MacBook で Airdrop するなら Safari

Mac Tips PC

こんにちは、mickです。

このまえ初めて MacBook で Airdrop して便利!
と思ったので、やり方を投稿することにしました。

ここでいう、MacBook は、Air や Pro も含んでいます。

Airdrop は近場の人に写真を送れる

AirDrop を使うと、いろんなデータを他の人に送ることができます。
書類、写真、ビデオ、Web サイト、位置情報をワイヤレスで送信です。
Airdrop を使うときに大切なことが1つだけ。

Wi-Fi と Bluetooth の両方を ON にしておくこと

送り先は、iPhone、iPad、iPod touch、Mac に限る

Airdrop は、アップル製品の機能。
送受信は、アップル製品でないとできないです。
なので、送受信には、iPhone、iPad、iPod touch、Mac が必要です。

Airdrop で WebサイトをMac で受信する

Airdrop が受け取れる状態だと「受け入れる(Accept)」でデータを受け取れる
Airdrop が受け取れる状態だと「受け入れる(Accept)」でデータを受け取れる

他のアップル製品から送られてきたWebサイトを MacBook Pro で受け取ります。
Airdrop で送られてきたものを受け取るのは簡単。
通知が来たら受け入れる(Accept)クリックするだけでOK。

すごいぞ、アップル。
もし、受信できない場合は受信設定を「すべての人(everyone)」にしておきましょう。

データを受信できないときは「すべての人(Everyone)」にすると OK
データを受信できないときは「すべての人(Everyone)」にすると OK

Airdrop でWebサイトを送る(Safariが必要)

今度は、こちらから相手にWebサイトを送ってみます。
その場合は、ブラウザに Safari を使う必要があります。

Safari 右上にある「送る」ボタンから「Airdrop」を選択。

送り先をクリックすればOK。

送り先をクリック
送り先をクリック

簡単。

送れました。簡単。
送れました。簡単。

まとめ。

Safari を使って MacBook で Webサイトを共有(Airdrop)することを紹介しました。

Airdrop があるだけで、アップル製品を選ぶ人がいるくらい。
使ってみるとその便利さがわかります。

アップル製品を使っているなら、ぜひお試しを。

Mac で AirDrop を使う | Apple

記事を読んでくれて嬉しいです。
今日もありがとうございました。

初稿 2021/10/21

タイトルとURLをコピーしました