにいう。これはすぐに伝わったようで、ドライバーも音量を下げた。ナイス、キムさん。まったくどうやって呼んだのか、適当感のあるドライバーだ。無事に着くか不安。

クリコバの街に入ると、ワイナリーへの通りがあり、ゲートをくぐると両サイドはぶどう畑。ちょっと感動した。突き当りには、クリコバ社。ところが、看板にはどうも、ワイナリーツアーはここではなくて、右に数百メートル、のようにかかれている。

リンに、地図を見せてもらおうとする。
「撮れてない」
とかいい始める。イラッときた。リーさんもだけど、適当すぎるやろ。。。と思ったが、逆に自分がきちんとしすぎ、真面目なのかも。ふとそう思ったら落ち着いてきた。

車は一度、停車。ドライバーは地元らしき人に道を訪ねているようだった。そして車はUターンして進む。地図アプリmaps.meでワイナリーらしき場所をみつけて、監視。無事にそちらの方向へ行ってくれた。

クリコバの門が見えて、車はモニュメントの前で停車。またもリーさん。
「80だから1人20ね」
わかったから、と思ってしまう。75レイだと、4人で割れないからだと思うが、誘ったのなら少し多めに、と思う。みんなで記念写真を撮ってから建物に入る。

ワイナリーツアー、ツアー言語がまさかのロシア語

このとき、外にいる人が、どうも英語を話す人達には見えない。それに14時からって。中に入るとまたそういう客層。リーさんが受付の人に話をすると、14時からはなんとロシア語のツアーだった。

えーっ、と思った。どうりで1人650レイ(当時、約4100円)でテイスティング7本付きは安いと思っていたんだよね。リーさん、プラン変えたな、と。でも他に選択肢が無いのでそれでツアー参加することにした。リーさんとリンは、現金。キムさんと自分はクレジットカードで支払った。

チケットは、支払い方法ごとに出された。リンは急な参加。
「あれ、予約で3人じゃなかったかしら」
だったけれど、大した問題にはならなかった。ツアーの出発まで外で待つ。建物は狭いので、中は人が多すぎる。

補足

旅日記を応援してもいい方へ

最後まで読んでくれてありがとうございます。嬉しいです。
このブログは、広告料で維持しています。

普段のオンラインでの買い物を、下のリンクをクリックしてから買っていただくだけでOK。
私のモチベ維持にもつながるので、可能な範囲でよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました