【WordPressプラグイン】Contact Form 7 のメリットと使い方

【WordPressプラグイン】Contact Form 7 のメリットと使い方 WordPress

こんにちは、mickです。

WordPressで簡単にお問い合わせフォームを作る方法にContact Form 7 プラグインを紹介。

この記事では、Contact Form 7 のメリットと使い方を紹介します。

Contact Form 7 を使うメリット

Contact Form 7 を使うメリットを考えてみました。

  • HTMLをかじっていればフォームのカスタマイズが簡単
  • 専門の知識がなくてもフォームの内容をメールで受け取れる
  • フォームを送信したユーザーに自動返信メールを遅れる
  •  JavaScriptが無効化されていても利用できる

特に、自動的にフォームを送信したユーザにメールで送信通知を送れるのは便利。

これがあるだけで、フォームを送信したユーザーがは、例えば問い合わせが届いてることがわかるので、安心度が違います。

Contact Form 7 を使うデメリット

Contact Form 7 を使うデメリットも考えてみます。
デメリットがないツールは怪しいですからね。

  • WordPressプラグインをインストールする必要がある
  • スパムコメントなど迷惑行為には別途対策が必要
  • WebサイトがSSL化していないと入力内容は暗号化されない

まずプラグインを使えば簡単というメリットには、プラグインを使わないといけないというデメリットを抱えます。

また、Contact Form 7はフォームの入力内容はチェックしません。
スパムコメントに対しては、別途対策が必要になります。

最後に、Contact Form 7が入力内容に関して暗号化するような仕組みはありません。
あらかじめWebサイトをSSL化してないと、暗号化しないまま入力内容を処理します。

Contact Form 7 の使い方

WordPressプラグインのContact Form 7の使い方です。

この3つを覚えておけば大丈夫。

  1. フォーム
  2. メール
  3. 名前

「フォーム」は、ユーザーが入力するための入力欄。
「メール」は、入力欄で入力した内容を使ってのメール設定。
「フォーム」と「メール」は「名前」で関連づけます。

フォームとメールは「名前」で関連づける

フォームとメールはフォームタグに付けられる「名前」で関連づけます。

フォーム、つまり入力欄でユーザーが入力した内容をメールの内容に含めるためのキーが「名前」になります。

ユーザーの入力内容をメールに反映させるのは「名前」による関連づけで実現
ユーザーの入力内容をメールに反映させるのは「名前」による関連づけで実現

キーになる「名前」は「メール」側では必ず[]半角の四角いカッコで囲みます。

[your-name]

フォームの項目はボタンひとつで追加できる

フォームの項目は「フォーム」タブにあるテンプレートボタンひとつで追加できます。

フォームの項目はボタンひとつで追加できる
フォームの項目はボタンひとつで追加できる

フォームのひと項目の基本構造はこちら。

<label>ラベル名 [フォームのテンプレート]</label>

ラベル名やlabelタグは自分で入力します。

オプションは1行に1項目

テンプレートで入力できるオプションは、1行に1項目を入力します。

例えば、ドロップダウンメニューでは次のように入力します。

オプションは1行に1項目を設定する
オプションは1行に1項目を設定する

自動返信メールはチェックひとつでできる

ユーザーに送信した内容を受け付けたことを知らせる自動返信メール。
Contact Form 7はチェックひとつでできるようになります。

「メール」タブの「メール(2)を使用」にチェックを入れるだけ。

自動返信メールの編集は「メール(2)を使用」にチェックを入れる
自動返信メールの編集は「メール(2)を使用」にチェックを入れる

基本の自動返信メールはこれだけで出来上がり。
本文はフォームの「名前」を使って自由に編集できます。

送信時やエラーのときのメッセージの編集も簡単

送信したときに表示するメッセージや、入力内容のエラーの文言の編集は「メッセージ」タブで行います。

送信したときのメッセージや入力内容のエラーは「メッセージ」タブで編集する
送信したときのメッセージや入力内容のエラーは「メッセージ」タブで編集する

簡単です。

フォームの動作だけ確認してメールを送らないこともできる

「その他の設定」タブで動作確認のためのオプションを切り替えられます。

その他の設定でメールを送信しないデモモードにできる
その他の設定でメールを送信しないデモモードにできる

次をコピペするだけで、送信ボタンをクリックしたときの動作を確認できます。

demo_mode: on

このオプションでメールの送信は動作しません。

まとめ。

Contact Form 7 のメリットと使い方を紹介しました。

使ってみるとカスタマイズも簡単。
便利なのがよくわかります。

実際に使うとスパムコメントの対策は必須だと思っています。
ユーザーとの架け橋をスパムで邪魔はされたくないです。

対策に関しては、別の機会があればと思っています。

以上、みなさまの助けなれば幸いです。

初稿 2020/10/16

タイトルとURLをコピーしました