【旅の記録】物思いにふける時間と本場ロシアのバレエ:ロシア【23】

【旅の記録】世界一周スタート:日本(次の目的地はロシア)【海外放浪】 ロシア

11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録

2017年5月出発した旅のことを、記憶と記録を頼りにつづってみようと始めました。
書き方などはだんだん良くなるはず(笑)なので、見守っていただけると嬉しいです。
※途中、記憶違いや文章の構成的にフィクションが入るかもしれません。ご容赦ください。

巡った順序 → 日本 → (韓国) → ロシア → フィンランド → スウェーデン → デンマーク → ノルウェー → エストニア → ラトビア → リトアニア → ベラルーシ → ウクライナ → ポーランド → ドイツ → 続く…

初めての方はコチラから → 11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録と記憶

こんにちは、mickです。

この日は、サンクトペテルブルクを散策。
やたら歩いた日のひとつで、その距離はだいたい15km。

黙々と歩いたせいか、色んな思いが駆け巡った。

幸せな気分になったり、自分の癖に落ち込んだり。

トロイツキー橋の真ん中で感じたあの感覚。
ちょっと忘れていたので、これ書きながら思い出せてよかった。

本場ロシアのバレエを観たいと思ってたから、伝統あるマリインスキー劇場で高いチケットを購入。
そしたら、ホステル近くのアレクサンドリスキー劇場で半額以下で別のチケットが買えちゃったよ。

演目は「白鳥の湖」

ロシア語がわからなくてもストーリーを知っていれば全然みることができた。
最高。

この日のメモに、「怪しい市場」と「ケバブ屋」ってあったけど内容思い出せねぇ。

日付:2017年6月10日(土)本場ロシアの白鳥の湖

日付:2017年6月10日(土)
地域:サンクトペテルブルク
天候:晴れ

宿泊先で部屋を移動

朝起きて、昨日食べたのと同じシリアルが朝食。

ここのホステル、コーヒーが無料でついてはいるが、ぬるくて美味しくない。
保温とはいったい。

これならまだお湯のほうがマシ。

10:00くらいには食べ終え、右足の甲が少し痛むので、ベッドで休憩。
ゆっくりしたいがために、部屋の移動を行っておく。
4人部屋から8人部屋への移動。

11時までにはやってくれ、とホステルからは言われてたので従った。
荷物をまとめて移動完了。

いつもの朝食
いつもの朝食

新しいルームメイト

ベッドは上の段。この部屋は、天井が高いのが好き。
そのとき下の段に居た女性、タナが話しかけてきた。

「今日きたの?」

「2日前には来ていて、部屋を移動したんだ」

オランダか北欧系から来たのだと言っていた。

「ここサンクトペテルブルクに友だちがいるから、一緒にでかけるの」

そう話す彼女。
ホステルでは、同室の人と今日の予定を話すことが少なくない。

「罪と罰」の舞台ルート

ゆっくり休んで、13:30に出発。
地球の歩き方に載っている、「罪と罰」の舞台ルート、の逆を歩く。

この日、ルートを変えたり寄り道をしたりで、15kmは歩いたと思う。
ロシア美術館、血の上の救世主教会を通る観光シーズンでたくさんの人であふれていた。

サンクトペテルブルクにある博物館のひとつ
サンクトペテルブルクにある博物館のひとつ
ロシア美術館
ロシア美術館
血の上の救世主教会前には露天が連なる
血の上の救世主教会前には露天が連なる
血の上の救世主教会
血の上の救世主教会

物想う

教会の景観も観光地的フォトジェニック。
マルスの原を抜けて、ネヴァ川にかかるトロイツキー橋を渡る。

このとき、いやそれ以前から心持ちが落ちていて、ぐるぐるしていた。

仕事を辞めて、多くの時間とお金を使ってまで日本を飛び出した。
気持ちが揺るがないように見切り発車だとしても出国した5月20日。

ルートはロシアしか決めていなかった不安。
どうしても他人の旅をうらやんで、自分と比較する無意味さと辛さ。

本当、自分は何をやっているんだって思いながら歩く。

トロイツキー橋の真ん中あたりで、ふと朝に挨拶を交わしたホステルで掃除をしていた女性たちのことを思い出した。

「あなたたちがいるから、キレイなホステルで過ごせるんです」

そんな感謝を思っていると、日本の家族や友人のことを思い出して気持ちが熱くなって涙が溢れ出した。

そのときにとっさにとったメモにはこう書いてある。

「サンクトペテルブルクのネヴァ川を渡る。あなたが居てくれたから、その想いが自分が愛されていたと、そしてたくさんの人が助けの手を差し伸べてくれていると。遠い異国の地でその涙は、川の一部となって溶けていった」

何人か友人たちの顔が浮かぶ。
助けてほしい、そういえば助けてくれる人たち。

それと対比して助けることが苦手な自分を責める。
自分が助けてもらうためには、自分が「行動」するしかない。

こう書きながらこう思う「完璧な自分を求めている、それもとても強く」。

いつからか、望むことは厳しいし甘くないから無意味、真似をすることは責められ、否定される、質問は恥ずべき悪いこと、心のバイアスになったこれらは、いまここで改めてあらわになる。

