【旅の記録】ブラショフからのエクスカーションでいくプレジュメル教会要塞【121 – 2】

ルーマニア

11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録

2017年5月出発した旅のことを、記憶と記録を頼りにつづってみようと始めました。
書き方などはだんだん良くなるはず(笑)なので、見守っていただけると嬉しいです。
※途中、記憶違いや文章の構成的にフィクションが入るかもしれません。ご容赦ください。

巡った順序 → 日本 → (韓国) → ロシア → フィンランド → スウェーデン → デンマーク → ノルウェー → エストニア → ラトビア → リトアニア → ベラルーシ → ウクライナ → ポーランド → ドイツ → チェコ → オーストリア → スロバキア → ハンガリー → ルーマニア → モルドバ → (沿ドニエストル共和国) → モルドバ → 続く…

初めての方はコチラから → 11年務めていた会社をやめて35歳から始めた旅の記録と記憶

こんにちは、mickです。

【この日の内容は、記録が長かったので2回に分けています(後半)】

ここ数日、歩き続けたり、長距離の移動があたり、さらにはベッドバグのかゆみでの疲れ。それで、行動を午後からにした。
休む時間をしっかりつくることも大事だと思う瞬間。

この日に行った、プレジュメル教会要塞は、ユネスコ遺産(の一部として)に入っている。ルーマニアは、いくつかの教会要塞をまとめて、ユネスコ遺産に登録してあるから。

建物もそうだけれど、利用したミニバスのおじさんが最高だった。偶然にも行きと帰りが同じだったし。

偶然といえば、この日はさらに面白い出会いがあった。こんな偶然あるんだなぁって。

日付:2017年9月16日(土)2度の偶然

日付:2017年9月16日(土)
地域:ブラショフ
天候:晴れ

ブラショフ城?での偶然の再会

ホステルに戻るとき、小学生くらいの女の子がお手伝いするお店でコーラを買った。彼女の「ムルツメスク(ルーマニア語でありがとう)」は天使。

バス停までの往復だけで、1時間近くかかる。疲れて1度ホステルで休憩。横になるとベッドが気持ちいい。虫が心配だったがね。

ホステルの奥手、丘の上にはお城がある。夕日が綺麗になりかけていた。それで、これからそこに行くことにした。時間的に、お城の中には入れない、そうは思っていた。

前の山登りに比べれば全然平気な坂。これを登る。丘の上では景色を楽しむ人で賑わっていた。写真を撮って、周辺を散策。やはりお城の中には入れない。正面から回って、ブラショフの旧市街が望める側に、1人の黒人男性の姿が。

どこかで見たことが。相手も自分に見覚えがあるみたいで、向こうから声をかけてきた。
「昨日、シナイアからブラショフ行きの列車に隣に座って、、、」
そう。昨日の列車で隣に座っていた男性と再会したわけだ。お互いに驚いて、そして喜んだ。

フランスからの旅行者

彼の名前は、ジョージ。フランスから来たそう。英語は自分と同じくらい。昨日、ブカレストに着いて、ここブラショフで3泊、そのあとは、クルージュナポカにいくとか。自分と違って、彼は長い休みではないそう。英語の勉強をしに、イギリスに行くといっていた気がする。

今日は、旧市街を回って、オクトーバーフェスを見に行くそうだあ。自分はもう少しお城をみたい、そう話して彼とはあとでまた落ち合うことにした。フェイスブックを交換して、1度別れた。

続けてお城の周辺を見て回る。何かホステルで見かけたっぽい人もいたので手を振った。あとで別人だと分かったが。このお城周辺では、ウェディングフォトもやっている。

気に入ったブラショフのファミレス

日もだいぶ傾いて、自分も旧市街へ向かった。ジョージとの食事も考えたが、どうも割り勘が面倒に思えて、1人で昨日いったファミレスにいくことにした。

リゾット、鶏のスープ、サラダ、で16レイ(当時、約480円)。計算間違ったんじゃ、と思うようなやすさ。鶏のスープが最高にウマイ。ブラショフは本当に過ごしやすい。

ジョージのこともあって、少し急いで食べて、いつ連絡が来てもいいような状態にしていた。いよいよ、辺りが暗くなりはじめ、夜の部が始まろうとしていた。週末ともあって、広場は歩くのが大変なくらいに賑わっていた。少し、このお祭りのあとの、人が居なくなってしまったあとのことを思った。

結局1人で楽しむオクトーバーフェス

ジョージからなかなか連絡がないので、1人で旧市街をうろつくことにした。アジア人はまずみない。ルーマニアの人もきっといろんなところから来ているんだろう。1人の自分は、バーやレストランにいくことはないが、次に誰かときたらぜひ入ってみたいと思う。

薄暗い黒の教会は、夜の黒とマッチする。周囲に該当がないので、雰囲気はバツグンだ。イベントとはいえ、広場のトイレは容赦なくお金を取る。ステージ用の併設トイレがひとつ。柵を越えてまで利用する人がいて笑った。

1時間たってもジョージはこない。このままではステージがおわり、ビールが飲めない。自分の基準、待つより動く、ということで先にビールを飲み始めた。オクトーバーフェスのはずだが、ジョッキにビールではなくて、瓶ビール。瓶を返却すると、1レイ戻ってくるシステムだ。小遣い稼ぎができそう。

ジョージは、観光のあとホステルに戻ったとか。思考が欧米なのか、フェスの時間なんて気にしてなさそう。ビール半分くらいでステージがおわり、ジョージは間に合わなかった。期待していたから少しいらつく。が、彼を待たないで飲んだ判断は正しかった。

2人だからできること

ついにジョージが着いたという連絡。写真を送り合って、探し合う。彼には人気のクレープを買うという。もうマイページなフレンチめ。彼がクレープを買っているのを見つけて合流。自分も食べたくなって少し待つが、作っているのが1人で列が進まない。

22時近く。諦めて彼とビールを飲むことにした。コスプレの姉ちゃんからビールを買って、噴水の近くに座る。
「なんかオクトーバーフェスっぽくないよね」
とか、彼のホステルのこと、今日行ったところ、とか話をした。お互い、英語で詰まるところがあって、もどかしかった。彼も自分の長い旅をうらやましがっていた。会話の中で時々、フランス語の単語が入るが、本人は気づいていないのだろうか。

少しずつ寒さを感じ、あまりビールが美味しくない、ということで彼のオススメのバーに移動するも、閉店するところだった。中は見せてもらえたので、洞窟バー、という感じで雰囲気はバツグンだった。

彼のホステルにいって、その地殻のバーでビールを飲む。自分はすでに3杯目。1.5リットルか。結構きてた。何を話したか、覚えていないが、店に流れるマイケル・ジャクソンのビリー・ジーンを2人でのりのり口ずさんだのは覚えている。彼はシャイなのか、ちいさくなってたっけ。

自分は明日、シギショアラに移動するため、彼とは会えない。寂しい中お別れ。酔って少し危なかったが、なんとかホステルに戻り、シャワー。その後はもう覚えていないくらい爆睡した。チームスペインは、流石に24時に帰ったときには居たっけ。

補足

旅日記を応援してもいい方へ

最後まで読んでくれてありがとうございます。嬉しいです。
このブログは、広告料で維持しています。

普段のオンラインでの買い物を、下のリンクをクリックしてから買っていただくだけでOK。
私のモチベ維持にもつながるので、可能な範囲でよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました