【WordPress標準機能】Webページにパスワードをかける方法【保護】

【WordPress標準機能】Webページにパスワードをかける方法【保護】 WordPress

こんにちは、mickです。

Webページを限られた人だけみられるようにしたい
Webページにパスワードをかけたい
プラグインやプログラミング不要で実現したい

こんな要望にこたえます。

知っている人は知っている
知らない人は全然知らない
WordPress標準機能の「パスワード保護」を使えば簡単。

標準機能でWebページをパスワード保護する

WordPressって標準でWebページをパスワード保護する機能がついてます。便利。

投稿でも固定ページでも付いている機能

Webページのパスワード保護は、投稿でも固定ページでも付いてます。

パスワードに日本語も使える←絶対オススメしない

絶対にオススメしませんが、実際に試しましたがパスワードには日本語も使えます。
絶対にオススメしない理由は、パスワードの入力は半角英数字記号しかできないから。

裏技的ですが、パスワードをメモ帳かなにかで入力してコピペすればいけます。

パスワードの文字数は半角100文字まで確認済み

パスワードって何文字までいけるのかな?

と試したところ「少なくとも半角100文字までは大丈夫」でした。
ここまでする必要はないですけどね。

パスワードを使うなら最低でも12文字以上

カスペルスキーのパスワードチェッカー
カスペルスキーのパスワードチェッカー

アンチウイルスソフト会社の【カスペルスキー】で調べると、英数字記号をまぜても少なくとも12桁以上のパスワードがいいことがわかります。

パスワード桁数(半角英数字記号)パスワード解読にかかる時間
13桁33世紀
12桁4世紀
11桁33年
10桁4年
8桁12日
4桁2分

⇒ カスペルスキーパスワードチェッカー

WordPressのパスワード保護の使い方

投稿と固定ページの編集ページでパスワード保護の設定ができます。
以下では投稿の編集ページを例にしてます。

投稿や固定ページの編集ページでパスワード保護できる
投稿や固定ページの編集ページでパスワード保護できる
  1. 「ステータスと公開状態」にある「表示状態」を「パスワード保護」に変更する。
  2. パスワードを半角英数字記号で設定する
  3. 「公開」や「更新」のボタンをクリックする

この3ステップでWebページをパスワード保護できます。

クラシックエディタでのパスワード保護

クラシックエディタでもパスワード保護できる
クラシックエディタでもパスワード保護できる

クラシックエディタ(レガシーエディタ)でもWebページをパスワード保護できます。

  1. 公開ステータスを「パスワード保護」にする
  2. パスワードを半角英数字記号で設定する
  3. 「公開」や「更新」のボタンをクリックする

この3ステップでWebページをパスワード保護できます。

保護するとどうなるか

パスワード保護すると、タイトルの頭に「保護中」の文言がつきます。

パスワード保護をした投稿の画面
パスワード保護をした投稿の画面

パスワードを入力して「確定」ボタンをクリックすればWebページを見ることができるようになります。

パスワード保護されたWebページを見ることができるようになった
パスワード保護されたWebページを見ることができるようになった

重要 → SSL化したWebサイトでやること

パスワード保護はSSL化したWebサイトで使うのがオススメです。

理由は、SSL化できてないWebサイトでは入力したパスワードが暗号化されないままパソコン(スマホ)とWebサイトでのやりとりされるから。

非SSL化のWebサイトでは通信を傍受されると、パスワードが漏れる

まとめ。

WordPress標準機能でWebページにパスワードをかける方法を紹介しました。

方法をまとめてみます。

  1. 投稿や固定ページの編集ページにいく
  2. 「ステータスと公開状態」を「パスワード保護」にする
  3. 12桁以上の半角英数字記号でパスワードを設定する
  4. 「公開」や「更新」のボタンをクリックする

記事を読んでくれて嬉しいです。
今日もありがとうございました。

初稿 2021/01/05

タイトルとURLをコピーしました