こういったのを変えるには行動を変えるのが早い。
が、動けないから苦しむし。

「どうすればいい」

本当、叫びたい。

こうして心を動かすために外を歩くのはいいな。
もしかしたら、これも小さな「行動」なのかもしれない。

ネヴァ川
ネヴァ川
トロイツキー橋の真ん中で物想う
トロイツキー橋の真ん中で物想う
トロイツキー橋の上から
トロイツキー橋の上から

ロシアの愛の姿

トロイツキー橋を抜けて、砲兵博物館、ペトロパヴロフスク要塞を抜けて歩く。

天気がいいから、今日は博物館や美術館はパス。

天気の良さと初夏という季節もあってか、ウェディングフォトの現場を見かける。
ロシアの愛の姿の一部だね。

ヴァシリエフスキー島の岬を抜けて、ブラゴヴェシチェンスキー橋を渡り、マリインスキー劇場のチケット売り場へ。

ペテロパヴロフスク要塞
ペテロパヴロフスク要塞
砲兵博物館
砲兵博物館
ネヴァ川の上では子どもたちが水上スポーツをやっている
ネヴァ川の上では子どもたちが水上スポーツをやっている

川の向こうにエルミタージュ美術館がみえる
川の向こうにエルミタージュ美術館がみえる
日本ではみたことがないスポーツの大会が開かれていた
日本ではみたことがないスポーツの大会が開かれていた
ペテロパヴロフスク聖堂
ペテロパヴロフスク聖堂
奥にはエルミタージュ美術館がみえる
奥にはエルミタージュ美術館がみえる
対岸に見える姿もいい
対岸に見える姿もいい
ヴァシリエフスキー島にあるモニュメント
ヴァシリエフスキー島にあるモニュメント
交通量はそこそこある
交通量はそこそこある
イサク広場にある建物がみえる
イサク広場にある建物がみえる

マリインスキー劇場とスタローバヤ

マリインスキー劇場で明日の13:00からのチケットを買う。

バレエのジュエルズ。調べると、現代バレエの一つだそうだ。
ネットでみた最安値の価格は、2000ルーブル(当時約4000円)となっていた。

だがこれは、ロシア人用。
ツーリスト価格は、3300ルーブル(当時約6600円)。

高い。
それでも買ったよ、ちくちょう。

ロシアでしかできないことをするために。

劇場をでて、センナヤ広場を通って、途中のスタローバヤへ。
ここの豚肉の卵とじは美味しかった。

ホステルの近くに図書館があるので、近くをのぞく。
モスクワの国立図書館のときとちがって、入口がわからなかった。

マリインスキー劇場
マリインスキー劇場
ガソリン価格
ガソリン価格
カワイイ
カワイイ
ロシアの美意識?
ロシアの美意識?
公園には多くのロシア人が日光浴やふれあいを楽しんでいる
公園には多くのロシア人が日光浴やふれあいを楽しんでいる
夕食はここのスタローバヤで
夕食はここのスタローバヤで
結構いける味
結構いける味

薬局はロシア語で「アプテーカ」
薬局はロシア語で「アプテーカ」
ケバブ屋発見
ケバブ屋発見
何の建物だろうか
何の建物だろうか
サンクトペテルブルクっぽい建物だと思う
サンクトペテルブルクっぽい建物だと思う

本場ロシアのバレエと白鳥の湖

その隣にアレクサンドリスキー劇場があって、上演が近いのか人が次々と入っていく。

ネットでみたら白鳥の湖をやるみたい。

19:40にチケット売り場のカッサに行って、まだ買えるというから当日券を買う。
1300ルーブル(当時約2600円)。

これを観たら明日のはいらないのでは、と思ってしまう。
まあ、比較するのもいいかってことで自分を納得させておく。

チャイコフスキーの地ロシアでその演目が生で観れる幸運は受け取るべきだと思った。

オペラ劇場なんて初めてで、しかもロシア。
座席などのチケットの見方もさっぱり。

人に聞きながら無事に着席。
席の番号は、奇数が前、偶数が後ろみたい。
自分は、偶数。

安いチケットで舞台からは遠かったが、全体とその雰囲気はみれたのでよし。

白鳥の湖の内容も、急いで予習しておいた。

王子が悪魔に騙されていたと気づくシーンがグッときて好き。
王子とオデットの踊りも素敵。
もちろんラストは、呪いが解けてのハッピーエンド。

白鳥の湖のチケットを手に入れたぞ
白鳥の湖のチケットを手に入れたぞ
立派な劇場
立派な劇場
海外の建物って基本天井が高いから好き
海外の建物って基本天井が高いから好き
結構盛況だと思う
結構盛況だと思う
楽しみ
楽しみ
販促ポスター
販促ポスター
アレクサンドリスキー劇場
アレクサンドリスキー劇場

夜間のアルコール販売は禁止

本場のバレエに満足してホステルに帰る。

23:00前にスーパーでウォッカでも買おうと思ったらーー

「いまは時間外だからウォッカは売れないよ」

あれ、ビールはいいんかいな。

寝る準備をしたあと、日記を書く。
けれど、眠くて力尽きて寝てた。

補足

旅日記を応援してもいい方へ

最後まで読んでくれてありがとうございます。嬉しいです。
このブログは、広告料で維持しています。

普段のオンラインでの買い物を、下のリンクをクリックしてから買っていただくだけでOK。
私のモチベ維持にもつながるので、可能な範囲でよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました