JetPackプラグインとWordPress.comの接続を解除する方法

JetPackプラグインとWordPress.comの接続を解除する方法 WordPress

こんにちは、mickです。

シングルサインオンのためにWordPress.comに登録しています。
つまりWordPressはJetPackプラグインを介してWordPress.comに接続していることになります。

コレどうやって接続を解除するんだろう、と思っていろいろ調べて試してみました。

WordPress.comとの接続を解除する

Jetpack – WP セキュリティ、バックアップ、高速化、成長
バックアップやマルウェアスキャンなどの強力なワンクリックツールで、WP のセキュリティを向上させます。 統計情報、CDN、ソーシャル共有など必須の無料ツールを入手できます。

WordPress.comとWordPressのJetPackプラグインとの接続を解除するには2つ方法がありました。

  • WordPress.comから連携を解除する
  • JetPackプラグインを無効にする

それぞれの方法を紹介していきます。

WordPress.comから連携を解除する

WordPress.comからWordPressのJetPackとの連携を解除できます。

WordPress.comから接続を解除したいWebサイトを表示

まずは対象のWebサイトを表示します。

接続を解除するWebサイトを選ぶ
接続を解除するWebサイトを選ぶ

「管理」の「サイトツール」

左のメニューにある「管理」から「設定」に行きます。

そして一番下にある「サイトツール」の「接続管理」をクリック。

管理の設定、そしてサイトツールから接続管理へいく
管理の設定、そしてサイトツールから接続管理へいく

「WordPress.comとの接続を解除」

「WordPress.comとの接続を解除」をクリック。

WordPress.comとの接続を解除
WordPress.comとの接続を解除

JetPackを無効にする

JetPackを無効にする理由に「今はスキップ」と答えて次へ。

JetPackを無効にする理由を答える
JetPackを無効にする理由を答える

「連携を解除」

注意事項を読んだあと「連携を解除」をクリック。

WordPress.comとの接続(連携)を解除する
WordPress.comとの接続(連携)を解除する

これでWordPress.comとWordPressのJetPackプラグインとの接続を解除ができました。

接続(連携)が解除できた
接続(連携)が解除できた

JetPackプラグインを無効にする(オススメの方法)

最初に紹介した方法よりもJetPackプラグインを無効にする方が手っ取り早いです。

WordPressでJetPackプラグインを無効にするだけ

JetPackを無効にしてWordPress.comとの接続を解除する
JetPackを無効にしてWordPress.comとの接続を解除する

ボタンひとつでおしまいです。簡単。

連携を解除しても消えない情報がある

WordPress.comとWordPressのJetPackプラグインとの連携を解除しても、消えない情報があります。

それがこの2つ。

  • WordPressのデータベース
  • WordPress.comに保存してある情報

それぞれについて簡単ですが補足しておきます。

WordPressのデータベース

JetPackプラグインは、WordPressのデータベースに情報を保存します。

場所は「wp_options」テーブル

「jetpack」で検索すると10レコード以上ヒットします。
ここは接続を解除しても、JetPackプラグインを削除してもそのままです。

手動で消すしかありません。
でも消すのはオススメしません。

私は削除する操作を間違って、テスト用WordPressを再インストールすることになりました。
どうしても削除したい場合は、必ずデータベースのバックアップを取ってからやって欲しいです。

WordPress.comに保存してある情報

WordPress.comは、ユーザーアカウントとドメイン名から統計情報などを保存しているようです。

この考えの理由は、同じドメインのWordPressのデータをすべて初期化。
改めてJetPackプラグインを使ってWordPress.comと連携しましたが、統計情報が残っていたから。

これらを削除する方法は2つ。

  • ユーザーアカウントを削除する
  • カスタマーサービスに消してもらう

ユーザーアカウントを削除する

JetPackプラグインが完全に不要で今後使わないなら、WordPress.comのユーザーアカウントを削除する方法が使えます。

一度削除したユーザーアカウントは二度と使えない

これは、なりすましを防ぐための手段、とWordPress.comは説明しています。

カスタマーサービスに消してもらう

統計情報は、Webサイトをリニューアルしたり、サーバーを移転したりしたときに初期化したくなるかもしれません。
そういうときは、カスタマーサービスに問い合わせるしかないようです。

まとめ。

JetPackプラグインとWordPress.comの接続を解除する方法を紹介しました。

WordPress.comとWordPressの接続を解除するだけなら、JetPackプラグインを無効にすればいいだけなので簡単。

ただ、完全に削除したいとなるとデータベースを触ったり、WordPress.comのアカウントを削除するか、カスタマーサービスに問い合わせが必要なため、ハードルが上がってしまいます。

JetPackプラグインを使わなくても、Google Analyticsで統計情報を収集できます。
また、Site Gurardプラグインのようなセキュリティ対策のプラグインもあります。

いろんな選択肢がある中から、自分に合ったWordPressにしていきたいですね。

記事を読んでくれて嬉しいです。
今日もありがとうございました。

初稿 2020/12/08

タイトルとURLをコピーしました