WordPressのSEO対策プラグイン Yoast SEO の初期設定

WordPressのSEO対策プラグイン Yoast SEO の初期設定 WordPress

こんにちは、mickです。

All in One SEO Packと並んで人気のあるSEO対策プラグインのYoast SEOを紹介します。

SEO対策プラグインの Yoast SEO

Yoast SEO は All In One SEO Pack に並ぶメジャーなSEO対策プラグインです。

WordPressでSEO対策のプラグインといったら、だいたい「Yoast SEOかAll in One SEO Pack」といわれています。

Yoast SEOは、All in One SEO Packと同じように基本機能を無料で使うことができます。

Yoast SEOはシンプルで簡単に設定ができる

Yoast SEOはシンプルにできているのでWordPressを始めたばかりの人でも簡単に設定ができます。

始めたばかりでは「設定ウィザード」が便利。日本語の説明を見ながら順を追って設定するだけでOK。

Yoast SEOは更新頻度が高くて安心

Yoast SEOは、平均で毎月更新が行われています。

SEO対策のプラグインは、悪意ある攻撃の標的になりやすいため、更新頻度が高いのは安心に繋がります。

Google Search Consoleの連携ができる

Yoast SEOは、Google Search Consoleの連携が簡単にできるように作られています。

気になる点:Google Analyticsの連携がない

シンプルにできすぎているのか、Google Analyticsと連携する機能は付いていません。

Google Analyticsを使いたいときは、「Google Analytics Dashboard Plugin for WordPress by MonsterInsights」など専用のプラグインが必要になります。

MonsterInsights – Google Analytics Dashboard for WordPress (Website Stats Made Easy)
The best free Google Analytics plugin for WordPress. See how visitors find and use your website, so you can grow your business.

All in One SEO PackではGoogle Analyticsと連携ができるのでこの点がちょっと残念。

Yoast SEO の使い方

Yoast SEO
WordPress の SEO を向上させましょう: Yoast SEO プラグインを使用して、より良いコンテンツを執筆し、完全に最適化された WordPress サイトを作成しましょう。

Yoast SEOの使い方を紹介です。

Yoast SEOのインストールと有効化

まずはYoast SEOをインストールして有効化します。

「プラグイン」 > 「新規追加」 > 「検索:Yoast SEO」

Yoast SEOを「インストール」クリックしてインストール開始。

Yoast SEO をインストール

インストールが終わったら、そのまま「有効化」をクリックして有効化します。

Yoast SEO を有効化

設定ウィザードで初期設定を済ませる

Yoast SEOを使えるようにしたら早速「設定ウィザード」から初期設定をします。

「一般 – Yoast SEO」>「ダッシュボード」>「初回SEO設定」

「設定ウィザード」をクリック。

設定ウィザードから初回のSEO設定をする
設定ウィザードから初回のSEO設定をする

「Yoast SEO for WordPress インストールウィザード」が始まります。

全部で9ステップあります。

1:環境

Yoast SEO 設定ウィザード「環境」
Yoast SEO 設定ウィザード「環境」

Webサイトが構築中か、またはすでに公開済みかを設定します。Webサイトの準備ができていないときは、「選択肢 B: サイト構築中で、インデックスを希望しない」としてGoogleなどの検索エンジンにヒットしないようにできます。

通常は「選択肢 A: サイト公開中で、インデックスされる準備ができている」を選択。

2:サイトタイプ

Yoast SEO 設定ウィザード「サイトタイプ」
Yoast SEO 設定ウィザード「サイトタイプ」

Webサイトがどんな種類かを設定します。特になければ「ブログ」でいいでしょう。

3:組織または個人

Yoast SEO 設定ウィザード「組織または個人」
Yoast SEO 設定ウィザード「組織または個人」

「Google ナレッジグラフカード」に表示する情報を設定します。

個人であるなら「人」を選び、運営者の名前を「The name of the person」から選んでおしまい。

4:検索エンジンで表示

Yoast SEO 設定ウィザード「検索エンジンでの表示」
Yoast SEO 設定ウィザード「検索エンジンでの表示」

「投稿」や「固定ページ」をGoogleなどの検索エンジンにヒットさせるかどうかの設定です。決まりがなければデフォルトのままでOK。

5:複数の作成者

Yoast SEO 設定ウィザード「複数の作成者」
Yoast SEO 設定ウィザード「複数の作成者」

Webサイトを複数で管理しているかどうかの設定です。

6:タイトルの設定

Yoast SEO 設定ウィザード「タイトルの設定」
Yoast SEO 設定ウィザード「タイトルの設定」

検索結果などにでてくるタイトルの変更と区切り文字を設定します。特に決まりがなければデフォルトのままでOK。

7:Yoast SEO の改善にご協力ください

Yoast SEO 設定ウィザード「Yoast SEO の改善にご協力ください」
Yoast SEO 設定ウィザード「Yoast SEO の改善にご協力ください」

