メールの送信ができなくて解決した話【予期しない SMTP の応答 550 5.7.1】

メール Tips PC

こんにちは、mickです。

仕事で貸与されたメールアカウントを設定中、メールの送信(SMTP)でハマりました。
見慣れないエラーだし、他のメールアカウントではうまくっているし、原因を見るけるまで2、3日かけてしまった。

解決したエラーの内容はコチラ。

Technical details 

SmtpSubmissionPermanent5XXException: Smtp submission failed. Server ‘smtp.xxxx.com’ Port ‘587’. –> 予期しない SMTP サーバーからの応答です。予期された応答: 250、実際の応答: 550、完全な応答: 550 5.7.1 <xxxxxxx.mick@xxxxxxx.com>… Command rejected

Failure code: aea6

これを解決しています。

原因は海外サーバーからのSMTPサーバーへアクセス

原因はコレ。
海外のサーバーがSMTPサーバーにアクセスしようとしていた
からでした。

簡単にいうと、SMTPサーバーが海外からのアクセスをブロックしていたからなんです。

普通は、海外サーバーから日本にあるSMTPサーバーにアクセスなんて少ないのでなかなか気づけませんでした。
この現象を起こしていたのは、次の3パターンです。

  1. Gmail経由でメールを送信するとき
  2. (Webの)Outlook経由でメールを送信するとき
  3. VPNが海外サーバー扱いになっているときにメールを送信するとき

だから、おとなしくパソコンにあるメーラーにメールアカウントを設定するか、VPNをOFFまたは日本サーバー扱いになるVPNを使って、メールを送信すればOK。

もし、SMTPサーバー側をいじれるのなら、「海外からのアクセスを許可」すればOK

本心でいえば、SMTPサーバー側に海外からのアクセスを許可して欲しい。
そうすれば、GmailやWeb版Outlookでメールを一元管理できるからですね。

まとめ。

メールの送信ができなくて解決した話を紹介しました。

予期しない SMTP の応答 550 5.7.1

なんて初めてだったんで焦りましたが、解決出来てよかったよかった。

もし同じようにハマっている方がいたら、海外サーバー、海外IP、海外からのアクセス、あたりの設定を確認してもらえればと思います。

記事を読んでくれて嬉しいです。
今日もありがとうございました。

初稿 2021/10/06

タイトルとURLをコピーしました