Macで同じアプリケーションが複数あるときの消し方

Macで同じアプリケーションが複数あるときの消し方 PC

こんにちは、mickです。

プログラマ系SEとしてIT企業に11年勤務経験あり。

Macで同じアプリケーションが(LaunchPadに)複数あって消したい

なぜかLaunchPadに複数ある同じアプリケーションのひとつを削除する方法を紹介します。

今回、VivaldiというChrome系ブラウザで起きた例でやっています。

Macのアプリケーション(LaunchPad)を確認

DockからLaunchPadを使う(起動する)
DockからLaunchPadを使う(起動する)

まずはMacのアプリケーションがどうなっているか、LaunchPadで確認します。
LaunchPadの開き方には次のような方法があります。

  • DocからLaunchPadをクリックする
  • トラックパットで4本指でつまむように閉じる

私はよく、トラックパットで4本指でつまむようにして閉じる方法を使います。
簡単なので。

ここに、アプリケーション(ここではVivaldi)が2つあることを確認。

Launchpadに2つあるアプリケーション(Vivaldi)
Launchpadに2つあるアプリケーション(Vivaldi)

これ片方だけ動作して、片方はクリックしても動きません。
実害はありませんが、気持ち悪いので消したいと思います。

動作環境

ここでの動作環境は、次のようになっています。

  • MacBook Pro (15-inch, 2016)
  • macOS Catalina(10.15.6)

アプリケーション(Vivaldi)を探す

FinderのSpotlightで探すのが一般的。
現在、私がSpotlightを止めている(使っていない)ので「ターミナル」アプリで探します。

LaunchPadからターミナルを使う(起動する)

LaunchPadからTerminal(ターミナル)を使う(起動する)
LaunchPadからTerminal(ターミナル)を使う(起動する)

LaunchPadからターミナルを使います(起動します)。

「その他」>「ターミナル」

コマンド(命令の文字)を入力してアプリケーション(Vivaldi)を探す

LaunchPadのアプリケーションは、「Application」フォルダにあるアプリが載ります。

なので次の2か所から「find」コマンド(ファイルを探す、という命令)を使ってアプリケーションを探します。
([ユーザー名]には、自分のログインIDを入れます)

find /Users/[ユーザー名]/Applications -name 'Vivaldi.app' 2>/dev/null
find /Applications -name 'Vivaldi.app' 2>/dev/null

それぞれ結果が出てきました。

/Users/[ユーザー名]/Applications/Chrome Apps.localized/Vivaldi.app

/Applications/Vivaldi.app

それぞれをFinderで確認します。

ここのコマンド(命令)で「2>/dev/null」としているのは、エラーメッセージを出さないようにする裏技を使っているからです。

古いアプリケーション(Vivaldi)を削除する

2つのアプリケーション(Vivaldi)のうち、古い方を消します。

「/Users/[ユーザー名]/Applications/Chrome Apps.localized/Vivaldi.app」

バージョン1.5のVivaldi
バージョン1.5のVivaldi

バージョン:1.5
最終更新日:2019年4月21日

「/Applications/Vivaldi.app」

バージョン3.2のVivaldi
バージョン3.2のVivaldi

バージョン:3.2.1967.41
最終更新日:2020年8月25日

ということで、最初のVivaldi.app(「/Users/[ユーザー名]/Applications/Chrome Apps.localized/Vivaldi.app」)を削除します。

削除するときは、「Vivaldi.app」だけなので「Chrome Apps.localized」フォルダごと削除。

削除は、ファイル(フォルダ)を選択してメニューから

「ファイル」>「ゴミ箱に入れる」

でOKです。

LaunchPadで削除を確認する

アプリケーション(Vivaldi)がLaunchPadから消えていたらおしまいです。

おつかれさまでした。

まとめ。Macが完全64bit化したときの名残り

アプリケーション(Vivaldi)が複数あったのは、Macが完全に64bit化したときの名残りだと思います。

macOS Catalina(10.15)になったときから、32bitアプリは動作しなくなっています。

Macの完全64bit化

macOS Catalinaにバージョンアップしたときに、アプリケーション(Vivaldi)が複数できてしまっている可能性があります。

実害はないようにはできていますが、なんか気持ち悪い。
なので今回は、削除できるような記事にしてみました。

以上、みなさまの助けなれば幸いです。

初稿 2020/08/28

タイトルとURLをコピーしました