CSSを使ってスライドショーを実装する方法【プラグイン、JavaScript不要】

CSSを使ってスライドショーを実装する方法【プラグイン、JavaScript不要】 HTML/CSS

こんにちは、mickです。

スライドショーをプラグインやJavaScript不要でつくりたい
スライドショーをCSSでつくりたい

こんな要望に応える記事です。

この記事では、CSSでスライドショーを実装する方法を紹介します。

JavaScriptを読み込まないので表示速度にも影響を与えません。
なによりCSSの知識だけでできます。

CSSでスライドショーをつくる

スライドショーのデモ

スライドショーのデモはこちら。
5秒ごとに4枚の画像が切り替わります。

このようにCSSだけでスライドショーを作ることができます。

HTMLのコーディング

<div class="slide">
  <div class="bgImg srcImage1"></div>
  <div class="bgImg srcImage2"></div>
  <div class="bgImg srcImage3"></div>
  <div class="bgImg srcImage4"></div>
</div>

それぞれのdivタグの表示と非表示のタイミングを合わせることで、擬似スライドショーが出来上がります。

画像の枚数だけdivタグを増やしていきます。

CSSのコーディング

/* 全体 */
.slide {
  position   : relative;
  max-width  : 100%;
  height     : 400px;
  margin     : auto;
  overflow   : hidden;
}

/* スライドショー背景の設定 */
.slide .bgImg {
  position   : absolute;
  top        : 0;
  left       : 0;
  bottom     : 0;
  right      : 0;
  opacity    : 0;
  background-size:cover;
  background-position: center;
  /* 4枚を5s毎で計20s */
  animation  : pseudoAnimation 20s infinite; /* infiniteで繰り返す */ 
}

/* 時間差で背景画像のアニメーションを開始 */
.slide .srcImage1 {
  background-image : url(wp-content/uploads/2020/09/yamasha_eternal_2_TP_V4.jpg);
}
.slide .srcImage2 {
  background-image : url(wp-content/uploads/2020/10/ray-hennessy-gdTxVSAE5sk-unsplash.jpg);
  animation-delay  : 5s;
}
.slide .srcImage3 {
  background-image : url(wp-content/uploads/2020/10/yuyakeaozora_TP_V4.jpg);
  animation-delay  : 10s;
}
.slide .srcImage4 {
  background-image : url(wp-content/uploads/2020/10/pierpaolo-lanfrancotti-NKUEACkOhbk-unsplash.jpg);
  animation-delay  : 15s;
}

/* 20sのうち最初の約5sだけ表示する */
@keyframes pseudoAnimation {
   0% { opacity: 0; }
   5% { opacity: 1; } /* 表示タイミングをずらしてフェードイン風に */
  25% { opacity: 1; }
  30% { opacity: 0; }
 100% { opacity: 0; }
}

ポイントは、.slide .srcImage1セレクタのanimationプロパティ。そして@keyframes。
さらに、.slide .srcImage2セレクタなどのanimation-delayプロパティ。

サンプルの画像は4枚。5秒毎に1枚ずつ表示させることにしています。
これですべての画像を表示するのに20秒かかることが決まります。

次に@keyframeで20秒のうち画像をどういう風に表示するか決定しています。
最初の5秒だけ表示するので、25%(20秒の25%は5秒)のopacityプロパティが1です。
5%にopacity:1;そして30%にopacity:0;なのは、フェード効果を出すためです。

補足として、opacity:1;で背景画像を表示、opacity:0;で背景画像を非表示にします。

このままだと、4枚すべてが同じタイミングで表示、非表示を繰り返します。
そこで、.slide .srcImage2セレクタなどにあるanimation-delayプロパティの出番です。

それぞれ5秒、10秒、15秒とアニメーション開始をずらすことで、タイミングを合わせます。
これで擬似的にスライドショーができあがります。

この擬似的なスライドショーの実装イメージを図にしています。

擬似的なスライドショーの実装イメージ
擬似的なスライドショーの実装イメージ

画像を増やしたり、減らしたりする場合は、これらのタイミングの調整が必要です。

まとめ。

スライドショーをCSSを使って実装する方法を紹介しました。

スライドショーのプラグインやJavaScriptを使わないので設定が楽。
それにプラグインやJavaScriptの相性に悩まないのがいいです。

簡単なので試してもらえればと思います。

以上、みなさまの助けなれば幸いです。

初稿 2020/10/12

タイトルとURLをコピーしました