統計情報をYoast SEOに送るかを設定します。特に決まりがなければデフォルトの「いいえ、サイトデータの追跡を許可したくありません。」でOK。

8:学習を続ける

Yoast SEO 設定ウィザード「学習を続ける」
Yoast SEO 設定ウィザード「学習を続ける」

メールマガジンの登録ができます。メールマガジンの登録するときは、「メール」にメールアドレスを入力して「登録しましょう!」をクリック。

9:成功しました !

Yoast SEO 設定ウィザード「成功しました!」
Yoast SEO 設定ウィザード「成功しました!」

このステップに来て始めて7ステップ目までの設定が反映されます。

この設定ウィザードは「構成ウィザード」として後から変更ができます。

初期設定が終わったら「構成ウィザード」になる
初期設定が終わったら「構成ウィザード」になる

その変更を反映するときは必ずこの「成功しました!」をクリックしてください。

基本的なYoast SEOの機能の説明

初期設定が終わったところで、Yoast SEOの基本的な機能を確認です。

「一般」>「機能」

10項目あります。基本的にはデフォルトのままでOK。

Yoast SEOの基本的な機能
Yoast SEOの基本的な機能

それぞれの機能の簡単な説明を表にしてみます。

機能説明デフォルト
SEO 解析テキストの SEO を改善提案機能オン
可読性解析文章や段落の読みやすさの改善提案機能オン
コーナーストーンコンテンツ分散しやすい注目記事を解析して絞り込む機能オン
テキストリンクカウンター内部リンクと外部リンクの計測機能オン
XML サイトマップサイトマップの自動生成機能オン
管理バーメニューWordPressにYoast SEOのツールアイコンを表示する機能オン
セキュリティ編集者と管理者だけがYoast SEOのツールを使ってメタデータを変更できる機能オン
使用状況のトラッキング統計データをYoast SEOに送信する機能オフ
REST API: Head エンドポイントREST APIを使ってYoast SEOを使う機能オン
Enhanced Slack sharingSlackでのシェアを強化する機能オン
Yoast SEOの基本10機能

Google Search Consoleの設定

SEO対策に必要なGoogle Search Consoleの設定です。

「一般」>「ウェブマスターツール」

ウェブマスターツールの検証の「Google 認証コード」にGoogle Search Consoleのメタタグにあるコードを設定すればOK。

Google Search Consoleと連携する
Google Search Consoleと連携する

メタディスクリプションの設定

SEO対策に重要なメタディスクリプションを設定します。

Googleなどの検索エンジンにWebサイトの説明としても使われます。 

「検索での見え方」>「一般」>「ホームページ」

ホームページの「Meta description」にWebサイトの説明を記述します。

メタ説明(メタディスクリプション)を設定する
メタ説明(メタディスクリプション)を設定する

投稿や固定ページにSEOタイトルとメタ説明をまとめて設定

Yoast SEOの便利なツールのひとつに投稿済みの投稿や固定ページにSEOタイトルとメタ説明(メタディスクリプション)をまとめて設定できるツールがあります。

「ツール」>「一括変更」

WordPressの記事をある程度投稿してからYoast SEOをインストールしたなら、ここでまとめて設定すると便利です。

「タイトル」タブでは、SEOタイトルを、「説明」タブでは、メタ説明(メタディスクリプション)を一括変更できます。

SEOタイトルやメタ説明を一括変更できるYoast SEO
SEOタイトルやメタ説明を一括変更できるYoast SEO

まとめ。すぐに始められるSEO対策はYoast SEO

SEO対策プラグインのYoast SEOを紹介しました。

All in One SEO Packは強力なSEO対策プラグインだと思います。
反面、設定項目が多くて複雑な印象。

Yoast SEOは日本語でできた設定ウィザードがあるのでわかりやすいです。
もちろんそれだけでは十分ではありませんが、初めてのSEO対策の導入には向いていると思います。

では、みなさまの助けなれば幸いです。

初稿 2020/11/04

タイトルとURLをコピーしました